FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

今日は休みだったんですが・・・

今日はお休みだったんですが、思ったほど書くことができませんでした。
まあ、どのぐらい書いたかはこのあとを読んでもらうとして、自民党圧勝でしたね。
これで日本の政治がどうなるのか。
いい方向へ向かって行って欲しいものです。
それにしても民主だらしないなぁ。

さて、SSです。

29、
階段の途中で迎撃されるのを覚悟していたが、まったく拍子抜けするように静かなものだった。
屋上への出入り口は鍵すら掛かっていなくて、開け放たれていた。
「ふう・・・正面きってやろうって訳?」
汀は苦笑しながら屋上に立つ。
いい天気が広がり、風も気持ちいい。
お昼をここで食べるのは美味しいだろうと汀は感じた。
「あら、逃げなかったのね」
「勇気があるのか馬鹿なのか」
髪を風に嬲らせながら二人の女性がフェンスにもたれかかっている。
ただそれだけを見れば一つの絵にもなりそうな光景だ。
「ふふ・・・尻尾巻いて逃げたのに言うだけは一人前ね」
汀が唇の端をゆがめる。
「クッ・・・」
「恭子・・・」
郁海と呼ばれていた女性が静かに嗜める。
恭子よりも若いであろうにどうやら彼女の方が指示を出す側のようだ。
もしかしたら魔物に先に支配されたのかもしれない。
「さて、巣はどこにあるのかしら?」
汀は妖刀をすっとかざす。
「素直に教えると思っているのかしら?」
郁海がやはり笑みを浮かべる。
「思ってはいないわ。でもあなた方をそのままにはしておけないからね」
「そういうことね。こちらもあなたをこのまま返すわけには行かないわ」
すっと黒く鋭い爪をかざす郁海。
隣では恭子も体制を低くしていつでも飛びかかれるように身構える。
汀の額に汗が光った。

昼なお暗く日も差さない体育用具倉庫。
“それ”の前には一人のしもべが立ち尽くしている。
その手には一体の獲物が抱かれていた。
“それ”は喜びを感じていた。
しもべを通して精気を啜るのもいいが、やはり直接啜る方がいいのだ。
“それ”は触手を伸ばすべく蠢いたが、しもべが何か伝えたがっていることにも気が付いた。
“それ”は獲物を受け取ると、触手をしもべのスカートの中に差し入れ、触手同士を絡めあう。
「ひゃあん・・・はあ・・・はあ・・・」
すぐにしもべは頬を染めて息を荒げる。
言い知れない快感に躰が反応しているのだ。
「ああ・・・いい・・・すごくいい・・・ひゃあん・・・」
口元から涎をたらし、腰をガクガクさせて快楽をむさぼっていく。
「はひはひぃ・・・」
膣内で蠢く触手同士が絡み合い、毒液を振りまきながら敏感な肉壁をこすり刺激していくのだ。
「ら・・・らめぇ・・・」
しもべはその場に崩れ落ち、びくびくと体を震わせる。
そして体をピンと反らせて絶頂を迎えるのであった。

[今日は休みだったんですが・・・]の続きを読む
  1. 2005/09/12(月) 22:23:54|
  2. 退魔師
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア