FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

高速戦艦金剛

太平洋戦争に参加した日本戦艦の中で、最も活躍したのがこの金剛級でしょう。
日本の戦艦の中では最高速と言っていい30ノットの高速を発揮できる高速戦艦として、唯一機動部隊の直衛ができる戦艦でした。
また就役が大正初期という旧式戦艦でもあったので、惜しげもなく激戦に投入されかえって活躍したともいえましょう。

金剛級四隻の最初の艦がこの金剛ですが、明治末期に当時の最新技術を輸入する意味もあって、英国ヴィッカース社に発注されました。
太平洋戦争に参加した日本戦艦の中では唯一の外国製戦艦となります。

英国では日本の求める仕様に基づき、当時最新最強といわれたライオン級巡洋戦艦の改良型として金剛を建造しました。
35.6センチ砲を搭載し、速力も27ノット(いずれも新造時)と高速の巡洋戦艦として完成した金剛は、日本海軍の最新鋭艦として就役しましたが、驚いたことに建造した英国自体に金剛に対抗できる巡洋戦艦が無いことが判明したのです。
慌てた英国は急遽建造中のライオン級四番艦タイガーの設計を変更。
金剛に対抗しえる艦として就役させました。
幸いに金剛とタイガーが撃ち合うような事態にはならず、タイガー自体は軍縮条約に伴い退役しています。

で、日本にやってきた金剛を手本とし、比叡、榛名、霧島の三隻が同型艦として建造され、日本は強力な巡洋戦艦を四隻も保有することとなりました。
しかし、時は流れ、昭和に入るとさすがの金剛級も改装が必要になりました。
そこで海軍は金剛級の近代化改装に着手し、ドックで改装工事が行なわれます。
改装工事では装甲板などにも手が加えられたようですが、日本の技術で建造された比叡以下の三隻は問題なくドリルで穴を開ける事ができたのですが、英国の技術で建造された金剛の装甲板は硬くてドリルがすぐにだめになってしまったそうです。
まだまだ当時の日本の技術は劣っていたということなのでしょうね。

のちの太平洋戦争初頭。
マレー沖にて日本海軍はイギリス東洋艦隊所属の戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスを航空機により撃沈します。
そのとき、四連装主砲という日本海軍には存在しない砲塔を持つプリンス・オブ・ウェールズはすぐに識別できたのですが、連装砲塔を持つ英国製巡洋戦艦の流れを汲むレパルスに対しては、攻撃隊の各機が非常に困惑をしたそうですね。
あれは金剛ではないのか?
俺たちは間違って金剛を攻撃しているんじゃないのか?
という疑念が付きまとったそうです。
結局金剛は砲塔四基、レパルスは砲塔三基だったのでわかったそうですが、レパルス単独で行動していたらもしかしたら見逃されていたかもしれないですね。
それではまた。

[高速戦艦金剛]の続きを読む
  1. 2005/11/03(木) 22:38:51|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア