fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

女神の涙 (後)

新年新作SS「女神の涙」の後編です。
お楽しみいただけますと嬉しいです。

それではどうぞ。


                   ******

 玄関のドアが開き、あたふたとヴァレフィアが入ってくる。
 そして主人の帰宅を出迎えようと玄関に行こうとしていたミズラフィアに、急いで客用のベッドを用意するようにと言いつける。
 なにがなんだかよくわからないうちに、玄関からはメイド服姿の若い女性を抱きかかえたコルチャスキーが入ってくる。
 「お、お帰りなさ……」
 「ミズラフィア! 早く!」
 「は、はい!」
 慌ててミズラフィアもあたふたとベッドを用意するために、客用の部屋に向かう羽目になるのであった。

 最初、ペトレンコ医師は渋い顔をしていたものの、話している相手がホリド宮の陸軍参謀本部勤めの少佐であり、コルチャスキー家というそれなりの家格の持ち主であることを知ると、すぐに診察を行なってくれた。
 もちろん後でそれなりの診察代を吹っ掛けられることになるのだろうが、まあ、仕方あるまい。
 寒空に若い女性を倒れたままにしておくのは、コルチャスキーの心情的に耐えられるものではなかったからだ。
 それが一般の平民だ貴族だにかかわらずだ。

 医師の診察の結果は、極端な衰弱というものであろうということだった。
 なのでとりあえずは三日ほど静養をさせて様子を見るのが良いということであり、コルチャスキーはやむを得ず自分の家に連れてきて、メイドの女性を静養させることにしたのだった。

 ミズラフィアの用意した客用ベッドに横たわり、眠り続けている女性。
 まだ若く美しいが、顔色は青ざめている。
 だが、とりあえずは容体も落ち着き、差し迫った命の危険はなさそうだ。
 とはいえ、あのまま道に放り出されていたのでは、おそらく凍死していたであろう。
 その意味では死なせずに済んでよかったというところか。

 昏々と眠る彼女の様子を見ていてもらうためにミズラフィアを客間に残し、コルチャスキーはやれやれとばかりに居間へと戻る。
 「お疲れ様でした、旦那様」
 メイドとしての口調でコルチャスキーにお茶を持ってくるヴァレフィア。
 こういうところは本当にありがたいとコルチャスキーは思う。
 「すまないな、ありがとう」
 お茶を飲んで一息つく。
 さて……彼女が目を覚ましたら事情を尋ねてみなくてはなるまいな……
 あの衰弱はただの衰弱ではあるまい……

 「あのメイドの衰弱が気になるのか?」
 ヴァレフィアはちゃっかり自分の分のお茶も淹れて、椅子に座り飲んでいる。
 スカートの下で組んだ足がなかなかに美しい。
 「そうだな。ただの過労という感じではなさそうなのでな」
 「だろうな……」
 ふふんという感じで笑みを浮かべ、カップを口に持っていくヴァレフィア。
 「“女神の涙”から抜け出した魔物がいる。そしてこの家には衰弱したメイドが一人担ぎ込まれた。これを偶然と思うか、マージェコフ?」
 「どうだかな……」
 ヴァレフィアの言うとおりだ。
 これははたして偶然だろうか……

 やがて遅めの昼食を済ませて少しゆったりとした時間を過ごしていたところに、ミズラフィアが女性が目を覚ましたという知らせを持ってくる。
 すぐにコルチャスキーは彼女のところへ行き、様子を確認してから事情を話せるかどうか聞いてみた。
 「は、はい……」
 目を覚ましたら自分が見知らぬ上級家庭の一室にいたということに驚きを隠せない彼女ではあったが、これまでの現状はミズラフィアがすでに話していたらしく、彼女はコルチャスキーに自分のことを話し始めた。

 彼女の名はリーシア・マリエスカヤと言い、ルトフスキー家でメイドをしている者だという。
 特に持病もなく健康であったが、ここ数日急に躰が重く感じるようになり疲労が抜けなくなったらしい。
 実は、ルトフスキー家ではひと月前にもメイドが一人急激に衰弱して死んでいるそうで、もしかしたら何か関係があるのでしょうかと彼女は少し不安そうな顔を見せていた。

 コルチャスキーは大まかな事情を聞くと、リーシアにルトフスキー家にはこちらから伝えるので、まずは躰の調子が戻るまでゆっくりしていくようにと告げ、ミズラフィアに彼女の面倒を任せて部屋を出る。
 そしてヴァレフィアに外出の用意をするように命じると、自分もコートなどを用意した。

 「もうすぐ夕暮れだぞ? 今からルトフスキー家に行くのか?」
 通りに出て拾った辻馬車に乗り、ルトフスキー家へと向かうコルチャスキーとヴァレフィア。
 「ああ……お使いに出たままメイドが帰ってこないとなれば、屋敷の者たちが心配しているだろうからな……と、言うのは表向きだが」
 「一ヶ月の間に二人のメイドが衰弱死するところだったとなれば、何かあるかもしれない……か?」
 「そういうことだ」
 ヴァレフィアの言葉にうなずくコルチャスキー。
 「ふん……酔狂なことだ。一デリムにもならぬことを……物好きな」
 ため息をついて首をゆっくりと振るヴァレフィア。
 コルチャスキーほどの腕の持ち主が何をやっているのやらという感じだ。
 「まあ……俺もそう思う。だがな、“女神の涙”の件、気になってしまったのでなぁ……」
 「ふん……まあ、われはチョコレートをもらえるのであれば助力は惜しまぬ。あてにしてもよいのだぞ」
 やれやれ……
 さっきはあてにしていると足をすくわれるだのなんだのと言っていただろうに……
 「ああ、あてにしているさ」
 そう言ってヴァレフィアの頭をなでるコルチャスキー。
 「なっ! だからわれは子供ではないというのに!」
 そう言いながらもコルチャスキーの手を払いよけたりはしないヴァレフィア。
 その顔はまんざらでもなさそうなのがほほえましい。

                   ******

 「で、ここですか?」
 「そのようだな」
 馬車を降りた二人の前には、そこそこ大きなお屋敷がある。
 午前中に訪れたゴリューコフ家とは比べるべくもないが、それでもお屋敷の名にふさわしい大きさだ。
 「朝はゴリューコフ家、夕方にはルトフスキー家。忙しいことですわね、旦那様」
 クスッと笑うヴァレフィア。
 「ふん。言ってろ」
 言われなくても自分でも何をやっているのやらとは思うのだ。
 だが、何となくここまでくると手を引く気になれない自分がいるとコルチャスキーは思う。
 「で……お気づきですか旦那様?」
 「ああ……感じるな……」
 門の前に立った時からすでに感じてはいた。
 この屋敷にはかすかに魔力が漂っているのだ。
 それも屋敷内から漏れ出ているらしい。
 「いる……ということかな……」
 「そうかもしれませんわね、旦那様」
 コルチャスキーもヴァレフィアも表情が引き締まる。
 無意識的に魔力を垂れ流しているやつなのであれば問題はそれほどでもない。
 だが、意識しているにもかかわらず魔力が漏れ出してしまうような奴が相手だとすれば、ちょっと厄介ではある。

 「行くぞ。油断するな」
 「旦那様もですわ」
 二人は意を決して屋敷の玄関をたたく。
 すでにあたりは夕暮れが赤く染めており、躰に当たる風も冷たい。
 だが、屋敷の中も暖かいとは言えない可能性が高かった。

 「コルチャスキーと申しましたか? で、我が家のリーシアが戻ってこられぬと?」
 応接間に案内されたコルチャスキー一行を、この屋敷の奥方であるアマーリア・ルトフスカヤ夫人が出迎える。
 まだ若く妖艶な美女で、ドレス姿でもその胸の大きさが強調されているような感じだ。
 だが、それ以上にコルチャスキーとヴァレフィアの目を引いたのは、彼女の胸を彩っている目のような模様の石をあしらったペンダントだった。
 その石は紛れもなく魔力を持っていたのである。

 「はい。たまたま通りかかった私が助けましたが、医師の見立てでは衰弱が激しいようで三日ほどは安静が必要とのこと。そのことをお伝えに参りました」
 「左様でしたか。それはわざわざありがとうございました。リーシアも調子が悪いならばそう言えばいいものを。あとでメイド長に一言言ってやらなくてはなりませんね。でも困りましたわ」
 そう言ってぺろりと唇を舐め、値踏みするようにコルチャスキーとヴァレフィアを見るルトフスカヤ夫人。
 「三日もリーシアがいないのでは、家のことが滞ってしまいますわぁ」
 確かにお屋敷とはいえ、使用人の数に余裕を持たせている家などそうはない。
 一人いなくなればその分他の者たちが大変になるのだ。
 だからと言って、安静にしていなければならないリーシアをここに戻すわけにはいかないだろう。
 たとえこの屋敷に魔力が漂うようなことが無かったとしても……

 「そのことでしたらご心配なく。ここにおります者は我が家のメイド。そちらのメイドが復帰されますまでは、彼女をどうかここのメイドと思ってご使用ください」
 「なっ?」
 コルチャスキーの言葉に驚愕して言葉が出なくなるヴァレフィア。
 「そ、それはどういうことでございますか、旦那様?」
 精一杯自分を抑えてコルチャスキーに使用人としての態度をとる。
 コルチャスキーにならともかく、他人にメイドとして使われるつもりなど全くないのだ。
 冗談ではない。
 「なに、言葉通りの意味だ。家で休ませている彼女に代わって、お前が三日ほどこのルトフスキー家でお手伝いをすればいい」
 にやっと笑みを浮かべるコルチャスキーに、ヴァレフィアは口をパクパクさせるだけで言葉が出ない。
 「そ、それは……ですが家のことがありますし……」
 「なに、家のことはミズラフィア一人でなんとでもなるさ。三日ぐらい大丈夫だ」
 必死に自分を落ち着かせて言葉を絞り出したヴァレフィアに、コルチャスキーはあっさりと言ってのける。

 「まあ、それはうれしいお申し出ですわ。そちらの方は大変かわいらしい方ですし、主人も気に入っておりましたの。こちらに来られてしまわれたのは残念でしたが、お二人ともしばらく当家に滞在していただければよろしいかと」
 ルトフスカヤ夫人は喜びを浮かべてそう言うと、背後に立っているメイドを呼んで何事か耳打ちをする。
 「ありがたいお言葉ですが私には仕事もありますし、家に残してきた使用人のことも気になりますので、これで失礼させていただこうと思います」
 コルチャスキーはその耳打ちが終わるのとほぼ同時にそう答え、席を立つ。
 「まあまあ、良いではありませんか。おそらくじきに主人もここに戻ってくると思います。このままあなた方を帰しては私が主人に叱られてしまいますわ」
 立ち上がったコルチャスキーに、再び椅子に座るよう手で示すルトフスカヤ夫人。
 「やれやれ……」
 肩をすくめるコルチャスキー。
 主人とはいったい誰のことやら……

 「どうやら私をも帰すつもりはないようですな」
 「決まっておるだろう。この屋敷に入って平気な者をこやつらが黙って帰すつもりなどあるものか」
 表情を引き締めたコルチャスキーの背後で、さっきまで不満そうにしていたヴァレフィアがにやりと笑う。
 「あら? なんのことかしら?」
 「とぼけられましても困りますな奥様。この部屋に充満する魔力にあてられ、普通の人間なら長くは正気ではいられますまい?」
 奥方の胸の石のの発する魔力の一種だ。
 おそらくこの屋敷にはもう正気の人間はいない。
 夫人の背後にいるメイドたちも支配されるままにされた生き人形のようなものだろう。

 「ふん、気付いておったのか。だが初戦は魔術師風情。使い魔ともどもおとなしくしておれば手荒な真似はしないでおいてやるが?」
 夫人がスッと立ち上がり、コルチャスキーをにらみつける。
 「つ? 使い魔? マージェコフ、こやつは相手の力量も見抜けぬおろか者だぞ!」
 使い魔呼ばわりにヴァレフィアは憤慨する。
 われが使い魔だと?
 ふざけるな!
 「まあ、そう見られるのも仕方あるまいよ。お前のその姿ではな。で、どうなんだ? いるか? 俺には感じ取れんが」
 油断なく夫人と対峙するコルチャスキー。
 「いないな。ここには魔力とあの女の胸にある物だけだ。あれで遠隔操作をしているのだろう」
 ヴァレフィアが首を振る。
 やはりここにも本体はいない。
 すると……
 「やはり……」
 「ああ……気配を消すのだけは一級品だな。われも気付かなかった」
 「むう……」
 そういうことかとコルチャスキーは思う。
 本体はすでに転がり込んできていたのだ。
 だが、どうして我が家に?

 「ところでマージェコフ。そなた先ほどは本気でわれをここに置いて帰ろうとしていたであろう?」
 「ああ……奥方の反応を見てみたかったからな。場合によっては本体がこちらに戻ってくる可能性もあったし、それにミズラフィアの方が心配でもあった」
 ポケットの中で魔道具を用意し、夫人を目で牽制しながら返事をするコルチャスキー。
 「われをこのような状況の中に置いておく方が不安ではないのか?」
 少し意外といった口調のヴァレフィア。
 「それは無かったな。ここに本体がいないだろうというのは俺も感じたし、何があってもお前なら大丈夫だろうと思ったしな」
 あっさり答えるコルチャスキー。
 「ミズラフィアの方がまだ不安と?」
 「そうだな……あの子はもう少し……」
 「ふん……われをそんなに信用していいのか?」
 「信用も信頼もしているさ。かわいいメイドだからな」
 「…………ふん」
 それっきり無言になるヴァレフィア。
 だがその口元が緩んでいることにコルチャスキーは気付いていた。

 「何をごちゃごちゃと。おしゃべりはやめてそこにおとなしく座るがいい魔術師。主様はお前のような魔術師から精気を奪いと……」
 パキーンという大きな音とともに、夫人の胸に輝いていたペンダントが砕け散る。
 「ひあっ!」
 衝撃に一瞬目を見開き、そのまま崩れるように床に倒れるルトフスカヤ夫人。
 ほぼ同時に夫人の背後にいたメイドたちも倒れていく。
 「ふん……生きた操り人形ごときがいつまでも口を動かすものではない。われを使い魔だなどと……」
 夫人に向かってかざしていた手を下げるヴァレフィア。
 その行為に一瞬唖然としたコルチャスキーだったが、すぐに夫人のところに行って生死を確かめる。
 どうやら気を失っているだけのようで一安心だ。

 「ふん、この女たちを支配していたつながりを断ち切ってやったまでのこと。石に封じられていた者が石に魔力を込めて使ってくるとはな……」
 ヴァレフィアがあきれたような表情をする。
 「ふう……とりあえずしばらくすれば目を覚ましそうだ。放っておいても大丈夫だろう」
 倒れたメイドたちも確認し、ヴァレフィアのところに戻ってくるコルチャスキー。
 「ふふ……」
 「な、なんだ? 何かおかしいのか、マージェコフ?」
 小さく笑ったコルチャスキーをヴァレフィアが見上げる。
 「いや、俺もまだまだだなと。お前の反応を読み損ねていた。使い魔呼ばわりなどされて黙っているはずがなかったな」
 「ふん……当然ではないか。われを使い魔だなどと……」
 倒れているルトフスカヤ夫人をヴァレフィアはにらみつける。
 よほど頭に来たのかもしれない。
 それでも、夫人を殺したりせずにペンダントだけを破壊したのは、自制心の表れなのだろう。

 「それで? こいつらはどうするのだ?」
 「放っておく。そのうち目を覚ますさ。それよりも家に戻るぞ」
 そういうとコートと帽子を取りに行くコルチャスキー。
 「ミズラフィアのことなら心配はないと思うぞ」
 「それでもだ。本体が向こうなら放っては置けない」
 「…………ふん」
 帽子とコートを手にして部屋を出るコルチャスキーを、ヴァレフィアは追いかけた。

                   ******

 「で、いつ気付いたのだ?」
 通りに出てなんとか見つけた辻馬車に乗り込む二人。
 コルチャスキーは御者にできるだけ急ぐように言い、シートに腰を下ろして息をつく。
 「確信したのは俺までも足止めしようとしたときかな。屋敷に戻られると困るということだろう。ならば屋敷での目的は何か?」
 「ミズラフィアだな」
 ヴァレフィアが答える。
 「ああ……あのリーシアという娘には“女神の涙”に封じられていたやつが取り憑いていたんだろう。 俺もお前も気付かなかったがな」
 「隠れることにかけては一級品だな」
 「ああ……だが、あの子の衰弱は本物だ。おそらく取り憑く器としては力が足りなかったといったようなものだったんだろう。だから……」
 「それでミズラフィアを選び、そなたの家に転がり込む手はずを整えたと?」
 「いや、最初の狙いはお前だったんだろう」
 首を振るコルチャスキー。
 「われが?」
 ヴァレフィアがきょとんとする。
 「そうだ。お前は俺と時々出歩いているからな。相手の目にも付きやすかったんじゃないか? それにお前はその躰に封じられたことで極力外に魔力は漏れないようにはなっているが、それでもわかるやつにはお前が強い魔力を持っていることはわかるだろうし」
 「われを器にするつもりだったと?」
 「たぶんな。あの夫人が主人もお前を気に入っていると言っていただろう? 彼女の主人とはすでに夫ではなく、“女神の涙”から抜け出た魔物のことだったのさ」
 「むう……われを器にだなどと……」
 ほっぺたを膨らませるヴァレフィア。
 怒ってはいるのだろうが、なんとも仕草はかわいらしい。

 「本当ならやつはお前でもミズラフィアでも選び放題だったのだろう。あの娘のことは翌日にでも回し、一晩ぐっすり眠ってからとなるのが普通だっただろうからな」
 「そなたやわれらが眠っている間に……ということか?」
 「だろうな。だが、俺がさっさとお前を連れだして屋敷に行ってしまった。メインターゲットはいなくなったが、サブターゲットとは二人きり。行動に移すと思うが……どうだ?」
 「ふん……なら問題はあるまい。今頃はケリがついている」
 にやりと笑うヴァレフィア。
 「だといいが……」
 コルチャスキーには一抹の不安がある。
 ミズラフィアがなんともなければいいが……

                   ******

 「ミズラフィア!」
 馬車から飛び降り、そこから玄関に走り込むコルチャスキー。
 ドアを開けるのももどかしく、中に入るなりミズラフィアの名を呼ぶ。
 「あ、お帰りなさいませ、旦那様」
 ぱたぱたとすぐに玄関ホールにやってくるミズラフィア。
 どこにも変わった様子はない。
 「ミズラフィア、無事か?」
 コルチャスキーがすぐに駆け寄って両肩を掴む。
 「えっ? あ? は、はい」
 思いもしないコルチャスキーの行為にミズラフィアは戸惑ってしまう。
 「むう……だから問題ないと言ったではないか! 人の話は聞くものでございますわよ、旦那様」
 御者に料金を支払ったため一歩遅れて家の中に入ってきたヴァレフィアは、コルチャスキーがミズラフィアの肩に手を置いているのを見てややムッとする。
 「あ、ああ……ミズラフィア、なんともないか?」
 「な、なんともと申されますと? 特に何も……」
 ミズラフィアには何がなんだかわからない。
 「ふん……ミズラフィア、旦那様はミズラフィアが器にされてしまったのではないかと心配していたのだ」
 ヴァレフィアが腕組みをして二人を見ている。
 「器? あ、もしかしてさっきのでしょうか?」
 ミズラフィアはハッとしたように顔を上げる。
 「何かあったのか?」
 「えっ? そ、その、何かがこの躰に入りこもうとしてきまして……」
 真剣な表情で自分を見つめてくるコルチャスキーに、ミズラフィアはドキドキしてしまう。
 「入りこもうと? それでどうした?」
 「は、はい。うっとうしいので消しました。いけなかったでしょうか?」
 ミズラフィアは申し訳なさそうに上目遣いでコルチャスキーの顔を見る。

 「は? 消した?」
 「はい。消しました」
 驚くコルチャスキーにミズラフィアが繰り返す。
 「消した……とは? 文字通り消したのか?」
 「はい。消しましたが……」
 「あはっ……あはははははは」
 けたたましく笑いだすヴァレフィア。
 二人のやり取りが見ていて可笑しくなってしまったのだ。
 「ヴァ、ヴァレフィアお姉さま?」
 いきなり笑われたミズラフィアには何が何だかさっぱりわからない。
 「あはははは……言ったとおりであろう? ミズラフィアなら心配ないと。だいたい相手が何者かもわからずに取り込もうとするような愚か者が、ミズラフィアに歯が立つはずがない」
 「私を取り込もうと?」
 びっくりするミズラフィア。
 相手がそんなことを考えて入りこんできたとは思いもしなかったのだ。

 「ミズラフィアはもともとわれに匹敵する魔人ミズングム。まあ、もちろんわれにはかなわなかったがな。そんな相手に少々の魔物が食い付いたとて、自滅以外のなにものでもないわ」
 ヴァレフィアがふふんと鼻を鳴らす。
 「すると“女神”とやらは?」
 「かけらも残さず消え去ったであろうな。そうであろう、ミズラフィア?」
 「はい。気にもしなかったのでどうなったかはわかりませんけど、たぶん完全に消え去ったかと」
 「は、ははは……」
 二人の会話に力なく笑うコルチャスキー。
 わかってはいたつもりだったが、この二人は相当に強力な魔人なのだ。

 「だが、それにしてもすごいな。離れた屋敷の中の人間をまるごと支配できるような魔物だったろうに」
 「ふん、それがたいしたことがない証拠よ。あのような石に力を込め、それを通してじゃないと支配できなかったではないか。われやミズラフィアならあのようなものがなくとも人間程度ならいくらでも支配できるわ」
 ヴァレフィアがふふんと胸を張る。
 「そうなのか?」
 確かにこの二人がどれほどの力を持つのかなど、試そうとも思わなかったのは確かだ。
 魔人など封じておくに越したことはない。
 「ふふん……旦那様はまだ、私とミズラフィアが力を出せばこのスクロヴァなど消し飛ぶことをお分かりになられていらっしゃらないご様子。試してみましょうか?」
 ニヤッと笑うヴァレフィア。
 もちろんそんなつもりは微塵もないくせにだ。
 「やめておけ。アザロフのチョコレートが食べられなくなるぞ」
 「そ、それは困ります。やめましょう、ヴァレフィアお姉さま」
 「むう……アザロフがなくなるのは困る。そうするのだ」
 アザロフの名を出しただけであたふたと慌ててしまう二人。
 そんなにチョコレートがいいのか?
 思わずコルチャスキーは笑いそうになってしまう。

 「ところで彼女は、リーシアさんはどうしている?」
 「まだぐっすりとおやすみかと」
 「“女神”とやらに取り憑かれていたようだからな。精気を吸い尽くされておるのだ。しばらくすれば回復するだろう」
 二人の言葉にコルチャスキーもうなずく。
 「そうとわかればなんだか腹が減ったな。遅くなったが夕飯にしよう」
 「かしこまりました、旦那様」
 「それじゃわれも手伝おう」
 二人のメイド少女が連れ立ってキッチンに向かう。
 やれやれ……
 長い一日だったな……
 コルチャスキーは息を一つ付くと、椅子に腰を下ろすのだった。

                   ******

 「ふう……」
 二人が用意してくれた美味しい夕食を終え、ゆっくりとお茶を楽しむコルチャスキー。
 テーブルの方では後片付けを終えた二人が、今日の分のチョコレートを味わっている。
 なんと言うか平和な光景だとコルチャスキーは思う。
 この光景もいつの間にかすっかり見慣れてしまったものだ。

 「ミズラフィア」
 「はい、なんでしょうか旦那様?」
 すぐに立ち上がろうとしたミズラフィアを手で制するコルチャスキー。
 「いや、用事じゃないんだ。その……本当になんともないのか?」
 「はい。私はなんとも」
 ミズラフィアが笑顔で答える。
 実際に何も問題はないのだ。
 「心配性だなそなたは。そんなの決まっているではないか」
 チョコレートを平らげ、ぺろりと唇を舐めるヴァレフィア。
 「いや、なんと言うか……影響を受けたりとかしないのか?」
 普通の人間なら魔人の悪意になど触れれば、その魔人から引き離したとしても性格がゆがんでしまったりするものなのだ。
 そういう影響を受けたりはしないのだろうか?

 「ふん、われらに影響を及ぼせる魔物などそういるものか。なあ、ミズラフィア」
 「はい。ヴァレフィアお姉さまの言うとおりだと思います」
 お互いに顔を見合わせる二人。
 「“女神”とやらは消滅した。もはやその痕跡すら感じないな」
 確かにそれは感じない。
 だが、リーシアに取り憑いていた時も感じなかったのだ。
 まあ、ヴァレフィアが言うように消滅したのなら問題はないが。

 「結局、よくわからんうちに終わったということか」
 「そういうことだな。だいたいわれらを狙うのが悪い。相手を見極めるべきだったのだ」
 カップのお茶を飲み干すヴァレフィア。
 ミズラフィアもチョコレートを食べ終えて満足そうな表情をしている。
 まあ、本当に何事も無くて良かったというべきなのだろう。
 コルチャスキーはそう思う。

 「ところでそなた、この機会に屋敷の周囲のうるさい連中を片付けたりはしなくていいのか?」
 「うるさい連中?」
 コルチャスキーがヴァレフィアに聞き返す。
 「使い魔どものことだ。現状この屋敷はカラスと猫に囲まれておるぞ」
 「あー、確かに猫ちゃんよくいますよね。使い魔だとわかっててもかわいいです」
 ミズラフィアが笑顔になる。
 「そうだなぁ……まあ、放っておくしかなかろう」
 「そなたが結界を張っているから、この屋敷の中まで覗くことはできないであろうがいいのか? 覗き屋どもだぞ?」
 「猫ちゃん追い払っちゃうのですか?」
 「ミズラフィア……あれらは使い魔で、われらを覗きに来ておるのだぞ」
 「そうですけどぉ……」
 一瞬にして悲しそうな顔になるミズラフィア。
 彼女が時々庭先で猫とじゃれ合っているのをコルチャスキーは知っている。

 「いや、いいんだ。放っておくさ。いきなり追い払ったりしたら、俺が何か良からぬことを企んでいると勘ぐりかねん。ひいては我が国が戦争準備を始めたなどと誤解するやつも出てくるかもしれんからな」
 まあ、見たいやつには見せておくさ。
 「まあ、それならそれでよいが……」
 少し不満そうなヴァレフィア。
 一方ミズラフィアには笑顔が戻る。
 「それより俺は明日は仕事だ。家のことと彼女のことを頼むぞ」
 「ふん、それくらいは任せておけ」
 「ご安心ください、旦那様」
 やれやれ……
 強大な魔人とやらを二人もメイドとして使っているなど、世界広しと言えども俺ぐらいかもな。
 コルチャスキーは苦笑した。

                   ******

 「本当にお世話になりました」
 ルトフスキー家の玄関先でぺこりと頭を下げるリーシア。
 すっかり回復して頬にも血色が戻っている。
 見るからに活発そうな元気娘だ。
 数日前の衰弱した雰囲気はもう微塵もない。

 「コルチャスキー殿、我が家のメイドの面倒を見ていただいたこと、礼を申します」
 ルトフスカヤ夫人もにこやかに礼を言う。
 「いえいえ、こちらこそ差し出がましい真似をしたと恥じ入っております。ただ、彼女が元気になられてよかった」
 どうやら先日の一件を夫人はよく覚えていないようだ。
 まあ、ペンダントを通じて魔物に支配されていたのだから、その間の記憶があいまいなのだろう。
 それはそれでいいとコルチャスキーは思う。

 「それではこれで失礼いたします。馬車を待たせておりますので」
 コルチャスキーが頭を下げ、背後に控えるヴァレフィアもそれに倣う。
 夫人はなにがしかのもてなしをと思ってはいたようだが、これ以上関わることもあるまい。
 早々に辞去して待たせた馬車に乗り込むコルチャスキー。
 すぐにヴァレフィアもあとに続く。
 二人を乗せた馬車はガラガラと車輪の音を響かせて、ルトフスキー家を後にした。

 「やれやれ、これで一段落だな」
 ふうとシートにもたれかかって息をつくコルチャスキー。
 「ふん、結局ただ働きとは酔狂なことだ」
 「あの家の人間たちは“女神”に利用されていただけだからな。事細かに説明して金を要求するなど俺には無理だよ」
 「ふふん」
 コルチャスキーの返事にヴァレフィアは苦笑する。
 そもそも、“女神”とやらを消滅させたのはミズラフィアであって自分ではないのだ。
 金などもらえるはずもない。

 「それよりも一ヶ所寄るがいいか?」
 「寄り道? 別にかまわぬし、そもそもそなたはわれの旦那様だ。われはおとなしく付き従うのみだぞ」
 「ふふ……そうだったな」
 今度はコルチャスキーが苦笑する。
 今のところは……かな?

 「メガネ屋?」
 「ああ」
 市場の一角で馬車を止めて降りるコルチャスキーたち。
 そのまま馬車を待たせて一軒のメガネ屋に入っていく。
 「そなた……いえ、旦那様、お目を悪くなされたのですか?」
 すでに店の中であることを思い出し、慌てて言い直すヴァレフィア。
 「ん? ああ、いや、別にそうじゃないんだ。メガネが一つ欲しくてな」
 「目が悪いわけではないのにですか?」
 「ん……まあな」
 言葉を濁しつつ女性用の眼鏡のコーナーに向かうコルチャスキー。
 そこで店主に言いつけ、ケースから一つ取り出してもらう。

 「かけてみろ、ヴァレフィア」
 「は?」
 ヴァレフィアがメガネを渡され、唖然とする。
 「だ、旦那様、わ、私は目は……」
 「いいからかけてみてくれ」
 目は悪くないと言いかけたヴァレフィアをコルチャスキーはさえぎる。
 「は、はい」
 仕方なく渡されたメガネをかけてみるヴァレフィア。
 「あれ?」
 特に視界がゆがんだりはしない。
 「これは?」
 「まだ特に度が入っているわけじゃないからな。見え方に問題はあるまい? それよりもそのままじっとしててくれ」
 「は、はい」
 仕方なくおとなしくじっとするヴァレフィアを、コルチャスキーはしげしげと眺めていく。
 「ふーむ……どうかな?」
 「いやぁ、良くお似合いですよ旦那さん。この子のかわいさが増したっていうものです」
 にこにこと愛想よく答える店主。
 まあ、売りたいのだから似合うとは言うだろう。
 とはいえ、メガネをかけたヴァレフィアは悪くない。
 店主の言う通りかわいさが増している感もある。
 これにするか……

 「よし、これにする。お願いします」
 コルチャスキーはヴァレフィアから目眼を外し、店主に渡してケースに入れてもらうように頼む。
 「えっ? レンズに度は?」
 「いらない。このままでいい」
 「さようでございましたか。かしこまりました」
 伊達メガネでいいと知り、すぐにケースを用意しに行く店主。
 「旦那様、あれはいったい?」
 「後で説明するよ」
 「はあ……」
 ヴァレフィアは困惑するしかない。

 「そのメガネはどうするつもりなのだ?」
 メガネ屋を出て馬車に戻ったヴァレフィアは、さっそくコルチャスキーに聞いてみる。
 「ん? ミズラフィアに渡そうと思ってな」
 「ミズラフィアに?」
 「ああ……」
 コルチャスキーはケースからメガネを取り出し、フレームに嵌まったガラスを眺めている。
 「うん……たぶんなんとかなるだろう……」
 コルチャスキーは微笑んだ。

                   ******

 「お帰りなさいませ旦那様、ヴァレフィアお姉さま」
 玄関に出て帰ってきた二人を出迎えるミズラフィア。
 「ただいま。しばらく部屋にこもる。夕食になったら呼んでくれ」
 「あ、はい。かしこまりました」
 挨拶もそこそこにすぐに自室に向かってしまうコルチャスキーに、ミズラフィアはそう返事するしかない。
 「まったく……あわただしいことだ」
 一歩遅れて家に入ってきたヴァレフィアも、苦笑しつつコルチャスキーの後ろ姿を見送るだけ。
 「どうかしたのでしょうか?」
 「ミズラフィアにメガネを渡すつもりらしいよ」
 「は? メガネですか?」
 「そういうこと」
 言われて思わずきょとんとするミズラフィア。
 どうしてメガネなど……

 「ミズラフィア、ちょっといいかな?」
 「え? あ、はい、旦那様」
 夕食には普通に顔を出し、二人の用意してくれた夕食を食べて食後のお茶を飲んでいたコルチャスキーがミズラフィアを呼ぶ。
 ざっとした片づけを終え、ヴァレフィアと一緒に今日の分のチョコレートを楽しんでいたミズラフィアは、すぐに席を立ってコルチャスキーのもとに来た。
 「これをかけてみてくれないか?」
 ミズラフィアに手渡されたのはメガネのケース。
 中にはメガネが入っている。
 ヴァレフィアお姉さまの言ったとおりだ。

 「これは? あの……私は目は」
 「いいからかけてみてくれ」
 コルチャスキーににこやかにそう言われ、ミズラフィアはとりあえずメガネをかけてみる。
 「あれ?」
 予想に反して視界がゆがまないことに驚くミズラフィア。
 メガネというものはレンズを使っているために、目の悪くない者にはかえって視界がゆがむと聞いていたからだ。
 「うん。問題ないようだな。一度はずしてくれ」
 「あ、はい」
 ミズラフィアが眼鏡をはずす。
 「もう一度かけて」
 よくわからないものの、言われたままにメガネをかけるミズラフィア。
 「うん、大丈夫だ。見え方に問題はないか?」
 「ええ、はい。大丈夫です」
 確かに見え方は問題ない。
 かけてないときと同じように見えるのだ。

 「ちょっとおいで」
 「はい」
 コルチャスキーはミズラフィアを洗面所へと連れて行く。
 そこには鏡があるからだ。
 「見てごらん」
 「はい。えっ?」
 コルチャスキーに言われ、鏡を見るミズラフィア。
 そこには普段見慣れた自分の顔が眼鏡をかけていたが、その目は青かったのだ。
 「えっ? ええっ?」
 慌てて眼鏡をはずしてみるミズラフィア。
 すると目はいつものように赤い。
 あらためてメガネをかけてみると、目の色は青くなる。
 これは不思議なメガネだ。

 「ふん……やはりそういうメガネであったか」
 いつの間にかヴァレフィアも洗面所にやってきている。
 「ああ……リルシェバがどうしてミズラフィアの目を赤くしたのかは今度聞いてみるつもりだが、とりあえずはこれをかければ普通に外出しても問題はあるまい?」
 「そうだな。この街には青や茶の目の人間はおるが、赤い目の人間は見ないからな」
 腕組みをしてうんうんとうなずくヴァレフィア。
 「そのために私にメガネを?」
 「ああ。聖レドフスキーの日にはちょっと早いが、プレゼントとして受け取ってもらえるとありがたい」
 コルチャスキーがミズラフィアにうなずく。
 「ありがとうございます旦那様。とてもうれしいです」
 ぱあっと顔が明るくなるミズラフィア。
 うれしいというのは間違いなさそうだ。
 「よかったなミズラフィア。これで今度は一緒に街に出かけられる」
 「はい。旦那様も一緒に」
 ヴァレフィアとミズラフィアがにこやかに笑い合う。
 やれやれ……
 これからは出歩くときには二人とも連れて行かないとならないな……
 コルチャスキーはそう思う。
 だが、それも悪くない。
 今回は二人のおかげで助かったのだ。
 アザロフのチョコを予約しに行くついでに、二人と街を歩くのもいいかもしれないな。
 きっと楽しい時間になる。
 コルチャスキーの口元には、思わず笑みが浮かんでいた。


END

以上です。
ちょっとあっけない話になってしまいましたが、なにせ二人が強力でして。
(^o^;)ゞ

よろしければ感想コメントなどいただけますと嬉しいです。

それでは今年も「舞方雅人の趣味の世界」をよろしくお願いいたします。
ではではまた。
  1. 2023/01/03(火) 19:00:00|
  2. その他短編SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

女神の涙 (前)

今年最初のSSは、昨日告知しました通り過去作「チョコレートの魔力」の続編です。

私自身この作品に登場したヴァレフィアとミズラフィア、それにコルチャスキーが気に入ったもので、いつか続編は書きたいなと思っておりました。
今回ようやく書きあがったので、投下させていただこうと思います。
タイトルは「女神の涙」です。

一種のファンタジーであり、悪堕ちでも異形化等でもないSSですが、楽しんでいただけますと嬉しいです。
それではどうぞ。


女神の涙

 窓の外を雪が降る。
 気温もかなり下がっているようだ。
 幸い室内は暖炉のおかげで温かい。
 パチパチと薪が燃える音が静かな部屋に響いている。

 キッチンの方では夕食の後片付けをしているようだ。
 二人の楽しそうな話し声が聞こえてくる。
 ミズラフィアもすっかりあの躰に慣れたのか、動きがスムーズになって皿を割るなどのミスもほとんど無くなった。
 ヴァレフィアとも仲良くやっているらしい。
 今では二人で楽しそうにチョコレートを食べる姿が当たり前になっている。
 今日も後片付けが終われば、彼の与えるご褒美のチョコレートを食べるのだろう。
 コルチャスキーはそう思う。

 「さてと……」
 それはともかく……これをどうしたものか……
 ポケットにしまわれていた革袋から、宝石を加工したと思われるペンダントを取り出すコルチャスキー。
 彼の手の中で鎖の音がチャラッと鳴る。
 八角形に削られた真っ赤で透明感のある石をペンダントヘッドにしたペンダントだ。
 「“女神の涙”……ねぇ……」
 コルチャスキーはそうつぶやき、暖炉の炎の明かりにかざしてその石を見つめる。
 美人だった母の影響か、彼の顔はかなり整っている方だろう。
 雰囲気的には軍人というよりも、どこか学者や研究者といった雰囲気を持っている。
 軍人がそれなりにもてはやされるこの国においては、彼は軍の少佐ということもあってそれなりに見合いの話なども持ち込まれてくる。
 いくら整った顔でも、学者や研究者ではそうはいかなかったかもしれない。
 もっとも、本人にしてみればそんなことは煩わしいだけなのか、断ることが大半だ。

 「何を見ているのだ、マージェコフ?」
 トレイにお茶のセットを載せて持ってくるヴァレフィアが、コルチャスキーに声をかける。
 そのあとにはミズラフィアがお湯のポットを持ってついてきていた。
 二人とも黒いメイド服に白いエプロンとホワイトプリムが良く似合っている。
 髪の色と目の色の違いはあるが、二人ともよく似た容姿をしており、双子と言っても通りそうだ。
 それもそのはず、この二体は彼の妹であるリルシェバが作り上げた人形である。
 とはいえ彼女たちがまだ幼さを感じる十四、五歳の少女ではなく、人の手で作られた人形だと見抜けるものはよほど魔術に通じた者でなければ無理だろう。
 それだけリルシェバが作り上げた人形が精巧であるのと同時に、人形に封じられた二体の魔人がその魔力でこの躰を人間のように見せかけているというのも大きいのだ。

 「ん? これか? “女神の涙”……だそうだ」
 コルチャスキーは苦笑しながら、ペンダントの鎖を持ってぶら下げる。
 「はあ? めがみのなみだぁ? そんな赤い石なのにか?」
 露骨にバカにしたような表情を浮かべるヴァレフィア。
 全くこいつは……
 よく人形であるその躰でそこまでの表情をさせられるものだとコルチャスキーは思う。
 どう見ても人間の少女そのものではないか……
 「まあ、どうもそうらしい。もっとも、そんな名前はこいつを売るために誰かが勝手に付けた便宜上のものだろう。実態は女神の涙とは似ても似つかない物だからな」
 コルチャスキーは持っていたペンダントをテーブルの上に置く。
 「実態?」
 テーブルに置かれたペンダントに目を移すヴァレフィア。
 「ああ……どうもこいつはこの石の中に何か魔物を封じていたようなのだ。すでに中身は空っぽで抜け殻だが……」
 「中身が空っぽ?」
 「ああ、ヴァレフィアなら、こいつから何か感じるか?」
 コルチャスキーにそう言われ、テーブルにトレイを置いたヴァレフィアがペンダントを手に取ってみる。
 「むぅ……確かに残滓のようなものがないわけではないが……やはり抜け出した後だな。何も入ってはいない」
 手にしたペンダントをコルチャスキー同様に暖炉の炎にかざしてみるヴァレフィア。
 「だろうな。中に入っていたものが何者かはわかるか?」
 「無理を言うな。われにもその程度の残滓だけでは何者が入っていたのかなどわかるはずもない。だが、そのような石に封じられてしまうなど、たいしたやつではないな」
 ペンダントをテーブルに戻し、ミズラフィアの持ってきたお湯をティーポットに入れてお茶を淹れていくヴァレフィア。
 このかわいらしいとしか言いようのないメイドの少女の中身が強大な力を持つ魔人だとは、余人には想像もつかないだろう。

 「はい、お茶が入りましたわよ、旦那様」
 わざとらしくメイドの口調でカップを差し出すヴァレフィア。
 家の中など他人がいない場所では先ほどのようなぞんざいな口を聞くくせに、時々メイド口調でからかってくるのだ。
 一方ミズラフィアはたいていがメイド口調で接してくる。
 どうも今の躰が気に入ったらしく、この躰に自分を封じたコルチャスキーと、その妹でこの躰を作ったリルシェバを尊敬したのだとか。
 もっとも魔人のことだから、そう見せかけていつか寝首を掻こうとしているという可能性もなきにしもではある。
 「うん。美味い」
 カップを受け取り、お茶を飲むコルチャスキー。
 これは嘘ではない。
 ヴァレフィアの淹れるお茶は美味しく、相当に腕を上げたのは間違いないのだ。
 だいぶ練習をしたんだろうな……
 強大な力を持つ魔人がお茶を淹れる練習をしているなど、ほかの魔人が知ったら笑いものになるかもしれんというのに。

 「美味しいです」
 「ふふん。われが淹れたのだから当然ではないか」
 ミズラフィアとヴァレフィアも席に着いて、お茶と一緒にチョコレートを楽しんでいる。
 二人は人形の躰であり、かつ魔人であるために基本的に食事の必要はない。
 たまに魔力を使い過ぎたときなどには補充が必要なようだが、まあ、ミズングムが封印から抜け出そうとしたときのように大量の精気を必要とするようなことは今はもう無いので、適度に精気を吸わせるために人ごみに連れ出せばなんとでもなる。
 だから、食事は主にコルチャスキーだけが取ればいいのだが、それではつまらないのか、だいたいは二人も一緒に少なめの量の食事をする。
 むしろ二人にとっては食後のこのチョコレートを食べるお茶の時間の方が重要なのだ。
 なので、二人ともなんとも幸せそうに食べているので、コルチャスキーも見ていて楽しくなる。

 「それで、なぜそのようなものがここにあるのだ?」
 ヴァレフィアがペンダントのことを問いかける。
 「ん? 頼まれごとだ。厄介な……な」
 カップからお茶をすすり、ふうと息を吐くコルチャスキー。
 「厄介なのですか? 何か手伝えることはありますか、旦那様?」
 あむあむとチョコを食べながら赤い目でコルチャスキーの方を見つめるミズラフィア。
 顔立ちは似たようなものなのに中身が違うせいか、ミズラフィアはどことなく小動物的可愛らしさがある。
 「ん? まあ何かあれば頼むさ。今のところは何もない。というより、どうしたものかと思っている」
 「どういうことだ? 奥歯にものが挟まったような言い方をするではないか」
 「うーん……どこまでやればいいかと思ってな……」
 チョコから目を離そうともしないヴァレフィアの言葉に、コルチャスキーもその通りだとは思うのだ。
 だが、言葉通りなら何もする必要がない頼み事だからと、何もしなくていいものかどうか……

 「この“女神の涙”はゴリューコフ伯爵からの預かり物だそうでな。伯の奥方への贈り物なんだそうだ」
 「奥方への贈り物?」
 ちらっと再びテーブルの上のペンダントに目をやるヴァレフィア。
 「ああ、奥方に良く似合いそうだと手に入れたらしい。だが、前の持ち主含めその周囲で変死が相次いだらしくてな、このペンダントは呪われているのではないか、呪われているのであればその呪いを解いてくれないか……だそうでな。なぜか俺のところに話しが回ってきたのさ」
 そこまで言って、またカップのお茶を一口飲む。
 「それはおそらくこの中にいたものが外に出るために力を得ようとしたのではないですか?」
 「そうに決まっている。そのような石にいつまでも閉じ込められている愚か者などそうはいないからな」
 ミズラフィアの言葉にうなずき、ペロッと指についたチョコを舐めるヴァレフィア。
 「よかったではないか。それはもうとっくに抜け殻になっている。呪いとやらはもう起きはしない。そう言って伯爵からたんまり手間賃をもらえばいい」
 ヴァレフィアがにやりと笑みを浮かべる。
 本人は凄みを見せているつもりなのだろう。
 「ゴリューコフ伯についてはそれでいいだろう。だがなぁ……封じられていた何かが抜けだしたと知ってしまって、何もせずにいていいものか……とな」
 「ふん。苦労性で酔狂なことだ。放っておけばいいではないか。安心しろ。その石に封じられる程度のやつがどれほど力をつけようと、そなたには手は出させん」
 ヴァレフィアの言葉にこくこくと真剣な表情でミズラフィアもうなずく。
 この二人……頼もしいというべきかなんというか。
 コルチャスキーは苦笑する。
 心配なのはそんなことではないのだ。
 むしろ、こいつらレベルであれば暴れ出したりでもしたらすぐわかる。
 対処できるかどうかは別にして。

 しかし、力を中途半端に持つ者はその力をこっそり使おうとするかもしれない。
 自分は表に出ずにひそかに影響を及ぼそうとするかもしれないのだ。
 そうなるとなかなか見つけ出すのは難しい。
 そして気が付いた時には、町一つをまるごと焼くしかなくなっている場合もありうるのだ。
 はたして放っておいていいものかどうか……

 「とりあえず、明日ゴリューコフ伯に会いに行く。ヴァレフィア、お前は付き合え。ミズラフィアは悪いが留守番してくれ」
 ペンダントを再び皮袋に入れてポケットにしまい、コルチャスキーは二人に明日のことを伝える。
 「むぅ……たまにはわれではなくミズラフィアを連れていけばいいではないか」
 他人と会うのがめんどくさいのか、不満そうに頬を膨らませるヴァレフィア。
 「私ならいつでもお供いたしますが」
 対照的にミズラフィアはすっと立ち上がる。
 彼女としては一緒について行きたいところなのだろう。
 いつも外出はヴァレフィアの役目であり、ミズラフィアは留守を守ることがほとんどなのだ。
 「いや、悪いがミズラフィアは留守番を頼む。やはりその赤い目はどうしても人目を引いてしまう。余計な注目を引き付けたくはないのでな」
 「あ……」
 コルチャスキーの言葉にハッとしたようにまた座るミズラフィア。
 「すまん。今度リルシェバにその目を普通の青い目にできないか聞いてみる」
 「あ、いえ。私は留守番で構いません。それに……私、この赤い目がとても気に入っているんです」
 にっこりとほほ笑むミズラフィア。
 確かに彼女の赤い目は美しい。
 ヴァレフィアの青い瞳とはまた違う魅力がある。
 「困ったやつだ。魔人のくせに人形の中が居心地がいいとか、赤い目が気に入ったとか、ろくなことを言わぬ」
 カップのお茶の残りを一気に飲み込むヴァレフィア。
 「でも、ヴァレフィアお姉さまも、ベッドの中で私の赤い目が素敵だってささやいてくれたじゃないですか」
 「ゲホッ! ご、誤解を招くような言い方はやめるのだ!」
 思わずお茶をのどにつかえさせてむせているヴァレフィアを、クスッと笑みを浮かべて見ているミズラフィア。
 なんだかんだと仲がいい。
 「でも本当のことですよ、ヴァレフィアお姉さま」
 「むぅ……青い目ではどうも力を使った気がしないのだ。われらは力を使うときには目が黄色や赤く輝くのが普通だからな」
 プイと目をそらすヴァレフィア。
 まあ、だからこそ、力を抑えるためにもリルシェバはヴァレフィアの目を青くしたのかもしれん。
 だとすれば、ミズラフィアの目を赤くしたのはなぜなのか……
 それは今度聞いてみる必要があるな……

 「ふん……たまにはマージェコフと一緒に外出させてやろうと思ったものを。仕方ない。われが一緒に行ってやろう」
 そう言うわりにはどことなくウキウキしているようなヴァレフィア。
 おそらく彼女自身一緒に外出したかったに違いない。
 他人と会うときにメイドとしてふるまうのが面倒なだけなのだ。
 「まあ、そういうことだ。外出の支度をしておけヴァレフィア。それと、早く寝ておけよ」
 「ふふん……かしこまりましたわ、旦那様」
 鼻を鳴らしながらすっと立ち上がり、嫌味っぽく優雅にカーテシーで一礼するヴァレフィア。
 やれやれだ。

                   ******

 ガラガラと車輪の音を立てて町の通りを行く、一台の箱型馬車。
 車内には深緑色の軍用コートを身にまとった焦げ茶色の髪の青年将校と、黒のメイド服を着た金髪の少女が乗っている。
 朝からいい天気ではあるものの、夜に降った雪のせいで街はうっすらと白くなっている。
 まだ本格的な冬ではないものの、すべてを閉ざす雪の季節はもうすぐだ。

 だが、首都スクロヴァは活気のある街だ。
 人口も多い。
 通りには人々が行き交い、その人たちの声でざわめいていた。
 商店のショーウィンドウには飾り付けがなされ、もうすぐ子供たちが楽しみにしている日もやってくる。
 「そうか……もうすぐ聖レドフスキーの日か……」
 窓の外を通り過ぎる飾り付けられた街を見ながら、コルチャスキーが思わずつぶやく。
 聖レドフスキーの日とは、その昔善い行いをした人に贈り物を授けたという賢者レドフスキー師にあやかり、一年間良い子にしていた子供にご褒美としてプレゼントを贈るという日だ。
 最近では子供ばかりではなく、大人同士でもプレゼントのやり取りをしたりもするらしい。
 とはいえ聖レドフスキーの日などコルチャスキーは最近は気にもしたことがなかった。
 親がいたころには楽しみにもしたのかもしれないが、師匠についてからはそういった行事などとは無縁の生活だったからだ。

 「ふん……聖者にかこつけて贈り物をやり取りするとか、人間も下らぬことをするものだ」
 ヴァレフィアが隣で同じように窓の外を見てつぶやく。
 「まあ……そういうな。楽しみにしている者もいるのだ」
 「ふん……」
 つまらなさそうに鼻を鳴らすヴァレフィア。
 「ヴァレフィアは何が欲しいんだ?」
 「なっ?」
 驚いてヴァレフィアはコルチャスキーの方を振り向き顔を見る。
 「な、何を言っている?」
 「聖レドフスキーの日だからな。お前にも何か欲しいものがあったらプレゼントの一つでもとな」
 ニヤッと笑うコルチャスキー。
 まあ、なんだかんだこいつはメイドとしてよくやってくれているのだ。
 プレゼントの一つくらいは贈ってもよかろう。

 「わ、われはプレゼントをもらって喜ぶような子供ではないぞ!」
 子供扱いされたと感じたのか、ヴァレフィアの声がやや荒くなる。
 外見からはまだ少女と言っても通用するのは間違いないのだが。
 「アザロフのチョコの詰め合わせなんかどうだ?」
 その言葉を聞いた瞬間、ヴァレフィアの目が怒りから喜びへと変化する。
 アザロフとはお菓子の高級店の名であり、そこのチョコレートは絶品なのだ。
 とはいえ、やはりそれなりに高価なことは間違いなく、コルチャスキーもそう毎度毎度二人に食べさせてやることもできない。
 だからこういう機会にでもと思ったのだ。
 「今から予約をしておけば、何とか手に入るだろう」
 「も……」
 「も?」
 「も……もらって差し上げてもよろしいですわよ旦那様。旦那様がどうしてもプレゼントをしたいというのであれば仕方ありませんもの」
 きらきらと目を輝かせており、さっきとは全く違う表情だ。
 やはり美味しいチョコにはかなわないらしい。
 やれやれ……素直じゃないやつめ。
 あとできちんと予約をしておかねばとコルチャスキーは心に刻む。

 そんな会話をよそに、馬車は市場のある大きな広場を通り抜け、高級住宅街へと入っていく。
 貴族たちの邸宅が立ち並ぶあたりだ。
 雰囲気も先ほどまでの通りとは全く違い、静けさが漂っている。
 そんな中、馬の蹄鉄の音と馬車の車輪の音だけが騒がしく響いていた。

 「マージェコフ」
 「ん? どうした?」
 その後しばし黙っていたかと思うといきなり自分の名を呼んできたヴァレフィアに、コルチャスキーは顔を向ける。
 「そなたはなぜ軍人などやっているのだ? そなたほどの腕なら、魔術師として充分独り立ちしていけるのではないか?」
 そなたはなぜ軍人など……か……
 いつしかヴァレフィアはコルチャスキーのことをお前とは呼ばなくなっていた。
 ある程度コルチャスキーのことを認めたということなのかもしれない。
 「そのことか……そういえば話してなかったな。まあ、簡単な話、俺は魔術師にはなりたくなかったからだ」
 ヴァレフィアから顔をそらして窓の外を見やるコルチャスキー。
 「なりたくなかった? われをこの躰に封じ込めるような腕の持ち主が?」
 窓の外を向いていたので表情は見えなかったが、おそらくヴァレフィアは驚いているのだろう。
 「そうさ。俺は魔術師になどなりたくなかった」
 「聞いても……いいか?」
 「そうだな。伯爵の屋敷まではもう少しかかるだろうから、話してもいいか」
 コルチャスキーは馬車のシートの上で座り直す。

 「我が家は代々魔術師の家系だそうでな……まあ、その例に漏れず、父も魔術師だったわけだ」
 「そなたの父が……」
 「ああ……まあ腕はそこそこよかったそうだが、一級の魔術師というわけでもなかった。この職は持っている素質のようなものが大きいからな」
 「うむ。そうであろうな……」
 ヴァレフィアがいつになく真剣な表情でコルチャスキーの言葉を聞いている。
 「父と母は政略結婚でな。いわゆる魔術師の家同士の結婚だったのさ。結婚によって結びつきを強めるというのはよくあることだ。資質の高い子が生まれる可能性も高くなる。とはいえ、母は結構心から父を愛していたとは思うぞ。そうでなければ……」
 少し言葉を区切るコルチャスキー。
 「そうでなければ?」
 先を促すヴァレフィア。
 「母は父の補助に全力で当たっていた。母の補助を得て、父はかなり強力な術も使えるようになったという話だ。昔も今も、魔術師の仕事の一つは魔物の排除だ。あのミズラフィアの件と同じだな。で、父にもそういう仕事はそこそこ舞い込んでいたのさ」
 「魔物の排除か……」
 ヴァレフィアの表情が少し曇る。
 自分は人間にとっては排除されるべき存在だというのを思い出したのかもしれない。

 「ある日、父は母を連れて魔獣退治に出かけたそうな。よくある話だが、そこで母は命を落とした。父が母を守り切れなかったのさ」
 「な……」
 ヴァレフィアが言葉を失う。
 「父も母を愛していたんだろうな。母を失った父は相当がっくりと来ていたらしい。らしいというのは、俺はその時ちょうど師匠のもとに出されていて、父や母のそばにいなかったからだ」
 「師匠?」
 「ああ。俺の魔術の師匠でな。ゴンニャロン・ブラムスキーという方だ。数年前にお亡くなりになられたが、魔術師としては一級の方だった」
 「ブラムスキー? そなたの師匠はブラムスキーなのか? なるほど、そなたの腕がいい理由が分かったぞ」
 聞き覚えのある名に出くわして驚くヴァレフィア。
 「師匠の名を知っているのか?」
 コルチャスキーもヴァレフィアがその名を知っていたことに驚く。
 「ゴンニャロン・ブラムスキーといえば、少し前に魔人たちの間で気を付けるべき人間ということで名を聞いたことがある。そうか……すでに死んでいたのか」
 「お前たちとは寿命が違うからな。お前たちにしてみれば数日会わないようにしていればいいぐらいな感覚だろう。その間に相手は寿命で死ぬ」
 「確かにな……すまぬ、話の腰を折ったな。続けてほしい」
 「ん……ああ……母を失ったことは俺にとってもショックだった。何のための魔術だ。愛する人を、守るべき人を危険な場所に連れて行き、あまつさえ守り切れない魔術師とはいったい何なのだとそう思ったさ。だから俺は魔術師になどなるのはやめようと思った。父の跡を継ぐのはやめようと」
 コルチャスキーは背もたれにもたれかかり、両手を頭の後ろで組む。
 「修業は楽しかったのでな、やめようとは思わなかった。だが、魔術師にはならないと心に決めたのさ。俺は愛する人を一緒に危険な場所に連れていくのではなく、愛する人のいる場所を守るために戦う者になろうと思った。だから軍人になったのさ」
 ふふんとやや自嘲気味に笑うコルチャスキー。

 「そんな理由が……」
 初めて聞くコルチャスキーの言葉にやや困惑するヴァレフィア。
 まさか彼ほどの腕の持ち主が、魔術師になりたくなかったとは思いもしなかったのだ。
 「まあ、そう簡単な話でもなかったがな。母の死に俺以上にショックを受けたのはリルシェバだ。あいつは父を母殺しとののしって家を飛び出した。あいつは母と同じ腕のいい依り代作りだったのだがな。まあ、そのおかげで今でも人形職人なんかやっているが」
 「われの躰を作ったのは依り代作りの技術だったのか……」
 改めて自分の躰を見直すヴァレフィア。
 その精巧さはヴァレフィア自身が日々感じている。
 魔人を封じ込めた上で自在に動かせるような人形など、聞いたことも無かったものだ。
 「で、俺の方はと言えば、最高のタイミングで父に家も跡も継がないと言ってやろうなどと愚かなことを考えてな。修業を終えて代替わりを父が皇帝陛下に願い出るタイミングを見計らって言ってやるつもりだったんだが……その前に父が死んでな。おかげで家も跡も継がないなどと言ったところでどうしようもなく、コルチャスキー家の跡を継ぐことになったのさ。まあ、魔術師ではなく軍人になるという願いは、皇帝陛下やラブノフスキー公、メシャコフ候などのお力でかなえていただいたが……結局参謀本部付の魔術師みたいなことになってしまっている。やれやれだ」
 ふうとため息をつくコルチャスキー。
 なんというか、思い通りにいかないことの多いことよ。

 「そうだったのか……すまぬ。話しづらいことを話させてしまったな」
 ヴァレフィアがぺこりと頭を下げる。
 「なに、いいさ。お前がすごく真剣な表情で聞いてくれたのでな。その顔を見ているのもおつなものだったぞ」
 「な? 何を言って!」
 「お前の顔はかわいいからな。見飽きない」
 ふふっと笑うコルチャスキー。
 「ふ、ふざけるな! われをかわいいなどと!」
 そういいつつもやや赤くなるヴァレフィア。
 本当にこの躰は精巧にできている。
 リルシェバの腕は大したものだ。
 「怒るな。そんなことよりそろそろ着くぞ」
 「わ、わかっている」
 ヴァレフィアはこの湧き上がった感情をどうしようもなく、ただそっぽを向くしかできなかった。

                   ******

 ゴリューコフ伯爵の屋敷は大きいものだった。
 玄関先では数人のメイドが待ち受けてコートやら帽子やらを奪い取るように受け取り、彼らを応接室へと案内する。
 「なかなかに大きなお屋敷ではないか」
 応接室のふかふかの椅子に座って足をぶらぶらさせながら、出されたお茶に手を出そうかどうしようかと迷っている様子のヴァレフィア。
 だが、コルチャスキーがお茶に手を出さずにいるので、彼女も手を出せないでいるようだ。
 「ゴリューコフ伯は伯爵とは言っても、財力ではそこらの侯爵や公爵では話にならんほどのものを持っているからな。皇帝陛下の覚えもめでたいし、あんまり不興は買いたくない相手ではある」
 椅子に座って静かに伯爵を待っているコルチャスキー。
 「実力者というわけだ……」
 思わず居住まいを正してしまうヴァレフィア。
 彼女自身は人間になどどう思われようともかまわないが、コルチャスキーが悪く思われるのは避けたいのだ。

 「うむ、待たせたな。ホリド宮から来てくれたとか。わざわざ来てもらいご苦労」
 やがてこの屋敷の主である老伯爵が姿を現す。
 その身分にふさわしい仕立てのいい服を身に着け、年の割には若々しさを感じさせる声の持ち主だが、やはり顔には深く刻まれたしわがあり、高齢であるのは間違いない。
 「ハッ、伯爵様にはご機嫌麗しく。参謀本部より参りましたコルチャスキーです。本日は無作法ながら我が家の使用人一人を連れてまいりました事、お許しくださいませ」
 すっと立ち上がって一礼するコルチャスキー。
 もちろんヴァレフィアも立ち上がって優雅に一礼をする。
 「よいよい。コルチャスキーとやら、貴官がホリド宮の魔術師と呼ばれる男か。なるほど、いい面構えをしておる」
 にこやかに椅子をすすめ、自分も席に着く老伯爵。
 ホリド宮とは陸軍参謀本部の別称で、首都郊外にかつては離宮として建てられたものだったが、のちにそのまま参謀本部として使われることになったためそう呼ばれているのだ。

 「すると、あの依頼の件で来てくれたということでよいのだな?」
 柔らかそうな椅子に深く座り直してテーブルの上で両手を組む伯爵。
 「はい。その件で」
 コルチャスキーも席に着いて胸ポケットから皮袋を出す。
 そしてその中から、例のペンダントを取り出してみせる。
 赤く輝くペンダントヘッドが光を浴びてより一層光り輝く。
 「おお、していかがであった? やはり呪われていたかね?」
 「いえ、ご安心ください。このペンダントは呪われてなどおりませんでした」
 ペンダントをテーブルに置き、袋をポケットにしまいながら、老伯爵を安心させるように穏やかな口調で話すコルチャスキー。
 「本当かね? このペンダントの持ち主は次々と不幸に襲われていたというじゃないか。そのようなものを妻に渡して大丈夫かと心配になったのだが、本当に大丈夫かね?」
 「はい。このコルチャスキーが保証いたします」
 念を押してくる老伯爵に、コルチャスキーがしっかりとうなずく。
 「そうか。ホリド宮の魔術師が言うのなら心配あるまい。これで妻の誕生日にこれを渡すことができる。ありがとう」
 ホッとした安堵の表情でペンダントを手に取る老伯爵。
 それなりにかもしれないが、奥方を愛しているのは間違いあるまい。

 「ところで伯爵様、つかぬ事をお聞きしますが、なぜそのペンダントが呪われていると思われたのです? まさか売主がそのようなことを言って売りつけようとしたわけではありますまい?」
 老伯爵の財力目当てにペンダントを売ろうとするような相手が、正直に呪われてますなどと言うはずがないのだ。
 むしろ幸運を呼ぶだの寿命が延びるだの言って売りつけた方がはるかに買ってくれるだろう。
 「もちろんだとも。あの宝石商は奥方に似合うだの健康で長生きができるだの言っておったわ。まあ、そんなことを言う舌など引っこ抜いてやったがな」
 呪いの品を売りつけた相手に対する仕打ちをさらっと言ってのける老伯爵。
 実際に行ったかどうかはともかく、高級貴族にとって一般の平民などその程度の扱いなのだ。

 「それでその宝石商が納品に来た時、たまたま知り合いのグラホフが来ていてな。奴がそのペンダントに見覚えがあったというわけなのだ」
 「グラホフ殿とは……失礼ながら参謀次長閣下でありましょうか?」
 アンジェイ・グラホフ将軍のことであれば参謀本部次長職にある人物であり、ホリド宮のナンバー2である。
 「そうじゃよ。奴はわしの近衛第一騎兵連隊のころの部下でな。よく面倒を見てやったものよ。今回のことも奴が君に依頼したのであろう?」
 にこやかに過去のつながりを話す老伯爵。
 なるほど。
 道理で部外者であるはずのゴリューコフ伯の頼みごとが、自分のところになどくるのかがこれで分かったというもの。
 「グラホフは昨年だかに姪っ子夫婦を亡くしておってな。その姪っ子が夫にもらったのがこのペンダントとよく似ていたものだったそうだ。だが、それから姪っ子夫婦は災厄続きになったそうでな……」
 「災厄が?」
 「うむ。使用人が病気になったり急死したり、夫も病気になったということでな。気になったグラホフが占い師に尋ねたところ、何か呪いの品を持っているのではないかということになってな、姪っ子にそのことを告げると、どうもペンダントをもらってから災厄が起こった気がするとのことだったので、そのペンダントを手放すよう言ったものの、手放す直前だか直後だかに夫婦そろって急死したそうでな……」
 老伯爵の表情が曇る。
 姪御夫婦を亡くした元部下の心境を思ったのだろう。
 おそらく……
 封じられていた“女神”とやらが力を吸いまくったか……
 「それでわしが宝石商からペンダントを受け取り、そのペンダントを奴に見せたところ、姪っ子の持っていたペンダントに似ている、もしかして呪われた品ではないかということになってな。部下に魔術師がいるのでそいつに調べさせようという話になったのだよ」
 そう言って手にしたペンダントをテーブルの上に置く老伯爵。
 なるほどそういうことか……
 コルチャスキーはいささか苦い思いをしながらうなずく。
 やれやれだ。

                   ******

 伯爵家の者に馬車を用意してもらい、老伯爵の屋敷を後にするコルチャスキー。
 堅苦しい場を抜け出したことでややホッとする。
 それはヴァレフィアも同じと見えて、ふうと大きく息を吐いて馬車の椅子に深く座っている。

 「それで? どうだった?」
 屋敷が見えなくなったあたりでコルチャスキーがヴァレフィアに確認すると、ヴァレフィアは無言で首を振る。
 「やはりいないか……」
 「存在は感じなかったな。もし、あれであそこにいるとなれば、相当に気配を消すことに優れたやつということになるだろう」
 ヴァレフィアの言葉にうなずくコルチャスキー。
 彼としてもゴリューコフ伯の屋敷にペンダントから抜け出した“女神”とやらがいるとは思わなかったが、念のためにヴァレフィアにも来てもらったのだ。
 「さて……こうなると厄介だな。どこに“女神”とやらが潜んでいるやら……」
 「そのようなものは放っておいてもいいのではないか? それよりも……」
 「何か気になるのか?」
 屋敷を出てからヴァレフィアがずっと難しい表情をしていることにコルチャスキーは気づいていた。
 「あの伯爵、なぜ呪われているというペンダントを宝石商に突き返さなかったのだ? 自分や奥方の身が危うくなると思わなかったのか?」
 「ああ……その事か」
 コルチャスキーには大体の察しはついている。
 金持ちというやつは……

 「伯爵も、最初は特に何か思惑があったわけではあるまい。奥方に似合いそうなペンダントが、わりと安く手に入りそうだったので飛びついたのだろう」
 「わりと安く?」
 ヴァレフィアがきょとんとする。
 「呪われた品物だからな。宝石商だって早く手放したいだろう。となれば、相場より安い価格で売り出したと想像はつく。まあ、安いとは言っても伯爵にとってはという程度だが」
 「ああ、なるほど……」
 腕組みをしてうんうんとうなずくヴァレフィア。
 なんだか少女が背伸びをして大人ぶっているようでかわいらしい。
 「で、こんないいものを安く手に入れたぞと参謀次長閣下に見せびらかしたところ、呪われているのではないかと言われた。本来ならそこで突き返すところなんだろうが、伯爵は違った。もっと値切れると踏んだのさ。もしかしたらタダにできるとでも考えたのかもしれん」
 「タダに?」
 「伯爵にとっては呪われていようがいまいが基本的にはどうでもいいのさ。呪われた品を売りつけられそうになったと宝石商に文句を言って、少しでも値引かせようとしたのだろう。実際宝石商はかなり値切られたのではないかな」
 「だが呪いではないか。少々傷物だとかいうレベルではないのではないか? すでに抜け出した後だったからよかったものの、そうでなければその“女神”とやらに命を吸い取られていたのだぞ。それとも伯爵はすでに抜け出した後だと知っていたのか?」
 理解できないといった表情のヴァレフィア。
 「いいや、知っていたら俺が関わることもなかったさ。伯爵は呪いはどうとでもなるとわかっていたんだよ」
 コルチャスキーは苦笑する。
 「どうとでもなる?」
 「ああ。その場に参謀次長閣下がいたのではなく、誰か別の人間が呪いのことを持ち出していたのなら突き返していたのかもしれんが、どうも俺は伯爵はある程度ペンダントが呪われていることを知っていたのではないかと疑っている。だからこそ参謀次長閣下を呼んで見せびらかし確認させたのだ。姪御さんが呪いにかかわっていたし、何よりホリド宮の人間だからな」
 全く食えない伯爵だ……とコルチャスキーは思う。
 「ホリド宮の?」
 「そうさ。ホリド宮に元部下が、しかもホリド宮のナンバー2がその元部下なら使わない手はない。ホリド宮には誰がいる?」
 そこまで言われてヴァレフィアはハッとする。
 「ホリド宮の魔術師……そなただ」
 「そうさ。伯爵はまんまと参謀次長閣下を通して俺に呪いの解除を託すことができた。しかもタダでだ。参謀次長閣下からの頼み事だ。俺の上司のロバーチキン大佐だって無碍にはできない。結果として俺は大佐から命じられ、呪いの解除を引き受けざるを得ない。しかも軍内部の命令系統に乗ってくる仕事だ。別料金は取ることができない。給料分の仕事ということだ。つまり、伯爵は一デリムとも使わなくて済む」
 「なんと……」
 唖然として開いた口が塞がらないヴァレフィア。
 伯爵ともあろう高級貴族が値切るだの支払わないで済むだのケチにもほどがあるではないか。
 「今だってそうだ。馬車こそ都合付けてくれたものの、俺たちにはお茶の一杯とありがとうの言葉だけ。たんまりともらえる手間賃とやらはどこへ行った?」
 最後はやや意地悪くヴァレフィアに言うコルチャスキー。
 「むぅ……それはすまない……」
 うつむくヴァレフィア。
 「いや、今のはこっちが悪かった。最初から伯爵から金をもらえるなどとは思ってなかったからそんなのはどうでもいいのさ。それよりも……まだ付いてきているか?」
 そういってコルチャスキーは馬車の後ろを振り返る。
 「カラスのことか? 気付いていたのか」
 ヴァレフィアも後ろの窓から外を見る。
 そこから見える空に一羽のカラスが飛んでいた。

 「ふん……二週間ぐらい前から来るようになった奴だな」
 「ああ、俺も気がついてはいたがな。こうもあからさまにあとを付いてくるとは、今回の件に関係があるのかもしれんな」
 後ろを見るのをやめ、再び座席に深く座るコルチャスキー。
 「そなたの屋敷の周りにはすでに使い魔が十体はいるからな。いちいち気にはしていられないのはわかるが、放っておいてもいいのか?」
 「どうだかな……ホリド宮の魔術師とやらはずいぶんと動向を気にされているらしい。俺なんぞの動向を気にしても仕方ないとは思うのだがね」
 コルチャスキーはやれやれとばかりに肩をすくめる。
 「ま、今のところ我が国にケンカを売ってくるようなところもないようだし、戦端を開く前に先手を打って俺を殺しに来るようなこともなかろう。もっとも、そんな奴がいてもお前が黙ってはいないだろう?」
 「ふん、われやミズラフィアをあてにしているようだが、われがそなたを守るとでも思っているのか? そなたはわれをこの人形の躰に閉じ込めた術師だぞ! そのようなやつをわれが守るはずはなかろう!」
 キッとコルチャスキーをにらみつけてくるヴァレフィア。
 だが、その目には鋭さが欠けていた。
 「いいや……お前は俺を守るさ」
 ふふんと笑みを浮かべるコルチャスキー。
 だいたい夕べはそなたには手を出させんなどと言っていたではないか。
 「はあ? どうしてそういう結論が出るのだ?」
 ヴァレフィアがあきれたような表情をする。
 「まず第一にお前はとてもかわいい。そしてそのかわいい姿をお前は自分自身で気に入っている。第二にお前は今のところはその躰から抜け出したいとは思っていない。思っていないだけではなく、その躰でこれからもチョコレートを食べていたいのさ。だったら俺のもとで過ごすのが一番無難だ。ほかの奴のもとにその姿で行けば、何をさせられるかわからんからな」
 「うぐっ……ま、またしてもわれをかわいいなどと……われはかわいくなど……」
 なんとなく頬が赤くなるヴァレフィア。
 本当にリルシェバの作った人形は出来がいい。
 だからこそヴァレフィアがその躰をこうして魔力で人間のように見せて使いこなすこともできるのだ。
 「だから、俺は充分にお前を信頼し、お前を頼っているのさ。頼むぞ、ヴァレフィア」
 「ふん……われを頼りになどしますと、肝心な時に足をすくわれるかもしれませんわよ、旦那様」
 そういってヴァレフィアはプイとそっぽを向いてしまう。
 かわいいと言われてうれしいのだ。

 「さて……このまま屋敷へ戻るかどうするか……と言っても抜け出した奴の手掛かりと呼べるものはなく、あのカラスをつついても得るものはあるまいしな」
 「そうだな。所詮あの使い魔は目を提供しているにすぎん。使い手はどこかであのカラスの目を使ってわれらを監視しているのみ。カラスを捕まえてもつながりを切られて終わる」
 「そういうことだ。それにそもそもあのカラスの使い手が今回の抜け出した奴と関係があるかどうかも定かではないしな……おっと!」
 突然急停止した馬車に、思わず椅子からつんのめりそうになるコルチャスキー。
 「わあっ」
 ヴァレフィアも躰が浮いて放り出されそうになるが、とっさにコルチャスキーの左手が彼女の躰を受け止める。
 「大丈夫か?」
 「す、すまぬ。助かった」
 コルチャスキーの腕にしがみつくようにして躰を支えるヴァレフィア。
 意外なほどに軽いのは、やはり人形だからなのかもしれない。
 「なに、お前が無事ならそれでいい。ところでいったい何が?」
 コルチャスキーが馬車の窓を開けて外を見る。
 「どうしたんだ?」
 「すみませんです、旦那。この娘が突然道に倒れてきたんでさぁ」
 御者台の上から御者がコルチャスキーに返事をする。
 「娘?」
 見ると馬車の前、うっすらと雪が積もった道に一人のメイド服姿の若い女性が倒れていた。
 「なんだ? メイド?」
 思わずコルチャスキーは馬車を降りてその女性のそばに行く。
 「おい、君! しっかりしたまえ」
 倒れていた女性を抱え起こすコルチャスキー。
 だが、女性はぐったりとして意識がもうろうとしているようだった。
 「これはいかん。この近くに医者はいるか?」
 「ここからですとペトレンコ先生が近いです。が……あの先生は貴族しか診てくれませんぜ」
 渋い顔をする御者。
 「構わん。こういう時のための家名だ。その医者の所まで頼む。ヴァレフィア、手を!」
 「はい、旦那様」
 すぐにヴァレフィアもコルチャスキーに手を貸し、メイド姿の若い女性を馬車の中へと連れ込んでいく。
 「よし、その医者の所まで頼む」
 「へ、へい」
 コルチャスキーが馬車に戻ると、馬車はすぐに動き出した。

(続く)
  1. 2023/01/02(月) 19:00:00|
  2. その他短編SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

チョコレートの魔力

13周年記念SSも今日が三日目最終日。
本当はもっと長編とか書ければよかったんですが、それはまたいずれかの機会にと思いますのでご容赦を。

今日は以前Twitterでちょっと話していたものを形にしてみたやつです。
冒頭部分は掲示板にも載せたことのあるやつですね。
一応落ちをつけてSSとしてまとめてみました。
こういう世界観なんとなく好きなんですよー。

タイトルは「チョコレートの魔力」です。
書いていて、ヴァレフィアがとても可愛くてびっくりしました。
皆さんにも可愛いと思われるといいな。
それではどうぞ。


チョコレートの魔力

小雨に濡れる駅のホーム。
人影もまばらな夕暮れの駅に、一輌の蒸気機関車が客車を引いて入ってくる。
雨に機関車の煤煙のにおいが混じる中、客車から降り立つ一組の男女。
深緑色の軍用コートに身を包み、軍帽を目深にかぶった軍人と思しき若い男性と、黒のスカートに白のエプロンを組み合わせたメイド服を身にまとった、まだ少女と言ってもいいぐらいの若い女性。
一見すると奇妙な取り合わせの二人に、彼らをホームで待っていたであろう深緑色の軍服を着た兵士が近づいていく。

「失礼いたします。コルチャスキー少佐殿でいらっしゃいますか?」
「ああ、そうだが」
敬礼して尋ねてくる兵士の顔を興味無さそうに見やるコルチャスキー。
どうせ迎えに差し向けられただけであろう兵士になど興味があるはずもない。
「連隊本部よりお迎えに参りましたニコロフ軍曹であります。外に馬車を待たせておりますのでどうぞ。お荷物はそちらで?」
ニコロフ軍曹がメイドの前に置かれていたトランクに手を伸ばす。
「あ、結構です。私が持ちますので」
その手を制するようにメイドの少女が声を発する。
その声はやや高いものだったが、聞く者に鈴の音を思わせるような心地よさだ。
一瞬戸惑ったニコロフ軍曹はどうしたものかとコルチャスキーを見る。
「荷物は彼女が持つから問題ない。案内を頼む」
「了解しました。ではこちらへ」
コルチャスキーに無表情でそう言われ、ニコロフ軍曹は荷物から手を引っ込めると、そのまま二人を駅の外のロータリーに案内する。
そこには簡素だがボックス型の四輪馬車が待っており、ニコロフ軍曹がドアを開けて二人を中へと通す。
そのまま軍曹は御者台に上がったので、車内には二人だけが残された。

「ふふ・・・チョコレートが大事か?」
トランクを手元に置いて大事そうにしているメイドに、コルチャスキーは苦笑する。
「当然だ! チョコレートが無ければ誰がお前のメイドなどするものか」
ギラッとした目でコルチャスキーをにらみつけるメイドの少女。
その目は深い青であった。
「まあ、いつも通りにメイドをちゃんと勤めれば、チョコレートはちゃんとやる。安心しろ」
「ふん! われをこんな人形の中に閉じ込めたお前に安心しろと言われて、安心などできるものか」
「言葉遣いには気を付けろ。俺と二人きりの時は構わんが、人目がほかにあるときはきちんとメイドらしく振舞え。さもないと・・・」
「わかってる。チョコレートをもらえないのであろう? わかっている」
ギリと唇をかみしめるメイドの少女。
「チョコレートなどという言うものが、この世にあるのがいけないのだ・・・」
憎々しげにそういうものの、彼女の目はトランクの中にあると思われるものに向けられてきらきらと輝いていた。

二人を乗せた馬車は通りを走る。
このまま連隊本部のある建物に行くのだろう。
外はもう薄暗く、建物の窓からの灯りがちらほらと暖かみを感じさせている。
「ところで、こんなところにまで来ていったい何があるのだ?」
トランクを見続けるのにも飽きたのか、窓の外を眺めはじめるメイドの少女。
小雨が馬車の窓を濡らしている。
「さあな・・・魔術師が必要だからということで命令を受けただけだからな、俺は」
同じようにぼんやりと外を見ているコルチャスキー。
「ふん。われをこのような躰に押し込める腕の持ち主だからな。人選は間違っていない」
「どうだかね・・・」
コルチャスキーは薄く笑みを浮かべる。
やがて馬車はこの地の兵営にたどり着く。
御者台に座っていたニコロフ軍曹が門のところに立つ衛兵に二言三言話しかけ、馬車はそのまま兵営の門をくぐる。
そして奥の建物の玄関前にたどり着くと、馬車のドアが開けられた。

                   ******

「やぁ、待っていたよ少佐。ん? そちらは?」
連隊長室に案内されたコルチャスキーを、痩せて背の高い男が出迎える。
どことなく神経質そうな顔で、彼の背後にいるメイドの少女に目を向けていた。
「遅い時間に申し訳ありません。スクロヴァより参りましたコルチャスキーです。彼女は我が家のメイドでして、いろいろと役に立つので同行させました。ヴァレフィア、部屋の外に出ているように」
コルチャスキーは連隊長に敬礼で挨拶をすると、メイドに退出するよう指示をする。
「かしこまりました、旦那様」
スカートをつまんで一礼するメイドの少女に、思わず苦笑してしまうコルチャスキー。
最近一応は礼儀作法は覚えてきたようだな。

メイドが出て行ったところでコルチャスキーは椅子をすすめられる。
「私はこのルチャンスカ連隊の連隊長を務めるロブチョフだ。君が派遣された魔術師なのか?」
コルチャスキーが席に着いたところで、自らも連隊長席に戻るロブチョフ。
大佐の肩章が彼の階級を示している。
「はあ・・・スクロヴァではそうみられているようです」
魔術師と堂々と名乗っているわけではないが、彼の魔術の腕前はそれなりに知られている。
スクロヴァの参謀本部でも彼を知らないものはそうはいないだろう。

「そうか・・・まあ、君が魔術師かどうかなどこの際どうでもいいのだ。あそこで何があったのかを調べてさえくれれば・・・」
深い憂慮の表情を浮かべる連隊長のロブチョフ。
まあ、何かあったのは間違いなさそうだ。
「何があったのですか?」
「数日前にこの辺りで地震があったのは知っているだろうか?」
「いえ、申し訳ありませんが・・・」
連隊長の問いに首を振るコルチャスキー。
地震があったなど聞いてはいないし、ここに来るまでに馬車の窓から見た景色でもそれをうかがわせるようなことは何もなかった。
「そうか。まあ、大した被害が出たわけでもなかったし、このような辺境でのことなど首都のスクロヴァではどうでもいいことだろうからな。だが、その地震でケリル山のふもとに地滑りが起きてな・・・」
「地滑りですか?」
「ああ、被害は出てない。特に何があるというわけでもなかった場所だしな。ただ、一応は状況把握のために連隊からも兵を派遣して調査に当たらせた。そこで地滑りのあったところに隠されていた洞穴のようなものがあったのがわかったのだ」
両手を組んで説明するロブチョフがいったん言葉を切る。
なるほど。
地震、地滑りときて次は洞穴か。
そこに何かが・・・ということかな。
コルチャスキーはそう見当をつけた。

「洞穴の調査のために将校を含む十数名が中に入っていった。だが、誰も戻っては来なかった。いや、正確には伍長が一人戻ってきたのだが、すでに正気を失っていて何が起こったのかはわからず、その伍長も狂気に包まれたまま死んでしまった。地元民は悪魔の住んでいた穴がむき出しになったとか言うし、教会の僧侶連中も祝福されない場所で足を踏み入れるべきではないという」
「なるほど」
要は悪魔の穴に入って調べてこいということか・・・
やれやれ・・・
コルチャスキーが苦笑する。
「私としては入っていった連中がどうなったかの確認ぐらいしたいところなのだが、入ろうとする者は誰もおらん。そこでスクロヴァの参謀本部に魔術師の派遣を依頼したのだ」
「わかりました。私に洞穴の調査をせよとのご命令なのですね」
「うむ。魔術師の君ならば、中で何があったのかわかるだろう」
「想像は付きます。まあ、入ってみればはっきりするでしょう」
「行ってくれるかね?」
行かないという選択肢はないのだ。
そうでなければスクロヴァからわざわざ送り込まれるはずもない。
「準備をして明日には現場に向かいます。まあ、それほど準備も必要ありますまい」
立ち上がって敬礼するコルチャスキー。
さて・・・
その穴に何がいるのやら・・・

                   ******

連隊長室を出て片隅で待っていたヴァレフィアと合流する。
そこにはニコロフ軍曹もいて、部屋の用意ができたことを告げられた。
とりあえずは今晩はゆっくりベッドで寝られそうだとコルチャスキーは思う。
それはあとで間違いということがわかるのだが。

「それで、いったい何の用だったのだ?」
部屋に案内され、コルチャスキーと二人きりになったことで、ヴァレフィアはベッドにちょこんと腰掛ける。
作られた人形とはいえ、その姿は人間とほとんど変わらず、魔術に造詣の深い人間でなければ彼女が人形とはわかるまい。
全身を黒のメイド服に包んではいるが、肌の露出している部分は色白で透明感がある。
白のエプロンやソックスがそれと相まってよく似合っていた。

「ん? どうやらお前の同類が封じられていた場所のようだぞ」
軍服の上着を脱ぎ、長靴も脱いだコルチャスキーが椅子に座る。
どうやらヴァレフィアと一緒にベッドに腰掛けるつもりはないらしい。
「同類?」
「ああ、たぶんお前と同じ魔人か魔獣だ。魔獣ならとっとと外に出てこようとしているだろうから、たぶん魔人だな」
「ふふん・・・人間風情がいつまでもわれらを封じておけるはずがなかろう」
ニヤッと笑みを浮かべるヴァレフィア。
だが、その笑みも愛らしく見えるから不思議なものだ。
「どうだかな・・・地震がなかったらずっと封じられていたままだったかもしれんぞ」
「ふん。1000年もあれば封印ぐらい解いてみせるわ」
「気の長い話だ」
「お前たちとは違うからな。ところで・・・」
ヴァレフィアの視線がトランクに向かう。
「今日の分はいただけんのか? 何かミスをしたか?」
「ああ、いや、そんなことはないぞ。完璧なメイドだった」
そういって立ち上がるコルチャスキーにヴァレフィアの目が輝く。
やはりチョコレートをもらうときが一番の幸せなのだ。

コルチャスキーはトランクからチョコレートを一枚取り出してヴァレフィアに渡す。
すぐに包みを剥いで口に運ぶヴァレフィア。
その姿はとても強大な魔人だったとは思えない。
まさに単なる甘いもの好きな少女なのだ。
「明日はお前にも来てもらうからな」
「よいのか? 封じられていたやつと一緒にお前に歯向かうかもしれんぞ」
そう言ってニヤリと凄んで見せるヴァレフィア。
もっとも、ほっぺに溶けたチョコレートをつけながらなので、凄みも何もあったものではない。
「お前はそれはせんよ。俺に従ってチョコレートをもらう方がいいと考えているからな」
「そ、そんなことはないぞ。われとていつまでもお前に従っているつもりなど」
「どうせ俺の寿命など数十年だ。それぐらいは付き合ってもよかろう?」
「・・・・・・ふん」
指についたチョコを舐め、忌々しそうに鼻を鳴らすヴァレフィア。
「わかったらもう寝ろ。ベッドは使っていい」
あいにく部屋にはベッドは一つしかない。
まさか参謀本部から派遣されてくる魔術師がメイドを連れてくるとは予想外だったのだろう。
もう一つ部屋を用意させようかとも言ってもらったのだが、そこまでさせることもないだろうし、一応寝具は用意されていたので、床に寝ればいいのだ。
「われと一緒に寝てもいいのだぞ」
「バカ」
コルチャスキーは苦笑した。

                   ******

翌朝は部屋で早々に食事を済ませて兵営を出る。
ヴァレフィアを一人で部屋に置いておくのは不安だったし、かと言って士官食堂で同席した士官連中の好奇の目にさらすのも得策ではなかろう。
ならば食事は二人で取ればいい。
連隊長が士官連中に彼を紹介したかろうがそんなことはどうでもいいのだ。
どうせこの連隊にずっといるわけではないのだから。

問題の現場まではニコロフ軍曹が馬車を都合してくれる。
コルチャスキー一人なら馬で行くところなのだが、さすがにヴァレフィアを馬に乗せるわけにもいかず、馬車で行くことになったのだ。
ガタゴトと田舎道を行く馬車の中で、コルチャスキーはトランクの中の荷物を確認し、とりあえず問題がなさそうなのを見て蓋を閉める。
「なんだ? われはチョコレートを盗み食いなどしないぞ」
「そんな心配はしておらんよ。持ってきたものだけでなんとかなりそうだと思ってな。まあ、こっちにはお前という切り札がいるから問題はなさそうなんだが」
「われを切り札だなどと言っていると、後悔しますわよ旦那様。うふふふ」
わざとらしくメイドとしての言葉遣いになるヴァレフィア。
「どうだかな。まあ、お前が俺を殺したとて、その姿から解放されるわけではないのだ」
「わかっている。まったく・・・」
忌々しそうに自分の躰を見下ろすヴァレフィア。
とはいうものの、コルチャスキーがたまたま彼女の部屋を覗いてしまった時など、まんざらでもないように自分の躰を鏡に映していたりするので、その躰にそう悪い感情を持っているわけでもないのだろう。

「少佐殿。差し出がましいようですが本当にそんな軽装で大丈夫なのですか? せめてロープやハンマーなどを持っていかれては? それにあの娘まで連れていかれるというのは危険ではありませんか?」
二時間ほど馬車に揺られたのち、現場に降り立ったコルチャスキーにニコロフ軍曹が心配そうに申し述べる。
「心配ない。この娘はこう見えても私の助手も兼ねている。それよりも、我々が二日経っても出てこないようならこの入り口を爆破してふさぐよう連隊長に伝えてくれ」
駅に降り立った時と全く変わらぬ雰囲気で、コルチャスキーはメイドの少女を従えて洞穴の方へと歩いていく。
あの時はニコロフ軍曹が先に立って案内する形だったが、今回はあとに残される形だ。
「了解しました。少佐殿、ご武運を」
軍曹は敬礼してコルチャスキーとメイドの少女を見送る。
洞穴の入り口で監視に当たっていた数名の深緑色の軍服の兵士たちも、みな銃をささげて彼らを見送った。

「さて、中はどんなかな・・・と」
持ってきたカンテラに明かりをともす。
入口から少し入っただけで、中からは強い魔の気配を感じる。
なるほど。
この気にあてられながら奥へ入ったのでは、早晩おかしくなってしまうのもうなずけるというものか。
コルチャスキーはポケットの中に忍ばせたペンのように見せかけた魔具にスッと気を込める。
こうすれば魔の気配にあてられることもない。
「ヴァレフィア?」
「わかっている。われにも充分感じるぞ。なるほど。確かにわれの同族のようだ」
コルチャスキーの脇にやってきたヴァレフィアがいつになく厳しい表情を浮かべている。
ほう・・・
その様子にコルチャスキーは気を引き締める。
こいつは結構手ごわい相手かもしれんな。

カンテラをかざしながら先へ進むコルチャスキー。
どうやらここにはもともと洞穴というか横穴のようなものがあったらしい。
それが長年の浸食で岩盤がもろくなっていたところに地震でさらに地盤が緩くなり、地滑りによって表面が削られ、穴が外に出てきたということのようだ。
「そして、こういうわけか・・・」
コルチャスキーは顔を曇らせる。
二人が歩いていた横穴が通じていた空間は、魔人を封じた祭壇にも達していたというわけだ。
いつ頃封じたものかは定かではないものの、もともとは別の入り口があって本来はそちらから入ってくるものだったのだろう。
いわばコルチャスキーらが入ってきた洞穴はいつの間にかできていた裏口のようなものなのだ。

そこは広くなった岩の中の空間だった。
コルチャスキーが見たところ、右手には祭壇のようなものがあり、おそらくは魔人を封じているのだろう。
左手にはこの祭壇へとつながっている入口があり、そちらは重々しい石の扉が閉じている。
おそらくは外側から固定され、開かなくされているに違いない。
そして床には、十数人の兵士たちの死体が転がっていた。

血まみれの床に転がる兵士たちの死体。
血はすでに乾ききり、茶褐色のシミになっている。
深緑色の軍服にもあちこちに血のシミがついて赤黒くなっていた。
「どうやら同士打ちをさせられたようだな」
兵士たちの死体を見たコルチャスキーがつぶやく。
「同士打ち?」
「ああ、兵士は銃を構え、士官は拳銃を握っている。ある者は銃剣で突き合ってもいるようだ」
そして兵士たちの命は吸い尽くされたというわけか。
魔力のカスすら残ってはいない。
「力を取り戻すためだな」
ヴァレフィアの言葉に無言でうなずくコルチャスキー。
問題は、これだけの人間の命を吸ったことで、魔人がどれほど力を取り戻しているのかだ。
まあ、この人数ならそれほどではないとは思うのだが。

コルチャスキーは次に祭壇へと近づいていく。
見たところ彼の習得した系統の魔術とは違うようだ。
このあたりに土着していたものなのかもしれない。
とはいえ、魔人の封じ方にそうバリエーションがあるわけでもない。
封印であることは一目瞭然である。
その封印自体はまだ破られてはいないが、すでに魔人は封印外に多少の力を及ぼせるぐらいにはなっているということだ。
もっと力をつければ、封印自体を破壊することも可能となるだろう。
外から人間が入ってきたことに喜び、うれしくて貪り食ってしまったがために警戒されたということだ。
もう少し利口なら、この兵士たちを無事に返し、大規模な調査隊でも来たあたりで食らえばよかったものをとコルチャスキーは思う。

「クッ!」
いきなり祭壇から強烈な魔力をぶつけられるコルチャスキー。
言いようもない恐怖感や絶望感、そして憎しみのようなものが内側から沸き起こる。
なるほど。
兵士たちはこれを食らったのだろう。
これじゃみんなパニックになって手当たり次第に撃ちまくるわけだ。
伍長だけは一目散に逃げたのかもしれない。
だが、侵された精神は回復しようがなかったというわけだ。
「マージェコフ! い、いえ、旦那様!」
彼の名を呼び、改めて言い直すヴァレフィアにコルチャスキーは苦笑する。
何もこんなところでメイドに徹しなくてもいいものを。
いや、メイドが板についてきたのかも。

「俺は大丈夫だ。こんなのは跳ね返せる。お前こそ大丈夫なのか?」
ヴァレフィアの中身は確かに魔人だが、人形の中にいることで大幅に力は封じられているはずなのだ。
こんなところでヴァレフィアに狂われては目も当てられない。
「われなら心配無用だ。この躰にもだいぶ慣れたからな。能力を発揮するのに不都合はない」
ほう・・・
改めて感心したようにコルチャスキーはヴァレフィアを見る。
魔人を封じる入れ物にしては妙に凝ったものを作ったものだと思っていたが、どうやら彼の妹は魔人が使うのに問題ないほどの人形を作ったということらしい。
リルシェバめ・・・とんでもないものを・・・
工房で一人で黙々と人形を作る妹の姿をコルチャスキーは思い浮かべた。

「それよりも・・・この感触・・・どこかで・・・」
首をかしげるヴァレフィア。
どうやら思い当たる節があるらしい。
「ふふ・・・そうか・・・ははははは・・・しばらく見ないと思っていたら、こんなところに封じられていたのか、ミズングムよ!」
突然笑いだすヴァレフィアを、思わず見つめてしまうコルチャスキー。
なるほど。
同種というだけではなく知り合いらしい。

『そういうお前は何者か?』
コルチャスキーの脳裏にも声が聞こえてくる。
祭壇に封じられたヤツの声のようだ。
まさかストレートに会話を仕掛けてくるとは予想外だとコルチャスキーは思う。

「ふっ、われを忘れたか、ミズングムよ? ともにツァンゴイの街を滅ぼし、多くの人間どもの恐怖を食らいあった仲ではないか。ははははは・・・」
祭壇に向かって仁王立ちし、腰に手を当てて胸を張っているヴァレフィア。
その様子にコルチャスキーは一抹の不安を感じる。
同種と会話をする今の彼女はメイドのヴァレフィアではなく、魔王と呼ばれたヴァレグルムの方なのかもしれないのだ。

『ヴァレグルム! まさかヴァレグルムというのか? その姿はどうしたことだ?』
「われにもいろいろとあってな。まあ、この躰もそう悪くはない」
『ふぁっはっはっは・・・面白い。その姿で俺に立ち向かうつもりか?』
「そちらこそ、われに歯向かうつもりか? 今まで一度たりとも歯が立たなかったわれに」
やれやれ・・・
こいつらは喧嘩仲間か?
なんだか急におかしくなるコルチャスキー。
おそらくこいつらが全部の力を開放して喧嘩したら、この辺りどころか国一つが滅ぶかもしれないのだろうが、やっていることはガキの言い合いだ。

『言ったなヴァレグルムよ。俺に勝てるというならここから俺を出してみろ。俺と勝負してみるがいい』
「はははは・・・いいとも。このような封印は内から壊すのこそ難しいが、外から壊すのは簡単なもの。今お前を解放し、そのうえでわれが叩きのめしてやる!」
ずかずかと祭壇に向かっていくヴァレフィア。
「ヴァレフィア! だめだ! それはヤツの手だ! ヤツはおまえに解放させる気だ」
相手の意図を知ったコルチャスキーがヴァレフィアを止める。
だが、彼女はニヤッと笑いこう言った。
「それは聞けませんわ旦那様。同種がこのように身動きもできぬよう封じられているのですもの。解放してやるのが仲間としての務め」
「ヴァレフィア!」
「うふふふふ・・・覚悟してくださいね、旦那様」
「ヴァレフィアァァァァッ!」
彼女の右手から魔力の塊が放出され、祭壇へとぶつけられた。

                   ******
                   ******

「ふう・・・」
屋敷の前に止まる一台の馬車。
その車内から深緑色の軍服を着た青年将校が姿を現す。
「ご苦労さん。気をつけてな」
「はっ! それでは失礼いたします、少佐殿」
ドアを開けていた同じく軍服姿の御者が敬礼して御者台の方に戻っていく。
通りを去っていく馬車を見送り、コルチャスキーは書類かばんを手に屋敷の門をくぐる。
この屋敷はコルチャスキー家代々の屋敷だが、今ではもう彼ともう一人しか住む者はいないため、母屋以外は使われていない。

「お帰りなさいませ、旦那様」
「お・・・お帰りなさいませ・・・だ、旦那様」
玄関を開けて屋敷に入ったコルチャスキーを、メイド服に身を包んだ二人の少女が一礼して出迎える。
「ただいま」
そういえば一人増えたんだったな・・・
二人を目の前にしてコルチャスキーは苦笑する。
髪の色と目の色が違うぐらいで、ほかはそっくりといっていい二人の少女。
片方は鮮やかな輝くような金髪に深い青い目をしており、もう片方はつややかな銀色の髪と赤い目をしている。
二人とも黒いメイド服に白いエプロンをつけ、白い髪飾りをつけていた。

「ミズラフィア、すぐに旦那様のカバンを」
「は、はい」
ミズラフィアと呼ばれた銀髪のメイドがすぐにコルチャスキーの持っていたカバンを受け取る。
「お疲れ様でした。すぐにお飲み物の用意を」
「ああ、頼む」
飲み物の用意をするべく優雅に奥に向かうヴァレフィアを、ぱたぱたとまるで追いかけるかのようにコルチャスキーのカバンを持ったミズラフィアがついていく。
その姿にまたしてもコルチャスキーは笑みを浮かべずにはいられなかった。

ヴァレフィアによって封印を解かれたミズングムは、すぐさま彼らに襲い掛かってきた。
しかし、封じられて力の弱っていたミズングムはしょせんかつての魔王の敵ではなかった。
ミズングムの攻撃をひょいひょいとかわしつつ、ヴァレフィアはまるでもてあそぶようにミズングムを翻弄し、そして叩きのめした。
そしておもむろにコルチャスキーのところへ戻ってくると、こう言ったのだ。
「さ、旦那様。メイドがもう一人増えますわ」

コルチャスキーはミズングムを兵士の死体から取った水筒に再度封じ込め、そのまま洞穴を後にした。
そしてロブチョフ連隊長に事の次第を話し、魔人を新たに封じ込めるためにスクロヴァに持ち帰る旨の了承をお願いしたのだ。
地元から魔人がいなくなるのは大歓迎とばかりに連隊長はすぐに書類を整えてくれ、翌日にはコルチャスキーとヴァレフィアはスクロヴァ行きの汽車に乗ることができたのだった。

スクロヴァに戻ったコルチャスキーは、彼の妹リルシェバの元へと赴き、再び人形を作ってくれるよう頼みこんだ。
そして先日、その人形が完成し、無事にミズングムをその中に封じ込めたというわけだった。
今ではミズラフィアという名前でコルチャスキー家の二人目のメイドとしてヴァレフィアとともに彼に仕えてくれている。
もちろんチョコレートの味もヴァレフィアに教えられ、大のお気に入りになったことは言うまでもない。

「旦那様ー、ワインの支度が整いました」
奥からヴァレフィアの声がする。
「今行く」
とりあえずは二人の魔人は彼からチョコレートをもらえる間は彼のもとにいるだろうとコルチャスキーは思う。
それから先は二人次第だろう。
まあ、俺よりも有能な魔術師はいくらでもいるさ・・・
コルチャスキーはそう考え、ポケットから先程買ってきたばかりの今日の分のチョコレート二枚を取り出して、彼女たちのところへと向かうのであった。

エンド


いかがでしたでしょうか?
これで短編三本すべて吐き出してしまいましたので、手持ちがなくなってしまいました。
次のSSまではまたちょっと時間をいただきますね。
それではまた。
  1. 2018/07/19(木) 21:00:00|
  2. その他短編SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Excelは楽しい

今日、講師の方からワープロ技師3級の認定証書をいただきました。
もう少し時間がかかるかと思ったのですが、思いのほか早かったです。
本当に資格が取れたんだなぁと感慨深いものが。

そして今は次を目指してExcelの勉強中ですが、練習がてらこんなものを作ってみました。(笑)


Excelは楽しい

ふう・・・
ワイングラスを傾け、中の深い赤色の液体を飲み込んで一息つくバゴーズ。
今回も作戦的には思わしい結果ではなかったが、こうして美味いワインを何本も奪ってくることができたので良しとしよう。
そんなことを考える。
失われた戦闘員や怪人は多かったが、どうせまた作り出すのだし、元となる人間はいくらでもいる。
人間同士を殺し合わせているようなもので、何の問題もない。
少なくともこの時まではバゴーズはそう思っていた。

「ふう・・・」
ファイルに手挟んだ書類を見てため息をついているアルフィナ。
美人が愁いを帯びた表情を浮かべているのは、またなかなかいいものだが・・・
なにやらあんまりいい雰囲気ではないことにバゴーズは気が付いた。

「どうしたのだ、アルフィナ」
「あ、バゴーズ様・・・」
一瞬逡巡するアルフィナ。
何か言いたいような言わないでおこうかと悩んでいるようだ。
「何があったのだ? そんな顔をしていると美人が台無しだぞ」
「・・・・・・はあ・・・バゴーズ様がいけないんですよ・・・」
一時まじまじとバゴーズの顔を見上げ、それから深くため息をつくアルフィナ。
「な? どういうことだ?」
「これをご覧ください」
アルフィナが手挟んだ書類を差し出す。
17040601.jpg

「む? なんだこれは? 表ではないか?」
「はい。昨年下半期のわがジャクドの構成員の動向を表にしたものです」
ずいとすぐさまアルフィナに書類を突き返すバゴーズ。
「いらんいらん! こんなもの見てもよくわからん。表など見ているだけで頭が痛くなる」
「バゴーズ様がそうですから困るのです。少しはこういった資料も見ていただきませんと・・・あの改造ソフトは興味を持たれましたのに」
「あれは目の前で人間が怪人や戦闘員になるから面白いが、表など見てもつまらんではないか!」
思わずにらみ合いになってしまう二人。
だが、先に折れたのはいつものようにアルフィナだった。

「はあ・・・いいですか、バゴーズ様。このままですとバゴーズ様は大変なことになるかもしれないのです」
「どういうことだ?」
「バゴーズ様、ここをご覧ください。ここには毎月わがジャクドが作戦でどれだけの怪人や戦闘員を失ったかの割合が出ております」
「77.3%だな。これがどうした?」
よくわかっていないバゴーズ。
「つまり、わがジャクドは毎月100人の人間を改造して戦闘員や怪人にしても、そのうち77人が失われるということなんです」
「それがどうした? 地球人もバカではないからな。対抗する戦隊チームを用意して戦っているから犠牲が出るのは仕方がない」
「その犠牲が七割を超え八割近いというのは問題だと首領様がお考えのようなのです」
「なんだと!!」
思わず青ざめるバゴーズ。
そもそもがそんなに損耗しているとは思っていなかったのだ。
せいぜい100人いたら50人が倒されるぐらいだとばかり。

「何とかインチキできんのか!!」
「できませんよ! いいですか、そもそもこの12月の94%って何事ですか? 投入した戦闘員や怪人がほぼ全滅じゃないですか!」
「そ、それはだなぁ。クリスマスシーズンだから派手にやってやろうと・・・」
しどろもどろになるバゴーズ。
「派手にやってやろうと、わざわざ戦隊チームに挑戦状をたたきつけたんでしたね。で、返り討ちにあったと・・・」
ふうと大きくため息をつくアルフィナ。
彼女はバゴーズのそういうところが好きだったのだが、サポートにも限界がある。
「まさか奴らがあそこまで力を付けていたとは・・・」
「とにかく・・・この12月の損害に関しては首領様の呼び出しがあることはお覚悟ください」
「ま、待て! そこはお前が数字をちょこっとだな・・・」
「無理です!」
「ヴアーーー!」
頭を抱えてしまうバゴーズであった。


などと、悪の組織もExcelの呪縛からは逃れられないみたいな話を。(笑)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/04/06(木) 21:10:19|
  2. その他短編SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

人生の転機

今回もまたちょっと変わったシチュのみ短編を一本投下いたします。

私にしてはやや異質のSSになったかもしれませんが、お楽しみいただけましたら幸いです。


人生の転機

「おっと・・・」
俺は思わず回れ右をして、彼らに気づかれないうちにその場から離れようとする。
会社帰りの駅近く。
いつも通る近道の路地だけど、今日はどうもタイミングが悪かったらしい。
路地には見るからにガラの悪い、学生服姿の男子高校生たちがタバコを吸いながらたむろしていたのだ。
このまま通っても別に何もされない可能性は高いだろうけど、何かされてからでは遅いからね。
近寄らないに越したことはない。

そう思って俺が立ち去ろうとした脇を、一人の中年男性が通り過ぎる。
失礼ながら、頭髪がやや寂しく、お腹も出た風采の上がらない感じの人だ。
あれじゃ彼らに絶好の餌になってしまいかねない気がする。
俺は気になって足を止め、声をかけようとは思ったものの、時すでに遅く、その中年男性は路地に通じる角を曲がってしまっていた。
うわ、大丈夫かな・・・
俺はそのまま立ち去る気にもなれず、恐る恐る角から路地をのぞき込んだ。

はたして中年男性が彼らのそばに差し掛かった時、男子高校生たちがにやにやしながら、通せんぼするように男性の前に広がった。
これで中年男性が、くるりと踵を返して来た道を戻れば、彼らはそれを見てあざ笑うだけで、それ以上のことはしないかもしれない。
だが、中年男性はそのまま彼らの前で立ち止まり、どうやら高校生たちをにらみつけたようだった。
ああ・・・
それは逆効果では?
それでは高校生たちに火をつけるだけで、余計に諍いになるだけではないだろうか。

「おっさん、通行料」
立ち去る気がないと見た中年男性に対し、彼らの一人が金を要求する。
うう・・・
だから言わないこっちゃない。
ここはおとなしく金を払うしかないんじゃ・・・
たとえ声をあげても、この路地じゃだれか来るには大通りから遠すぎる。
俺はハラハラしながら成り行きを見守るしかない。
どうしよう・・・

「おっさん、聞こえないのか? 何にやにやしているんだよ!」
中年男性が一向におびえていないのが、彼らの癇に障ったのか、高校生たちの表情が引き締まる。
これは一発二発この親父を殴ってやらないと気が済まないって感じだ。
どうしようどうしよう。
俺はスマホからいつでも110番できるようにポケットの中で用意する。
それぐらいしか俺にはできない。

「クククク・・・絵に描いたような不良連中ですね。ちょうどいい」
ん?
笑っている?
男子高校生たちに囲まれた中年男性が笑っている?
何か武道の心得でもあるのかな?
そんな感じにはとても見えなかったけどなぁ。

「なんだと!」
案の定いきり立つ高校生たち。
5対1だよ。
笑っていて大丈夫なのか?
なんだか妙に俺は目が離せなくなり、どうなるのか気になってしまう。
「おっさん、俺たちが何もしないと思ったら大間違いだぜ」
「土下座してすみませんって謝るなら許してやってもいいけどな」
「もちろんその時は俺たちを馬鹿にした慰謝料を払ってもらうけどな」
「わはははは・・・」
中年男性を取り囲んで笑い声をあげる高校生たち。
完全に囲まれてしまって、今からじゃ逃げることもできなさそうだ。
俺はポケットからスマホを取り出して、警察に連絡しようとボタンを押そうとした。

「あ・・・」
「う・・・」
「え?」
俺の予想に反したことがいきなり起きる。
中年男性を囲んでいた高校生たちが、いきなりバタバタと倒れこんだのだ。
別に中年男性が何かやったわけではない。
俺が見ていたところ、彼はただ高校生たちをぐるりと見渡しただけだった。
それなのにいったい・・・

俺が見ている前で五人の男子高校生は次々とその場に倒れこんでしまった。
その様子を見て中年男はうんうんとうなずいている。
「クククク、人に迷惑をかけるしかなかった君たちも、これからは人の役に立つ人間になりますよ。主に男の役に立つ・・・ね」
男がそういうと、五人の着ていた学生服が突然ぼろぼろと崩れだす。
「ええ?」
思わずそう口にしてしまった俺をよそに、黒い塵になってしまった彼らの学生服は、そのまま黒い雲のような塊になり、高校生たちの躰にまとわりつき始めた。
やがて黒雲が彼らの躰を覆ってしまうと、今度は彼らの躰を包む繭のようになってしまったのだ。
そしてその繭がじょじょに消えていくと、中からは紺色のセーラー服とスカート、黒いストッキングに身を包んだ女の子たちが現れたのだった。

それはどこからどう見てもセーラー服姿の女子高生だった。
数分前までいきがって中年男を取り囲んでいたはずの五人の男子高校生たちが、今や一人残らずかわいい女子高生になっているではないか。
「う・・・うーん・・・」
「うう・・・ん・・・あれ?」
「あれ? 私・・・いったい?」
次々と目を覚まして起き上がる女子高生たち。
見れば見るほど完全な女子高校生だ。
どこにも女装したようなところはないし、それどころか体格も完全に違っている。
中年男の正面にいたやつはたぶん身長180センチ近かったはずだが、今や彼というか彼女の身長は155センチぐらいしかないだろう。
きょとんとした表情でとてもかわいらしい。
「私たち・・・いったい?」
「ここは・・・いったい?」
きょろきょろと周囲を見回す女子高生たち。
紺色のセーラー服にスカート、黒ストッキング姿が本当にかわいらしくて、彼らが男だったなんて全く信じられない。

「さあさあ、皆さん。いつまで遊んでいるんですか? そろそろ施設に戻る時間ですよ」
中年男がそう言った途端、女子高生たちの目がスッと輝きを取り戻す。
「そうでした。私たちもう戻らなきゃ」
「大変。もうこんな時間」
「戻って躾けを受けなくちゃ」
ぱたぱたとスカートについた汚れを払い、カバンを持って整列する女子高生たち。
「それでは行きますよ」
「「「はい! 先生!」」」
一斉に中年男に返事をする女子高生たち。
さっきまでとは全く違う光景に、俺はただただ戸惑いを隠せない。

「そこにいるあなたも一緒にどうですか? ずっと見ていたんでしょう?」
やばい!
バレていたのか。
俺は今更ながらに躰を引っ込めたものの、もう手遅れだ。
「見ていたのは知ってましたよ。どうです、ご一緒に。どうせお暇なんでしょ?」
やれやれ・・・
これはどうしようもないな。
俺は仕方なく出ていく。
「気になりませんか? 私が何をしたのか」
「気になります。これはいったい?」
俺は中年男の後ろに整列するセーラー服姿の女子高生に目を移す。
「クククク・・・まあ、一緒に来てくれれば教えますよ」
ふう・・・
これはもう行くしかないか・・・

                   ******

俺は再び電車に揺られて中年男についていく。
五人の女子高生たちも一緒で、彼女たちは完全に男の言いなりのように男を先生先生と呼んで付いていく。
いったい何がどうなったのか?
彼女たちは本当にあの男子高校生たちだったのだろうか?
何かマジックでも見せられていて、目的地ではこの女子高生たちと入れ替わった男子高校生たちが俺を笑って出迎えたりするのではないだろうか。
だが、俺の予想は外れ、男子高校生たちが出迎えるようなことはなく、俺は町はずれの学校のようなところに連れて行かれた。

「ここは?」
「ああ、廃校になった学校の一つですよ。手ごろなので使わせてもらってます。そっち方面に強い方もいますのでね」
そっち方面に強い方・・・ねえ・・・
俺は今更ながらヤバいものを感じてはいたが、今更どうしようもない。
五人の女子高生たちは何の疑問も抱く様子はなく、この廃校へと入っていく。
ええい、ここまで来たんだ。
今更引き返せるか。

「あ、先生お帰りなさい」
「お帰りなさいー」
「先生お帰りなさいー」
驚いたことに、廃校にはほかにも女子高生たちがいた。
みんなおそろいの紺色のセーラー服を身に着け、黒ストッキングを穿いている。
一部の教室は居住用に改装されているようで、二段ベッドと衣装ケースなどが置かれている。
まるで何かの研修施設や寮のようだ。
そういった部屋の入り口から、女子高生たちは顔を出して口々に中年男を出迎えているのだった。

「さあさあ皆さん。夜の躾けの時間までもうすぐですよ。準備はできていますか?」
「はーい!」
「できてまーす」
「大丈夫でーす」
華やかともいえる女子高生たちの弾んだ声。
みんなこの中年男を心から信頼しているみたいだ。
「では、体育館に集合しなさい」
「「「はーい」」」
一斉に返事をする女子高生たち。
いつの間にか五人にも部屋が割り当てられ、身支度を整えるために去っていった。

やがて体育館に女子高生たちが集合する。
その数はざっと見て二十人ほどだろうか。
みんなセーラー服を着て黒ストッキングを穿いている。
ふつうこれだけの人数がいれば、一人二人というか数人はハイソックスを穿いているものだが、ここでは全員が黒ストッキングだ。
確かに黒ストッキングは足がきれいに見えるものだが・・・

「皆さん、そろいましたか? それでは夜の躾けを始めます。いいですね?」
「「「はい! 先生!」」」
一斉に返事をする女子高生たち。
壇上の中年男を見る目は、まるで男を崇拝でもしているかのように輝いている。
「その前に、今日はお客様がいらしてます。皆さんご挨拶を」
中年男が俺を手招きする。
俺は仕方なく壇上に上がり、女子高生たちに会釈した。
「「「いらっしゃいませ! どうぞよろしくお願いいたします!」」」
おおう・・・
これまた一斉に俺に対して挨拶し一礼する女子高生たち。
見れば見るほどかわいい娘たちばかりだ。
ここはいったい何なんだ?

「それではまずモットーから。行きますよ。私たちは女として良き妻、良き母、良きメス奴隷になれるよう努力します!」
「「「私たちは女として、良き妻、良き母、良きメス奴隷になれるよう努力します!」」」
壇上で脇に下がった俺は驚いた。
なんだこのモットーは?
しかも女の子たちは全く動じることもなくこのモットーを復唱しているではないか。
「殿方に尽くすことはわが喜び。殿方に喜んでもらえるようあらゆることを行うのが私たちの使命」
「「「殿方に尽くすことはわが喜び。殿方に喜んでもらえるようあらゆることを行うのが私たちの使命」」」
「中でも性的な奉仕こそ、女としての一番大事な仕事。私たちは喜んでご奉仕します」
「「「中でも性的な奉仕こそ、女としての一番大事な仕事。私たちは喜んでご奉仕します」」」
「殿方のメス奴隷となることは最高の幸せ。私たちはメス奴隷として殿方に購入していただけるよう頑張ります」
「「「殿方のメス奴隷となることは最高の幸せ。私たちはメス奴隷として殿方に購入していただけるよう頑張ります」」」
一糸乱れぬ斉唱を終える女子高生たち。
心なしかその頬が赤く染まっているようにも見える。
なんなんだいったい?

「それでは実技に入りますよ。今日はお客様が来ていますので、お客様に喜んでもらえるようにまずはオナニーから」
「「「はい!」」」
中年男の号令で、女子高生たちはいっせいに床に腰を下ろし、膝を立てて脚をMの字のようにする。
そして紺色のスカートをまくり上げると、股間が見えるようにさらけ出された。
驚いたことに、彼女たちはスカートの下は黒ストッキングだけで、パンツは穿いてないらしい。
彼女たちは思い思いに、ある者は黒ストッキングを下げて股間をむき出しにし、またある者は黒ストッキングを破いて性器に指を入れていく。
やがてくちゅくちゅという音がし始め、女子高生たちの喘ぎ声が広がってくる。
「ああん・・・気持ちいい・・・」
「殿方に見られながらするオナニーは最高!」
「ああーん・・・もうイっちゃいそう」
「いい・・・いいのぉ・・・気持ちいい・・・」
思い思いにオナニーをし、のぼりつめていく女子高生たち。
俺があっけにとられる中、次々と女子高生たちは果てていった。

                   ******

結局躾けと称する性的な教育は一時間ほど続き、女子高生たちは頬を上気させて解散していった。
俺はただあっけにとられて眺めているだけだったが、もちろん彼女たちの痴態に興奮していたのも事実だった。
「クククク・・・かわいかったでしょ? あれがみんな元は男だったとは信じられないのではないですか?」
「え? 全員がですか?」
俺は驚いた。
今の今までそんなことは全く思いもつかなかったのだ。
確かにあの五人の変化を見ていたので、その可能性も思い至ってよかったはずなのに・・・
でも、どうしたって信じられない。
「クククク・・・あの時の彼らの態度見たでしょ? 彼らのようなのがそのまま大人になっても社会に貢献するような大人になると思いますか?」
「いや・・・それは・・・でも彼らだってそのうちしっかりした大人になるのでは?」
そりゃあ、あのままヤクザのような社会に行ってしまうのもいるだろう。
でもそんなのはごく少数だろうし、多くは社会人になれば落ち着いて普通の家庭を築くはずだ。
うちの会社にだって高校生の頃は荒れていたってやつが何人もいるのだし。

「そうですね。多くはそうでしょう。でも、中にはどうしようもない人生を送り、周囲に迷惑をかけるようなやつもいるのは確かです。だからね、私はそういうやつらがいなくなるように彼らを躾け直しているんですよ。姿形から変えて一からね」
「姿形からって、どうやって?」
「クククク・・・私にはそういう能力があるからですよ。男を身も心も女にしてしまうという能力をね」
不気味に笑う中年男。
普通に聞いていたら、この男は何を言っているんだと思っただろう。
だが、俺はその能力を目の前で見せられていたので、何も言葉が出なかった。

「いや、まあ、ごまかしはよしましょう。確かにこの能力には驚きましたよ。目の前で酒浸りで暴力をふるう親父がすこぶる美人になったときはね」
「親父って父親がですか?」
「ええ、私が社会人になりたての頃でしたかね。いつものように母に暴力を振るい始めた父を見て、こいつも女になって殴られるつらさを味わえばいいんだって思ったんですよ。そうしたら・・・目の前にいた親父がすこぶる美人の女になっていたんです」
少し苦い表情を男がする。
思い出したくない過去かのかもしれない。
「女になった父は今までの記憶が全くありませんでした。それどころか生まれた時から女だったと思い込んでいて、いくら説明しても自分が男だったとは理解しようとはしませんでしたよ」
「お父様は今でも女性として?」
「でしょうね。結局女になった父は家を出ていきました。彼にとって見知らぬ他人と暮らすことはできなかったようです。今もどこかで女として誰かの奥さんにでもなっているかもしれませんね。そしてそいつに殴られているかもしれません」
「そんな・・・」
「共依存だった母はすぐに自らの命を絶ちました。父がいなくなったうえ、女になったなんてことには耐えられなかったのでしょう」
「・・・・・・」
俺は何も言えなかった。
この男、結構きつい過去を持っていたんだな・・・

「でも、私はこの能力を楽しみましたよ。男を女にしちゃうことができるなんて楽しいじゃないですか。他人の人生を全く踏みにじって新たに上書きしちゃうんですよ。しかも全くの別人にして。さっきの五人も今まで自分が男だったなんて全く覚えていないでしょう。それどころかさっき私が適当に呼んだ名前を自分の名前として認識したはずです。もはや自分の以前の名前すら消えてしまったんですよ」
「そんなことが・・・」
できるのかと言おうとして、それが愚問であることに気が付いた。
この男にはできるに決まっているのだ。
「おそらく、父に殴られて頭をぶつけ、生死の境をさまよったときにでもこんな能力が身についたんでしょうな。おかげで金には困らなくなりました」
わははと笑う中年男。
「金に困らなく?」
「ええ、これはね、金になるんですよ。考えてもみてください。今までの男だった人間が消え、過去の痕跡が全くない女ができるんですよ。人身売買にこれほど適したものはないでしょう?」
「な?」
俺は絶句した。
こいつは男を女にして売っていたんだ。
「で、でも家族が・・・」
「言ったでしょう? 今までとは違う人間になると。誰が探すんです? 家族が探すのは息子や兄弟である男の人間だ。でもいるのは女なんですよ。体格も性格も記憶も名前すら違う。もし家族に合わせたとしても、目の前の女性が探している男だとは思わないでしょう?」
「あ・・・」
確かにそうだ。
あの五人の家族がもし彼ら・・・いや彼女たちを見たって、家族だとは気が付くまい。

「私もね、学びましたよ。変化したばかりの状態のときは生まれたばかりの雛のようなものなんです。その時に自分の念を送ることで、自由にその女を支配できることに気が付きましてね。今では変化させた女をこうしてエロ大好きの女にして、購入希望者に売っているというわけです」
「なんという・・・」
普通じゃない。
この男は普通じゃない。
そもそも持っている能力が普通じゃないんだから普通じゃなくて当然かもしれないが、普通じゃない。

「時にあなた、お歳はおいくつで?」
「え? 32ですが」
「ご結婚は?」
「してますよ」
「そうですか。まあ構わないか・・・私がなぜあなたにここまで詳しく話したかわかりますか?」
「え? さあ・・・」
そういえばなぜだ?
わざわざ立ち去ろうとした俺を呼び止めて誘ってきたのは・・・
「実はね。あなたに私の手伝いをしていただこうと思うのですよ。いやね、実は今まで私の手伝いをしていた女性が売れてしまいまして」
「はあ・・・」
この男の手伝いをしていた女性なんていたのか・・・
いったいこの男のどこがよくて・・・
「売れるのは女子高生だけじゃないんですよ。もちろん女子高生の売れ行きが一番なんですけどね。購入希望者の中にはある程度年齢が行った女性が好みという方も結構多くてね」
「はあ・・・」
「あなたのような30代前半がまた売れ筋なんですよ。で、売り先が決まるまでは、私の助手として女子高生たちを躾けていただこうと。これでもいろいろと忙しい身なものでね」
男がにやりと笑う。
あ・・・
まさか・・・
まさかそれって・・・
男の目がぎろりと俺をにらんだかと思うと、俺は急速に意識が遠くなった・・・

                   ******

「それじゃ、後は頼みましたよ」
「はい、行ってらっしゃいませ」
私は先生のペニスをきれいにしてズボンの中にしまい込む。
口の中に残る先生の精液の味がとてもおいしい。
ああん・・・さっさと飲み込んじゃうんじゃなかったわ。
「クククク・・・そういえば、そろそろあなたの奥さんから捜索願が出されている頃でしょうねぇ」
「えっ? それはどういう?」
奥さんって?
捜索願を出されるようなことなどあったかしら・・・
「いえ、気にする必要はありません。それよりも、生徒たちの躾けもだいぶ手馴れてきましたかね? 裕美香(ゆみか)」
「そうですか? ありがとうございます」
うれしい。
先生が私の名前を呼んでくださるなんて。
私は裕美香。
先生のお手伝いをするのが私の役目。
この寮に暮らす女子たちを躾け、良き妻、良き母、良きメス奴隷になるようにするために先生は尽力されているの。
私はほんのちょっとそのお手伝いをするだけ。
でも、できるだけ先生のお役に立たなければ。
そしていつの日か、私自身もどなたか殿方に買われメス奴隷になるの。
それこそが女の最高の喜びなのよ。

私は先生が出かけると、先生好みのタイトスカートに黒ストッキングという格好から、女子たちを躾けるための調教師としての衣装に着替える。
これまた先生好みの黒革のボンデージ。
私の躰をキュッと引き締めてくれて気持ちがいいの。
私はいつもこれを着て先生の手伝いをする。
最近は先生に代わって生徒たちを躾けることも時々。
先生の役に立てているのならうれしいわ。

「それでは今日も午前中の躾けを始めます。皆さん、いいですね?」
「「「はい! 裕美香先生!」」」
私はセーラー服姿のかわいい女子たちをこれから躾ける喜びに包まれた。

エンド

いかがでしたでしょう?
今回はなんと、作中に出てくるのは男ばかり。(笑)
もしよろしければ感想コメントお待ちしております。

それではまた。
  1. 2017/03/11(土) 21:10:47|
  2. その他短編SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マチルダたん鹵獲

昨日の記事に対して、ジャック様が大変妄想心を刺激してくださるコメントを下さいましたので、ついつい書いてしまいました。

英軍歩兵戦車マークⅡマチルダを擬人化して鹵獲されるところです。
しょうもないものを書いていると笑って読んでやってください。

それではドゾー。

私は歩兵戦車マークⅡマチルダ。
国王陛下の軍隊の機甲旅団の中核よ。
私の自慢はこのすごーく厚いドレス。
そこらの男じゃ歯が立たないわよ。
華奢な脚だってジャパニーズスタイルって言われる長いスカートで隠しているから大丈夫。
ダンスの途中に足をもつれさせるなんてことは無いわ。
でもね、この分厚いスカートのせいで、走るのだけは遅いの。
それだけがちょっと困っちゃうのよね。
何せ今いる所は暑い暑い砂漠なの。
砂漠って拠点が少ないから、どうしても機動戦が多くなるのよね。
クルセイダーちゃんは巡航戦車だからいいけれど、私やバレンタインちゃんは走るのが遅いから困っちゃうの。
でも、この厚いドレスのおかげでちょっとぐらい叩かれてもまったく平気。
だから、あのマカロニ野郎どもなんか、まったく私たちには歯が立たないのよ。
様無いわよね。

でもね、最近ちょっと状況が変わったの。
あのちょび髭親父のお気に入りのロンメルって奴がこの砂漠にやってきたのよ。
二号とか三号とか四号とかってお妾さん一杯引き連れちゃってさ。
いやな奴。
私たちはあんな奴には負けないんだから。
そりゃあ、私たちの上官ってあんまり頼りにならない感じだけど、でも姉妹たちは一杯いるから大丈夫よね。

そんなある日、私はたくさんの姉妹たちや、同じ歩兵戦車のバレンタインちゃんたちと一緒にちょび髭親父の部下どものところへ出かけたの。
もちろん、大勢の歩兵さんたちと一緒にね。
暑い砂漠だけど、平らな砂地はそれなりに走りやすいし、敵の数は少ないから楽勝よ。
ヨーロッパで見せ付けた私のドレスの威力もあるしね。
ちょび髭の部下どもには、私のドレスを破くことのできるような対戦車砲は持っていないもの。
思う存分に暴れてあげる。
見てらっしゃい。

見つけたわ。
敵の拠点よ。
おとなしくしているみたいだけど、あんたらはこのアフリカにいるだけで邪魔なの。
さっさとこの砂漠から出て行きなさい。
私は歩兵さんたちを引き連れて、姉妹たちとともに突進する。
あ、もちろん歩兵さんたちはちゃんと私に付いて来られるわよ。
私は歩兵戦車なんだから、走るのは遅いけど、ちゃんと歩兵さんの速度に合わせてあげられるの。
ちゃんと考えているんだから。

どうやら敵は陣地で防御するみたいね。
あーん、どうしよう。
私って歩兵さんの支援のための歩兵戦車なんだけど、陣地攻撃って苦手なのよね。
ほら、陣地攻撃に適している炸裂弾。
榴弾って言うんだけど、私ってあれ持っていないのよ。
お友達のバレンタインちゃんも同様で、このあたりは私たちの開発者がどう考えていたのか聞きたいぐらい。
まあ、でも行くしかないわ。
私の分厚いドレスで敵弾を弾きながら、機関銃を撃ちまくってやる!

え?
あ・・・
嘘?
あ・・・マチルダ五号ちゃんも?
嘘、嘘よー!
どうして私たちの厚いドレスがこうも簡単に破られちゃうわけ?
そんなバカな!
あ・・・またしても・・・
そ、そんなー。
ああー!
それは無いでしょ!
それって高射砲じゃない!
戦車撃つ大砲じゃないわ!
卑怯よ、卑怯!
う~、なんて憎たらしい!

あっ、痛っ!
ああ~、履帯が切られちゃったわ。
う、動けない・・・
ど、どうしよう・・・
あっ、みんなどこへ行くの?
いやぁっ、逃げないでぇ!
戻ってきてぇ!
置いて行かないでよぉ!
待ってぇ!
ああ・・・・・・
行っちゃったわ・・・
どうしよう・・・

あっ、ドイツ兵がやってきたわ。
私はもう動けない。
どうしようもないよー。
誰か助けてー!

あーあ・・・捕まっちゃった。
こんなはずじゃなかったのになぁ。
どうしてこうなっちゃったのかしら。
どれもこれも、あの高射砲が悪いのよ。
高射砲で戦車を撃つなんて卑怯だわ。
戦争にだってルールがあるのよ。
なんて言ってても仕方ないわね。
私は捕虜なんだからおとなしくするしかないか。

あら?
あれはバレンタイン八号車ちゃんだわ。
彼女も捕まっちゃったのね。
残念だけど、仲間がいてちょっと嬉しい。
どうやら彼女は地雷を踏んだようね。
私と同じく履帯が切れちゃって身動きが取れなかったんだわ。
足を怪我したら動けないもんね。
仕方ないよね。

あれ?
ドイツの連中がバレンタインちゃんに何か始めるわ。
何をする気かしら。
あら?
もしかして足回りの怪我を治してくれているの?
結構優しいのかも。
バレンタインちゃんも嬉しそうだわ。
このまま修理してもらえば、いざという時いつでも逃げられるもんね。

あ、私のところにも来た。
私の足も直してくれるのね?
ありがとう。
私ちょび髭親父は大嫌いだけど、ドイツの軍人さんはちょっと見直しちゃった。
うん、それでいいわ。
もう大丈夫。
これでまた走れるわ。

ち、ちょっと!
あなたたち何しているの?
バレンタインちゃんに何をしているのよ!
や、やめなさい!
そんな黒の十字マークを大きく書くなんてやめてー!
私たちは国王陛下に忠誠を誓ったイギリス軍の戦車なのよ!
そんな十字のマークなんて見るのもいや・・・
え?
やだ、バレンタインちゃん何を言っているの?
私は総統閣下に忠誠を・・・誓いますですって?
ど、どういうことなの?
しっかりして、バレンタインちゃん!
えっ?
あなたもすぐにわかるですって?
このマークを付けられれば身も心も総統閣下に捧げるようになるって?
そ、そんな・・・
そんなのはいやぁっ!
しっかりしてバレンタインちゃん!
あなたは洗脳されているのよ!
目を覚まして!

あ・・・来る。
ドイツ人がペンキと刷毛をもってこっちに来る。
いやぁっ!
私はイギリス軍よ!
ドイツ軍なんかじゃないわ!
ドイツ軍になるのはいやぁっ!
ああ・・・黒いペンキが私のドレスに・・・
ああ・・・ドイツの黒い十字のマークが・・・
私のドレスを・・・染めて・・・行く・・・
私は・・・
私はイギ・・・リ・・・

うふふ・・・
さあ、出撃よ。
ロンメル将軍のもと、総統閣下のためにイギリス軍を駆逐するの。
このアフリカはおろか中東も総統閣下のもの。
スエズはもう目前だわ。
神出鬼没のロンメル将軍を恐れ崇めるがいい。
私はドイツアフリカ軍団のMkⅡ748(e)。
こうして形式番号もいただいたわ。
今の私はもう身も心も総統閣下のもの。
うふふふ・・・
イギリス人ども、このアフリカから出て行くがいいわ!
  1. 2007/03/01(木) 21:20:07|
  2. その他短編SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

こんなのもけっこう好きです

シチュだけの単発一本勝負ですが、鬼畜舞方はこんなネタもけっこう好きなんですよ。
やっぱおにゃのこを手駒にできるっていいですよね。(笑)

「過去の思い出」

すん・・・すん・・・すん・・・

誰かが泣いている。

痛いよぉ・・・やめてよぉ・・・

女の子の悲鳴。

クスンクスン・・・ひどいよひどいよぉ・・・

これは夢か?
泣いているのは誰なんだ?

私・・・私・・・初めてだったんだよ・・・

太ももに一筋の赤い線。
これは俺がやったことか?

ひどいよぉ・・・私・・・私・・・

涙でくしゃくしゃになった顔。
それは俺がよく知っている顔だった。

ばかぁ・・・弘樹のばかぁ・・・

乱れた制服の前をかき抱いて泣きじゃくる少女。
奈津紀・・・
俺は彼女の名前を知っていた。

私・・・私・・・初めては・・・初めては・・・弘樹にあげるつもりだったんだよ・・・

お互いに知り合って何年になるのだろう。
お互いに男と女だということを意識してどれくらいになるのだろう。

でも・・・でも・・・こんなのってないよぉ・・・ひどいよぉ・・・

いつも笑っていた奈津紀。
それが今は泣いていた。
それは俺がしたことなのか?
違うと言ってくれ・・・奈津紀。

「さま・・・じん様・・・ご主人様」
俺はまどろみの中から引き戻される。
「ご主人様、お目覚めですか?」
にこやかに俺の顔を覗き込んでくる奈津紀。
真っ赤なエナメルのボンデージを身にまとい、手にはムチを持っている。
「ああ、悪い。寝ていたか?」
俺は頭を振って目を覚ます。
どうやらうたた寝をしていたらしい。
「くすっ・・・ご心配なく。メスどもの調教は私がしておきましたから」
妖しく魅力的な笑みを浮かべる奈津紀。
今までずいぶん楽しんでいたのだろう。
うっすらと汗をかき、真っ赤な唇を舌先が舐めて行く。
「すまんな。まかせっきりで」
「うふふ・・・いいえ、私も楽しませていただきましたから」
しなだれかかるように俺に寄りそう奈津紀。
赤い皮の長手袋が俺の股間にそっと伸びてくる。
「どうした、欲しいのか?」
「はい、ご主人様の寝顔を見ていたら・・・その・・・」
うっとりと淫靡な表情で俺を見上げてくる奈津紀。
あの夢の中の奈津紀はどこへ行ったのだろう・・・
今の奈津紀は俺の片腕としてメスどもの調教を楽しんでいる。
真っ赤なボンデージにハイヒールブーツがとてもよく似合う淫靡な女だ。
そこにはあの奈津紀は存在しない。

だが・・・
俺は満足だった。

[こんなのもけっこう好きです]の続きを読む
  1. 2005/11/06(日) 20:59:41|
  2. その他短編SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア