FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

594号

ちょっと遅くなりましたが、今月のタミヤニュースのご紹介。
今月は594号です。

594.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦中のドイツ空軍の第52戦闘航空団第1飛行隊(上)と、第51戦闘航空団第8飛行中隊(下)のマークだそうです。
上は翼の形と国籍マークからスピットファイアあたりをつかんでいる感じですね。

今号の「博物館をたずねて」は、スウェーデンのストロングネース戦車博物館アーセナル。
スウェーデンがこれまでに国産した戦車や、チェコ製、ドイツ製の戦車や自走砲などが展示されているようで、Ⅱ号戦車の車台に75ミリ対戦車砲PAK40を搭載したマーダー2や、ヘッツァーなどが目玉となっているようです。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、L40 47/32自走砲の一回目。
イタリアで突撃砲タイプの自走砲といえば、ガルパンのアンツィオ高の車両としてカルパッチョが乗っていたやつが有名ですが、今回のはそれとは別に歩兵用の小型で機動力のある対戦車砲というコンセプトで作られたもので、車台にはL6/40軽戦車を使用し、そこに47ミリ歩兵砲を搭載するという形でしたが、車台となるL6/40軽戦車自体が開発の遅れで実戦投入された時にはすでに活躍の場が失われていた不幸な車両でした。
当然その車台を使用することになっていたL40 47/32自走砲も開発が遅れ、開戦直後であれば充分な対戦車能力を持っていた47ミリ歩兵砲も、完成した時点ではすでに装甲貫通力に限界が来ていた時期でした。
そのため、一線級の敵戦車に対抗するには難しかったものの、軽装甲の車両や非装甲車両などを相手にする分には活躍したそうで、イタリアの休戦後はドイツ軍が接収して使ったりもしたとのこと。

巻中の情景写真はクルスクの戦いにおける第503重戦車大隊所属のティーガーⅠの情景。
記録写真をベースにしたそうで、砲弾補給中に乗員も昼食をとりながら談笑中という風景です。
9体ものフィギュアがリラックスした雰囲気を醸し出していますね。

ほかには東武モデラーズコンテストの入賞作の紹介や、陸上自衛隊の富士総合火力演習の様子など、今回もいろいろな記事が載ってました。

次号で今年の年間購読も最後。
また来年分の年間購読を申し込まねば。
2000円ちょっとでこうして一年間楽しめるのですから、安いものですよねー。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/10/17(水) 18:38:19|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

593号来たよ

今月のタミヤニュース593号が到着しましたー。

593.jpg
こちらが表紙。
今号は陸上自衛隊の16式機動戦闘車に描かれているマークだそうです。
陸自車輌のマークもかっこいいですね。

今号の「模型ファンをたずねて」は、あのアニメ映画「この世界の片隅に」の監督を努められました片渕須直氏。
模型にも造詣が深かったんですねー。

「博物館をたずねて」ではアメリカのエイムズ研究センター博物館というところを紹介。
いろいろな実験用航空機などが展示されているようで、その一つがローターの先端にラムジェットエンジンをつけたタイプの一人乗りヘリコプター。
何でも、このローターの先端にラムジェットエンジンというのは1950年代にはちょっとした流行だったそうなんですが、振動が激しくて実用化には至らなかったとのこと。
そういえばどこかで・・・と思いましたが、あのアニメ「ルパン三世 カリオストロの城」で伯爵が乗って登場し、後にルパンと銭型に奪取されたオートジャイロがローターの先端にラムジェットでしたねー。
ほかにもいろいろな実験機やその模型なんかもあるようです。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」はサヴォイア・マルケッティS55飛行艇。
この機体も私はこの記事で初めて知りましたが、長距離飛行が可能な飛行艇ということで開発され、フロートを兼ねた双胴型の機体の上部にエンジン二基を前後に一まとめにしたものを載せているというなかなか特異なスタイルの飛行艇です。
結構優秀な機体だったようで、大西洋無着陸横断飛行なんかもやっているようですし、数カ国に輸出もされたようです。
軍用としても洋上哨戒機として使われたんだとか。

ほかには「東武モデラーズコンテスト」や「第16回北海道AFVの会」の記事などが。
「北海道AFVの会」の展示会は一度見たい見たいと思っているのですが、いつも記事になってはじめてあったことを知る有様なのが問題ですね。(笑)

今号も面白い記事で一杯でした。
次号も楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/09/14(金) 18:38:52|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

592号

タミヤニュースの592号が到着しましたー。

592.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦中にメッサーシュミットBf109G-6に書かれていたイタリア空軍第150航空群のマークだそう。
ということはイタリアに供与されていたということなんですかね?

今号の「博物館をたずねて」はフランスノルマンディー地方の博物館群。
なんでもこの地方にはノルマンディー上陸作戦に関する博物館が大小20ほどもあるそうで、まさにフランス解放の第一歩に対するフランス側の思いを感じるようです。
砲台がそのまま残っているものやブンカーがそのまま施設になっているようなところもあれば、当時の車両などをジオラマのように展示しているものなど様々なようです。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」はフィアットBR20爆撃機の二回目。
今回は戦歴偏という感じで、初期仕様型がスペイン内戦に投入されたのを皮切りに、第二次大戦では英本土空襲やアフリカで使われ、一部は東部戦線にも投入されたようです。
また、日本陸軍もイ式重爆としてイタリア軍仕様そのままのBR20を85機購入し、日中戦争で使用したようですが、予備部品などが枯渇すると前線から下げられていったとのことです。

巻中の情景写真は第二次大戦の東部戦線モノ。
巨大なJS2と小さなヘッツァーの対比が面白い感じです。
こういう大きさが視覚的に一目瞭然で把握できるのもスケールモデルならではですね。

「1/35MM50周年特別企画」では開発担当者に聞くMMシリーズと銘打ってのインタビュー記事。
やはり開発に当たってはコスト面などの問題から作りたいものが作れるというわけではないようですね。
その中でドラゴンワゴンはMM30周年記念として作られたものだったとか。

今回もいろいろと面白い記事がいっぱいでした。
楽しませていただきました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/08/14(火) 17:50:47|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

591号

今月のタミヤニュース591号が到着です。

591.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦時の米陸軍第48歩兵師団のマーク(上下とも)だそう。
どういう由来があるんでしょうね?

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、フィアットBR20爆撃機の一回目。
イタリア軍の爆撃機というと三発エンジンのサヴォイア・マルケッティSM79が有名ですが、このフィアットBR20は双発機。
とはいえ、当時の列強各国の双発爆撃機にそん色なく、そこそこ優秀な機体だったみたいですね。
日本にも輸出されたこともあるとか。

今号では特別企画としてタミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズ50周年のボックスアートイラストレーターのお三方による対談記事が載ってました。
大西將美氏、島村英二氏、江間浩司氏のお三方で、いずれもタミヤのミリタリーミニチュアのボックスアートを数多く描かれていらっしゃる方々の対談ということで、楽しく拝読させていただきました。

巻中の情景写真はM8自走榴弾砲の情景。
タイトルが「バーリンデン氏へのあこがれ」とのことで、作者が昔見た「バーリンデン情景作品集」を思い出しながら作成したとのこと。
私も模型製作をしていたころはあの作品集は欲しかったですね。
ちょっとお高くて手が出ませんでした。

ほかにもホビーショーの記事やコンテストの記事など今号も楽しませていただきました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/07/15(日) 18:11:32|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

590号

今月のタミヤニュースが到着しました。
今号はもう590号。
いよいよ600号までカウントダウンが始まりますね。

590.jpg
こちらが表紙。
今号はアメリカ海軍の第101戦闘飛行隊の記章だそうで、よく見ると歴代の使用機のネームが書き込まれておりますね。
コルセア、バンシー、スカイレイ、デモン、ファントム、そしてトムキャットですかー。

今号の「博物館をたずねて」はフランスのル・ブルジェ航空宇宙博物館。
タミヤで模型化もされた第二次大戦の仏軍戦闘機デヴォアティーヌD.520や、戦後のベストセラー戦闘機にもなったデルタ翼のミラージュⅢなどの展示に混じって、超音速旅客機コンコルドも展示されているそう。

不定期連載の「艦船よもやま話」は第8回。
今回は船首の話の第2回で、砕氷船や戦車揚陸艦やカーフェリーなどの特殊な船首についても取り上げられてました。

巻中の情景写真はノルマンディー以後のフランス戦線。
ヒトラーユーゲント師団のⅣ号戦車が力尽き、少年戦車兵たちが米軍の捕虜となっているという情景です。
カラーだともっと表情とかもわかるのかも。

他には第18回中四国AFVの会や鹿児島モデラーズコンベンション2018、第42回日本ホビーショーなどのレポートが。
今号も楽しく拝見させていただきました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/15(金) 18:46:54|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

589号

こちらもちょっと遅くなりましたが、今月のタミヤニュースのご紹介。
今号は589号で、来年には600号に達するんですなぁ。

589.jpg
こちらが今号の表紙。
今号は第二次大戦時のドイツ空軍の戦闘機メッサーシュミットBf109に描かれたマークだそう。

今号の巻頭言は50周年となったタミヤの代表シリーズ1/35ミリタリーミニチュアについて。
私もタミヤのプラモに触れたのはこのMMシリーズからと言って過言ではないので、やはり思い入れがありますね。
中学時代は良く作ったものでしたが、ちょうどそのころがMMシリーズ初期の大ブーム期だったみたいです。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」はカントZ1007爆撃機の二回目。
スマートで優美な機体のこの爆撃機は、垂直尾翼が一枚のタイプと二枚のタイプもあるんですね。
ただ、やはり胴体が木製のこの機体は、気象条件で結構機体の痛みが激しかったようで、長雨とかには弱かったんだとか。
それでも戦後も生き残った機体は輸送機として使われたそうな。

「新製品の紹介」では、1/700のウォーターライン艦船模型としてかわぐちかいじ氏の漫画の「空母いぶき」が模型化とのこと。
漫画に登場する架空の艦を模型化というのも珍しいような気がします。
50周年の1/35MMシリーズからはドイツ軍の「自走榴弾砲ヴェスペ」がイタリア戦線仕様で再登場。
前作ではベルト式だった履帯を、今作では部分連結式のパーツとして再現とか。
新規ポーズの人形四体もついてくるそうです。

他にはタミヤプラモデルファクトリートレッサ横浜店の第18回モデラーズコンテストの入選作や、第25回キヤホビー戦車模型コンテストの入選作などの紹介が。
今号も楽しませていただきました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/05/18(金) 17:53:51|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

取って置くって大事かもなぁ

一昨日あたりから、また中学生のころに手に入れた古いタミヤニュースを引っ張り出して読んでいます。
もう40年ほど前のものになり、まだ号数も二けただったころのものです。
(現在の最新号は588号)

当時はまだ東側の資料とかは手に入るのが難しく、中東戦争でイスラエルが鹵獲したT-54やT-55などが貴重な資料となっていたり、電動RCカーが始まったころだったりして、時代の流れを感じます。
スーパーカーブームに押され、ミリタリー模型を作っていた人を見かけなくなったが、いなくなってしまったのだろうかということで、第一回の「東京AFVの会」が行われたなんて言う記事も載っていたり。
そう言えばスーパーカーブームでしたねぇ。

1/20のF1シリーズも始まったころで、当時話題になったタイレルP34なんかが発売された時期でもあったようです。
タイレルP34の1/20は私も作った記憶がありますねぇ。

1/35のミリタリーミニチュアでは、旧「クルッププロッツ(クルップボクサー)」が発売になり、当時存在しないと思われていたプロッツの実物がロンドンにあったので取材でき、模型化できて幸運だったというような裏話も。
本当に当時はタミヤの組み立て説明図は実物の資料としても貴重なものだったと思います。

まあ、おっさんのノスタルジーではありますが、こうして読み返していると、捨てなくてよかったなぁとしみじみ思います。
捨ててしまったものも多いですが、この古いタミヤニュースはできる限り取って置きたいですねぇ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/04/23(月) 18:37:18|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

588号

タミヤニュースの588号(五月号)が到着です。

588.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦時の米陸軍第二歩兵師団の記章だとのこと。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、カント1007Z爆撃機の一回目。
お恥ずかしながらこの爆撃機の存在は、今号で初めて知った次第ですので、記事を読むのがとても楽しかったです。
木製胴体だそうで、イタリアデザインぽい非常に優美で細い胴体をしているのですが、その細身のおかげで機長と副操縦士は二人並んで座ることができずやや前後にオフセットされていたり、武装はあるものの搭乗員数が少なくてすべての武装を同時に射撃することができなかったり、木製ゆえに被弾や環境に弱かったりとあまり評価は高くなかったとのこと。
やはりSM79型爆撃機のほうが使い勝手がよかったみたいです。

今号では昨年行われたボービントン博物館のタンクフェストの写真が掲載されてまして、第一次世界大戦の戦車である英国の「マークⅣ」、ドイツの「A7V」、フランスの「サン・シャモン」が一堂に会するというマニアにはたまらない光景も。
他にもM4や三号戦車のようなおなじみの第二次大戦の戦車や、レオパルトやチャレンジャーなどの戦後の戦車も。
まさに戦車の発達の歴史を一目で見られるフェストだったようです。

巻中の情景写真は第二次大戦終盤の米軍のアーヘン侵攻時のワンカット。
武運拙く撃破された三号突撃砲とそれを撃破したであろうM10駆逐戦車。
そして米兵とドイツ兵の情景です。
三突は撃破されたことで天井が吹き飛び内部が見える状態になっており、オープントップのM10と合わせて中が覗ける二車輌という組み合わせのようです。

他には静岡AFVの会や空モデル展示会の記事などが。
今号も楽しく拝見させていただきました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/04/13(金) 19:02:14|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

587号

タミヤニュースの587号が到着しました。

587.jpg
こちらが表紙。
今号はアメリカ海軍の第97戦闘攻撃飛行隊のマークと、名称変更前の第97攻撃飛行隊のマークだそうです。
同じ部隊の変更前と変更後のマークを上下に並べるというのは珍しいのではないでしょうか?

今号の「博物館をたずねて」は、ニュージーランドの軍用機と高級乗用車博物館。
航空機では第一次大戦中の複葉戦闘機SE5Aのレプリカや、A-4スカイホークなどが展示されているそう。
珍しいのはBAC167ストライクマスターMk.88という機体だそうで、大きさや能力はベトナム戦争で活躍したアメリカのセスナA-37ドラゴンフライと同程度の機体とのことですが、わずか170機にも満たない生産数だそうで、ニュージーランド空軍で16機が運用されたものだとか。
一方自動車のほうは見事な高級クラシックカーばかりだそうで、私はさほど興味をひかれないのですが、クラシックカーファンにはたまらない展示なのだそうです。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、大西洋と極東の潜水艦隊の五回目。
極東に派遣され、インド洋で行動していたイタリア潜水艦は、その後イタリアが降伏したことにより、今度はドイツ軍に接収され、ドイツ軍のUボートとして太平洋やインド洋で行動することになりました。
しかし、そのドイツも45年5月には連合軍に降伏。
この時修理などで神戸にいた元イタリア潜水艦二隻は、日本海軍に接収され、今度は日本軍の伊号潜水艦伊503と伊504になりました。
もっとも、この時点では日本の潜水艦としてもすでに行動するのは難しい状況であったため、ほとんど神戸につながれたままだったようです。
そして日本も降伏となり、この二隻は今度はアメリカ海軍に接収され、そこで改没処分となりましたとのこと。
世界史上でも珍しい伊・独・日という三カ国に所属した潜水艦だったんですね。

新製品の紹介は、1/20のフェラーリSF70Hや1/72の陸軍三式戦飛燕1型丁など。
オールドF1ファンには懐かしい1970年代ごろのF1カーとは全く違う雰囲気の2017年F1カーであるフェラーリSF70H。
なんだか同じF1カーという感じがしませんねぇ。

巻中の情景写真は第二次大戦終盤の欧州戦線。
米軍のM10駆逐戦車が戦争も終わりだなぁという雰囲気の中で弾薬補給を行っていたら、M24チャーフィーが慌てて逃げ込んできて、こともあろうに「虎が来た!」というではないか・・・なんてこった・・・というシーンだそう。
まあ、M10にしろM24にしろティーガーやケーニッヒティーガーにはなかなか簡単には勝てないでしょうから、ひえーってなるのも無理からぬことでしょうねぇ。
それにしても米軍兵士たちの表情がいいと思います。

他には中高年の模型サークル「ろうがんず」さんの展示会の記事など、今号も楽しませていただきました。
次号が楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/03/15(木) 18:33:46|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

586号

タミヤニュースの3月号(586号)が到着です。

586.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦初期のイタリア空軍の第163独立飛行隊(上)と、第93飛行隊(下)のマークだそうです。
第93飛行隊はよく見るとアフリカ大陸の意匠の上にサソリがいるので、アフリカに派遣されていたんでしょうかね?

今号は久しぶりに「艦船よもやま話」が載っておりました。
今回は船首の話。
軍艦にしろ商船にしろ、水を切って進んでいく船首部分は、古来から様々な形状が作られてきた部分ですから、当然軍艦の進歩にも船首部分の形状は大きくかかわってきたわけです。
今回はその1ということで、日本海軍の大正期ごろまでの船首部分の形状について載ってました。

PICKUP記事は、今回の第46回人形改造コンテストでストーリー賞を受賞した「縁台将棋」という作品について。
この作品はなんと1974年の第2回人形改造コンテストの金賞作品「縁台将棋」のオマージュとして作られたそうで、その作品とレイアウトなどは合わせてあるみたいです。
長い歴史を持つ人形改造コンテストならではという感じですね。

巻中の情景写真は今回もいわゆる「バルジの戦い」がモチーフ。
履帯が切れ乗員に放棄された独軍四号戦車の脇を通っていく米軍M10駆逐戦車という情景です。
ベースはどちらもタミヤのMMシリーズですが、レジンキットやエッチングパーツなどでディティールアップがなされているとのこと。
細かい作業で大変そうですが、そういうのもまた楽しいのでしょうね。

ほかには新商品の紹介で1/48のメッサーシュミットBf109G-6や、1/35のM4A3E8シャーマン朝鮮戦争バージョンなどが紹介されてます。
また、2018年度版タミヤカタログも紹介されてました。
そのほか第49回東京AFVの回の記事なども載っており、今号も楽しく拝見させていただきました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/15(木) 18:20:31|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア