FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

人形使い

SSの続きを投下しますね。
なかなか続けられなくてすみません。

25,
ゴトッ。
乾いた音がする。
ボタボタボタ・・・
びくんびくん・・・
さまざまな擬音が頭の中を駆け巡る。
「あ、ああ・・・」
いろいろな音が駆け巡っているはずなのに声は出てこない。
まるで時間が止まってしまったかのよう。
揺らめく剣を持つ一人の女性とその足元にころがっている素敵だった先生。
弘子にとってはファンタジー世界だった中世ヨーロッパを、王家の女性たちにまつわる話などで楽しく教えてくれた先生だったのだ。
「せ、先生・・・」
「弘子、惑わされないで。これはもうあなたの知っている先生じゃなかったのよ」
汀は足元に転がった上半身から目をそらさない。
彼女を目掛けた触手も、爪をかざして向かってきた本体も、今はもう動かない。
だが、妖魔の生命力は驚異的だ。
もしかしたらという思いがいつも必要だった。
「ど、どうして・・・」
弘子が両手で口元を押さえる。
何がどうなっているのか・・・
「取り付かれてしまったのよ・・・妖魔に」
「よ・・・妖魔・・・」
弘子は悲しかった。
ただひたすらに悲しかった。
なぜこんなことになったのだろう。
悪夢から目覚めたかった。

「ふうん・・・退魔師とはね」
「香代子では荷が重かったのかしらね」
「所詮ご主人様に可愛がってもらえる器じゃ無かったってことね」
廊下の向こう側から忍び笑いが聞こえてくる。
そこには東倉郁美と村友恭子の二人の教師が腕組みをしながら笑みを浮かべていた。
「東倉先生、村友先生・・・」
弘子がつぶやく。
「へえ、どうやら魔物は美人先生が好きってことのようね」
汀が剣を片手に身構える。
「ご主人様の邪魔はさせないわ」
「私たちが始末してあげる」
ぺろりと舌なめずりをする恭子。
その目にはぎらぎらと残虐なものが見えていた。
「それはどうかしらね。あなたたちでは私の相手は務まらないんじゃないかしら」
汀も笑みを浮かべる。
「ご主人様とやらに会わせてもらいたいわね。どこにいるのかしら?」
「さあ、どこにいるのかしらね」
「探してみたら? もっとも探させたりはしないけどね」
お互いに笑みを浮かべながら冷たい言葉のやり取りを行なっている。
弘子は思わず後ずさりした。

「そう、じゃ勝手に探させてもらうわね」
汀はゆっくりと近づいていく。
「うふふ・・・それはどうかしらね」
「先にやらせてもらうわよ、郁海」
恭子がすっと前に出た。
そのグレーのタイトスカートから黒々とした触手がしゅるしゅると現れる。
その数は五本。
「くすくす・・・この素敵な触手はね、こういう使い方もできるのよ」
教室の入り口を開き、中へ二本の触手が入っていく。
一体何をするつもり?
汀がいぶかしく思っていると、スカートの中に触手を差し込まれた女学生が二人うつろな表情で教室から出てきた。
なるほど・・・人形使いってわけね。
どのくらいの動きができるかわからないが、別々の方向から動きを阻害されては厄介かもしれない。
汀は苦笑いした。

「中盛さん、生井澤さん!」
教室から出てきた友人の姿に弘子は思わず呼びかける。
うつろな目をした二人は触手がくいくいと動くに従って無言で歩みを進めていく。
「中盛さん! 生井澤さん! 目を覚まして!」
弘子の声が廊下に響くが、二人に反応は無い。
「中・・・」
「弘子! 下がっていなさい!」
振り向きもせずに汀が命じる。
目を離すことはすでに命取りだ。
「あ・・・汀さん・・・」
「弘子、下がって。そこの女子トイレに避難していて」
汀としてもこの状況では弘子にまで手が回らない。
危険を避けるためにも、邪魔にならないようにするためにも弘子にはこの場に居ては欲しくなかった。

[人形使い]の続きを読む
  1. 2005/09/03(土) 21:25:32|
  2. 退魔師
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア