FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

624号

今月のタミヤニュース624号が到着しました。

624.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦中のイタリア空軍第41航空団(上)と、第15航空団(下)のマークとのこと。
下のやつはユーモラスですねー。

今号の「博物館をたずねて」は、タイのHTMSメークロン号記念館。
メークロン号はタイ海軍の小型駆逐艦で、記念館として保存されているものなのだそうですが、なんとこの艦は日本製なんだとか。
第二次大戦前、日本と軍事同盟を結んでいたタイが、日本に発注して建造してもらったのが、このメークロン号なんだそうで、いわば大日本帝国海軍の血を引いている艦なんですね。
保存状態は非常によく、内部も見学できるそうなので、もっと知られてもいいかもしれません。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、天津駐留のサン・マルコ海軍歩兵と装備。
イタリア海軍における陸戦部隊には、かつてのその活躍から守護聖人の名を戴いた「サン・マルコ連隊」というのがあるそうなのですが、第二次大戦前の中国の天津租界に派遣されたイタリア海軍の艦艇から抽出した陸戦部隊も、その「サン・マルコ」の名を名乗ることにしたんだとか。
この天津駐留のサン・マルコ海軍歩兵は、第二次大戦がはじまると極東で孤立してしまうことになり、さらに本国が連合軍に降伏してしまったことで、日本軍によって武装解除されることに。
しかし、枢軸軍側で戦うことを望んだ者たちもおり、彼らはそのまま天津警備を続けたのだとか。
終戦後、日本軍の捕虜になった者たちと天津に残った者たちは合流し、1946年にやっとイタリアに帰ることができたんだそうです。

巻中の情景写真は二種類の作品。
ソ連の重戦車KV-1が壁を突き破って突っ込んできたところと、フランスの戦車R35が市民に送られて出陣していくところ。
どちらも本当にコンパクトな情景となっており、切り取り方が素敵です。

新製品には新たにリメイクされたドイツ軍の小型ハーフトラック「ケッテンクラート」が登場。
前輪がオートバイ型という面白い形状のケッテンクラートは、私も昔の作品を作ったものでした。
それがほぼ50年近く経ってリメイクとはすごいですねぇ。

他にもいろいろと面白い記事がありました。
タミヤニュースはいいですねぇ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2021/04/13(火) 18:52:40|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

623号

先週末ではありましたが、タミヤニュースの623号(4月号)が届きました。

623.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦ごろの米空軍第86戦闘爆撃航空団(上)と、第525戦闘爆撃飛行隊(下)のマークとのこと。
爆撃だけに爆弾が取り入れられてますねー。

今号の「博物館をたずねて」は、1941~1945年大祖国戦争中央博物館。
モスクワにあるこの博物館は、大祖国戦争の戦勝50周年記念で作られたものらしいですが、対日戦争も含まれており、日本軍の戦車なども展示されているとのこと。
もちろんメインは対独戦であり、いろいろな実物大の戦場ジオラマのようなものもあるみたいです。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、第一次大戦の突撃兵と軍装。
第二次大戦イタリア軍と言いつつ、第一次大戦も扱うこの企画、今回は第一次大戦時の前線で活躍した突撃兵とのこと。
初期の突撃兵部隊には、古代の甲冑を思わせるような鉄製のボディアーマーを装備していたりしたそうです。

「第二次大戦機の真相と深層」は23回目でボーイングのB-17。
欧州戦線でドイツ本土爆撃に活躍したB-17も、戦略爆撃の思想ができる前に作られた爆撃機ということで、意外と爆弾搭載量や航続距離が不足していたというのは知りませんでした。
結局数でごり押ししたという感じなんですね。

巻中の情景写真は中東戦争でのイスラエル軍のシャーマンが主人公。
スクラップから再生された105ミリ砲搭載型が射撃を行う横を、主砲を長砲身75ミリ砲に換装したタイプが前線に向かうといった趣でしょうか。
シャーマンいいですなぁ。

他にも新型コロナウィルスの蔓延による外出自粛に伴い、家で模型を作る方が増えたことによるオンライン模型コンテストの記事など、面白い記事が複数ありました。
毎号見るのが楽しいですねぇ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2021/03/15(月) 18:49:56|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

622号

今月もタミヤニュースが到着しました。

622.jpg
今号は622号で、表紙はこちら。
アメリカ海軍の第194戦闘飛行隊(上)と、第201戦闘飛行隊(下)のマークだそう。
赤青白はアメリカ国旗の色ですね。

今号の「博物館をたずねて」は、ベトナム防空・空軍博物館。
ベトナム戦争時に主力となったMig17、19、21などが屋外に展示されているほか、鹵獲したアメリカ製の機体や撃墜した残骸なんかも展示されているのだとか。
ただ、残念ながら屋外展示は手入れがあまりなされていないらしく、錆が目立つものも多いのだそうです。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、フィアット626/666トラック。
エンジンが運転席の下にあるキャブオーバー型の近代的なトラックで、まず626型が量産され、のちにスケールアップ版というべき666型が作られたそうです。
また、666型の四輪駆動タイプが665型として生産され、一部は運転席と荷台に装甲板を張って簡易装甲兵員輸送車としても運用。
イタリア降伏後にはドイツ軍が接収して使用したりしたそうです。

「第二次大戦機の真相と深層」は、カーチスP-40の3回目。
性能的には平凡とみられたP-40の、信頼性の高さや整備性の高さ、稼働率の良さの元となった機体構造についての記事でした。
多少の性能低下を飲んでも、こうして整備性を優先したことで、高い信頼性につながっているのはすごいですなぁ。

巻中の情景写真は戦車が水に入るシーンと水から出るシーンの二種類の円形ヴィネット。
水に入るシーンの車体が水を大量に押しのけるところや、水から上がる時の履帯から滴る水の表現がすごいですねぇ。
最近は水を表現するディオラマも多く見かける気がします。

他にも楽しい記事がたくさんでした。
面白かった。(*´ω`)
次号も楽しみですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2021/02/15(月) 18:33:20|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

621号

数字上は二月号ですが、今年最初のタミヤニュースが到着です。

621.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦中のドイツ空軍、第51戦闘航空団のマークとのこと。

今号の「博物館をたずねて」は、スターリンの秘密地下壕 ブンケル・スタリナ
独ソ戦前半、ドイツ軍がモスクワ前面にまで迫ったころ、スターリンがこの地下壕に退避したのだそう。
秘密地下壕ですので、その存在が明らかになったのは70年代のことだそうで、2005年に中央軍事博物館の所有となって、現在公開がされているとのこと。
スターリンの執務室や会議室、食堂などが公開されているようですが、スターリンがこもることになっていただけあり、内部はなかなか豪華なようですね。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」はイタリア軍スキー部隊と装備
イタリア軍のスキー部隊は第一次大戦時に発足し、戦後解体されたものの、第二次大戦ではまた再編成されたという経緯だとか。
ドイツ軍の応援として対ソ連戦に投入され、激戦を潜り抜けたみたいですね。

第49回人形改造コンテストの入賞作品の写真と、入賞者のコメントも今号で掲載です。
今回も様々な作品が集まったようで、ホント見事ですねぇ。

巻中の情景写真は第二次大戦中の休息中の米兵の情景。
背後には放置された独軍の88ミリ高射砲があり、ジープでやってきたと思われる米兵たちが、お腹を空かせた犬たちに自分たちでは食いたくないレーションをあげようとしているシーンとのこと。
白黒写真ではわかりづらいですが、犬たちがかわいいです。

他には静岡モデラーズ合同展示会の記事や、イエローサブマリン秋葉原本店の第7回1/35戦車模型コンテストの記事なども。
今号も面白かったです。
次号も楽しみですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2021/01/13(水) 18:10:55|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021年スタート

年間購読を続けておりますタミヤ模型さんのタミヤニュース。
先月で2020年分が終了し、2021年分の申し込みを行いました。

その2021年1月号(620号)が到着です。
620.jpg
表紙はこちら。
今号は、上下ともにアメリカ陸軍の第34歩兵師団のマークだとのこと。
下には「ATTACK」が三つもあしらわれているのがすごいですね。

今号の「博物館をたずねて」は、フランストゥールーズの「昔の翼航空博物館」
フランス空軍の過去の機体を主として展示してあるようです。
主力だったミラージュをはじめ、中には4機しか作られなかった輸送機なんかもあるとのこと。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、M41 90/53自走砲の二回目。
強力な砲を装備した自走砲として期待されたM41 90/53自走砲も、実際の運用では防御力の不足や重量の過大、搭載弾薬が少なく弾薬運搬車が必要など問題点も多く、なかなか思うような活躍はできなかったみたいですね。

巻中の情景写真は激戦を生き抜いてきた四号戦車とドイツ兵たちを迎える広報部隊PKの人たちという情景。
かつてモデラーとして活躍されたK氏へのリスペクトということですが、なるほど何となく見たような光景。
たぶん昔のパチッ特集号に載った作品をリスペクトしたんじゃないかなー。

新製品紹介ではドイツ軍の四号戦車短砲身型の最終型であるF型が登場。
かつてはF1型と言われてましたが、現在では短砲身型をF型、超砲身化されたかつてF2型と呼ばれた型をG型に分類するのが一般的とのことで、この模型もF型ということのようです。
まだ、主力の三号戦車が長砲身の5センチ砲の時期ですから、短砲身とは言え7.5センチ砲の四号戦車は歩兵支援にも対戦車にも引っ張り出されたんでしょうねぇ。

ほかにも面白い記事がいくつも。
また一年間が楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2020/12/14(月) 18:07:34|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

619号

今年最後のタミヤニュース12月号(619号)が届きました。

619.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦中にハンガリー空軍で使われていたマークだそう。
ハンガリーはほぼ最後までドイツに付き合わされて枢軸国側だったんですよね。

今号の「戦跡をたずねて」は、ノルウェーのトロンハイムのUボートブンカー。
第二次大戦中にドイツ軍が作ったコンクリート製のUボートブンカーは、非常に頑丈で壊すのも容易ではなく、結局そのまま民間利用しているんだそうで、倉庫やガレージとして利用されたり、役所の公文書保管庫として使われたりしているんだそう。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、M41 90/53自走砲の一回目。
ドイツ軍の有名な88ミリ高射砲に匹敵するというアンサルド社製の90ミリ高射砲を、イタリア軍はまずはトラックに搭載して自走砲にしましたが、やはりトラックの足回りでは不整地での機動性が低いため、M14/41戦車の車台を使用した自走砲を作ることにします。
ただ、そのままでは砲を搭載するのは困難であり、車体を17センチほど延長して、エンジンを中央部に移し、空いた後部に砲を搭載するという形となりました。
この自走砲は、高射砲的運用は考えられなかったようで、ほぼ対戦車自走砲として運用されたようですね。

巻中の情景写真は第二次大戦中のドイツ軍の情景。
キューベルワーゲンやクルップボクサーが路肩に停車し、兵たちがフィールドキッチンでの食事を楽しむ脇をティーガーが通過していくという感じですね。
やはり重厚なスタイルのティーガーは情景になっても映えますねぇ。

今号には80回目を迎えた「パチッコンテスト」の入賞作品の紹介が載ってました。
80回目とは長いですねぇ。
今回驚いたのは、情景部門で金賞を受賞した方が18歳という若いお方だったこと。
またジュニア賞には8歳の女の子も。
若い方々が戦車模型を楽しんでくださるのはいいですねぇ。

今月号も楽しい記事がいっぱいでした。
これでもう早くも一年が終了ですよ。
また来年の定期購読を申し込まなければなぁ。
来年も楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2020/11/13(金) 19:02:41|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

618号

先日、タミヤニュースの618号(11月号)が到着いたしました。

618.jpg
こちらが表紙。
今号はアメリカ海軍第33戦闘飛行隊のマークだそうです。(上下とも)
上はトムキャットですかね?
かっこいい!

今号の「博物館をたずねて」は、ロシアの「ロシア海軍艦隊記念博物館(B-396潜水艦博物館)」
かつてのソ連が建造したNATOコードネーム「タンゴ型」潜水艦B-396が、そのまま展示されている博物館だそうで、内部もガイド付きで見学できるとのこと。
潜水艦、それもソ連製潜水艦を見られるというのは、貴重な経験になりそうですね。
ほかにも「カスピ海の怪物」として名を馳せた地形効果翼艇や、ホバークラフトタイプの揚陸艇なども展示されているそうです。

巻中の情景写真はSU-122襲撃砲に支援されたソ連歩兵たちが突撃する光景の情景。
ベテランキットである道標セットやバリケードセットなども使われ、味のある光景となっています。

新製品の紹介では、1/24のカーモデルと組み合わせるのにぴったりな「キャンパスフレンズセットⅡ」
若い男女の人形たちが、カーモデルの世界を引き立ててくれるのは疑いなしでしょう。

ほかには「東武モデラーズコンテスト」の入賞作の紹介など。
今号も楽しく拝見させていただきました。

次号は早くも12月号。
年間購読も次回で終了です。
来年の年間購読の申し込みもしなくちゃなぁ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2020/10/14(水) 17:52:43|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

617号

タミヤニュースの今月号(617号)が先日到着いたしました。

617.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦時の英国陸軍第12軍(上)と、第14軍(下)のマークだとか。
ローマ数字で12や14が描かれてますね。

今号の「博物館をたずねて」は、「北京航空航天博物館」
航天とは宇宙関係のことらしいです。
一階には航空機の実物が展示され、二階には宇宙関連の模型等の展示があるのだとか。
中国軍が使用したMig戦闘機が主に展示されているとのことですが、中にはアメリカ製のP-47やP-61夜間戦闘機なんかもあるとのこと。
事前の予約を申請すれば、外国人でも見学は可能らしいです。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」は、知られざる試作中戦車の一回目。
M15/42型中戦車の車体にオープントップの対空砲砲塔を載せた対空戦車なんかがあったんですねー。
そのデザインは、ドイツ軍のヴィルベルヴィント対空戦車にも影響を与えたみたいです。

7月に行われたタミヤさんの新製品商談会で、今後の新製品が発表になったとのことですが、1/35ミリタリーミニチュアシリーズに短砲身の四号戦車F型が登場するとのこと。
また、フランス軍の装甲運搬車に75ミリ対戦車砲を載せた対戦車自走砲マーダー1も仲間入りらしいです。
マーダー1は車体と砲のアンバランスさが面白い車両なので、人気が出そうですね。

巻中の情景写真は米軍のドラゴンワゴンの情景。
戦場の後方に回収したM4を載せてきたドラゴンワゴン。
整備兵たちはどこかのんびりした様子でエンジン整備を行っているという感じです。
ドラゴンワゴン自体がトレーラーを含めるとかなり大きな模型ですから、この情景もかなり大きなものみたいですね。

他には、東武モデラーズコンテストの作品や、人形改造コンテストの常連首藤氏の作品の写真などが。
今号も楽しませていただきましたです。

それにしましても、今年ももう残り二号ですか。
早いですねぇ。
来年の定期購読も申し込まなきゃなりませんねぇ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2020/09/15(火) 18:41:31|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

616号

一週間ぶりの日記的記事ですねー。
今日はタミヤニュースの今月号(616号)の記事です。

616.jpg
こちらが表紙。
今号は、アメリカ第五空軍に所属する第475戦闘航空群(上)と、第432戦闘飛行隊(下)のマークだそう。

今号の巻頭記事は「パチッ」の話題。
なんでも「パチッ」の情景写真コンテストは今年で80回を迎えるのだそう。
50年以上の長きにわたって行われているのですねー。
「パチッ」に関する記事は本文後半にも触れられておりました。

今号の「博物館をたずねて」は、ロシアの「ヴァディム・ザダローズヌイ技術博物館」
なんとロシアのお金持ちのヴァディム・ザダローズヌイ氏が、「ヤコブレフ航空機設計局博物館」を買い取り、個人的なコレクションを加えて個人博物館にしてしまったのだとか。
「ヤコブレフ航空機設計局博物館」は、その名の通り「ヤコブレフ航空機設計局」の建物をそのまま使ったヤコブレフ航空機に関する博物館だったそうですが、今は戦闘車輌や火砲、小火器などにまで展示品は広がっているとか。
しかも稼働状態にまでレストアも行われているとのことで、お金持ちすげぇって感じです。

第二次大戦イタリア軍装備解説は、Ju87急降下爆撃機の二回目。
ドイツ製のスツーカはイタリア軍でも活躍したそうですが、イタリア軍ではスツーカをそのまま急降下爆撃に使うだけではなく、のちに太平洋で日本がアメリカ軍に実施されて痛い目を見た「反跳爆撃」(投下した爆弾を海面でバウンドさせて敵艦の腹に当てる爆撃法)を地中海で行い、連合軍の輸送船などを沈めたんだそう。
Σ(°ω°)ナントー

巻中の情景写真は「ベトナム戦争」の情景。
偵察中にベトコンの襲撃を受けた海兵隊員を救出にやってきた陸軍のM551シェリダンとM113装甲兵員輸送車という感じ。
ジャングルで戦う困難さがよく出ています。

他には上で述べました「パチッ特集号 80号の歩み」として、これまでの「パチッ特集号」の写真の紹介や、ソ連戦車KV-1の取材写真など、今号も盛りだくさんの内容でした。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2020/08/13(木) 18:37:26|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

615号

今月もタミヤニュースが到着しました。
615号です。

615.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦ごろのイタリア空軍サヴォイア・マルケッティSM.84に描かれていたマークだそうです。

今号の博物館をたずねては、ドイツのラーボエ海軍記念碑と、U995。
小さな町ラーボエにあるドイツ海軍の記念碑だそうで、82メートルの高さの記念碑の基礎部分が建物となっており、その中に展示物があるのだそう。
ビスマルクをはじめとした艦艇の模型や紋章などが展示されているそうですが、さらに目を引くのが、屋外展示されている実物のU995とのこと。
多数作られたⅦC型でも、現存しているのはこのU995だけだそうで、貴重な展示物ですね。
内部も見学できるそうなので、一度は訪れてみたいものです。

第二次大戦イタリア軍装備解説は、ドイツ製の急降下爆撃機Ju87スツーカ。
第二次大戦初期のドイツ軍の快進撃を支えた有名なスツーカですが、イタリア軍も採用していたんですね。
自軍のものよりもよかったということで、パイロットが驚いたのだとか。

久しぶりの艦船よもやま話は煙突の話の二回目。
マックの話や、空母の煙突、さらには潜水艦にも煙突があった話などが載ってました。

巻中の情景写真は、映画「地獄の黙示録」でも有名な、ベトナム戦争で活躍した河川哨戒艇PBRの情景。
川岸に停泊しながら、釣りを楽しむ乗員の姿をジオラマ化したもので、見ていて楽しくなりますね。

他にもいろいろな記事がいっぱい。
今号も楽しませていただきましたです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2020/07/15(水) 18:34:53|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア