FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

涙よー海へ帰れーーー♪

今日は劇場版ファーストガンダム三部作の最終話、「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙」を見ました。
これで令和に昭和のガンダム三部作をすべて視聴したことに。(笑)

冒頭からドレン大尉の率いるムサイ艦隊(キャメルパトロール艦隊)との戦闘。
追いつけるかとの問いに「私を誰だと思っているんだ」と豪語したシャアでしたが、三分遅れで接触できるはずがその三分の間にキャメル艦隊は全滅。
その後サイド6の空域でもコンスコン艦隊を三分も経たずにリックドム十二機を全滅というセリフがあることから、ホワイトベースのモビルスーツ隊、ことにアムロのガンダムには三分あれば一個艦隊との戦闘には充分な時間ということなのかも。

19051702.jpg
サイド6と言えば、カムラン検察官が自家用機でホワイトベースを護衛して出発し、その後別れるときにブリッジをかすめていくシーンがありますけど、その時のこの新規カットが好きなんですよねー。
この後ミライさんがちゃんと手を振ってくれるという。

19051703.jpg
あと、この戦争をTVで放送されるのを見ている中立国の市民というのは、我々もこんなものですわな。

19051704.jpg   19051705.jpg
そして出撃前に至福のひと時を堪能するお二人。(笑)

戦いはソロモンを経てア・バオア・クーへと進み、連邦軍は勝利をしつつもティアンム提督やレビル将軍という有能とされた将帥を次々と失っていってしまうんですよね。
それがのちにティターンズなどの跳梁につながるとも言いますけど、それはまたこの後のこと。
とはいえ、レビル将軍戦死後の実際のア・バオア・クー攻略戦の指揮を取った人物がわかっていないというのは、ある意味宇宙世紀の謎の一つかもしれませんね。
誰が指揮を取ったんでしょうねー。

久しぶりにファーストガンダム劇場版三部作をフルで視聴いたしました。
あらためて見るといろいろと思うところはあれど、やはり面白い作品だったんだなぁと感じます。
名作ですねぇ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/05/17(金) 18:33:49|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

哀 ふるえーる哀♪

先日は劇場版「機動戦士ガンダム」を視聴しましたが、今日は続編の「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士」を視聴しました。

大雑把に言って前半はランバ・ラル隊との戦いとそれに伴うアムロの脱走。
後半はジャブローを襲撃してきたシャアとアムロの戦いといったところでしょうか。
まあ、黒い三連星やミハルのエピソードなどいろいろとありますけど。

19051501.jpg
セイラさんもガンダムで出撃したりしますしねー。

それにしても、モビルスーツに乗って一ヶ月になるかならないかのアムロが、ジオンのエースたちであるシャアもランバも黒い三連星も全部退けてしまうのですから、ガンダムの性能だけとは言えないですよねー。
「ぼくが一番ガンダムをうまく扱えるんだ」というアムロのセリフは、今に至るもまさにその通りだろうなぁと思わされます。
まあ、化け物ですわ。(笑)

これでホワイトベースは完全修理を終えて宇宙に出発。
いよいよ「めぐりあい宇宙」を見る前提が整いました。
週末にでも見ましょうかねー。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/05/15(水) 18:24:06|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ライリーライリー♪

今日も仕事を終えて区役所行ったり年金事務所に行ったりといろいろと忙しかったわけですが、夕方には戻ってこれましたので、久しぶりにファーストガンダムの劇場版の一話目「機動戦士ガンダム」を見たわけです。

19051001.jpg
「この艦とガンダムが完成すれば、ジオン公国を打ち砕くなど造作もない!」
あらためて見ますと、連邦軍士官がそう豪語するだけの実力をガンダムは持ってますよねー。
乗ったばかりの少年がエースパイロットと互角に戦っちゃうんですよ。
すごすぎるでしょ。(笑)

そしてアムロの母に倍賞さんが起用されたこの映画。
でも、倍賞さんだけで済みましたね。
下手したらあの大物俳優がギレン総帥の声をとか、あのベテラン俳優がレビル将軍の声をなんてこともありえたのかもしれませんねぇ。

それにしても久しぶりに見ると、やはりアムロは化け物でした。
強すぎる。(笑)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/05/10(金) 20:22:35|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全話見終わった

フォロワーの方から送っていただきました「ふたりはプリキュアSplashStar」のDVDセット。
スプラッシュスター

今日、全49話すべての視聴を終えました。
いやぁ、面白かったー。ヽ(´▽`)ノ

なんだかんだとすごく楽しませてもらいました。
初代白黒に匹敵する楽しさだったと思います。
途中から登場した満と薫もいいキャラでしたねぇ。

「ふたりはプリキュア」と「ふたりはプリキュアMaxheart」を見終わったとき、いつかはこの作品も見たいなぁとは思っておりましたが、その思いがこうしてかなったのは本当にありがたいです。
感謝感謝です。
おかげですごく楽しい作品を知ることできましたです。

それにしても、「ラスボスと思われていたのがラスボスじゃなかった」パターンがこの時点で登場していたんですねー。
「寝返り敵キャラ」もそうですし、けっこう話的には初代との差を付けていたみたいですが、それでも明確な差別化ができなかったんですかねー。
おもちゃの売り上げ的には苦戦を強いられた作品だったとのことですが、本当に話自体はすごく面白い作品でした。
楽しかったです。

さて、咲舞を見終わりましたので、なぎほのでも見返しましょうかねー。(笑)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/05/07(火) 19:43:57|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満と薫かわいい

点滴や処方してもらった薬のおかげか、昨日よりはかなり調子が良くなった舞方です。
とは言いましても、まだお腹の調子は本調子とは言い難いので、今日は父の病院に行くのを取りやめることに。
その分今日の休日は家でおとなしくしておりました。

それで、先日から視聴しております「ふたりはプリキュアSplashStar」のDVDを、今日もじっくりと見ることにしました。
今日を含めてやっと第26話まで見ることができましたが、面白いですね。
特に敵方のキャラとして登場しました霧生満と霧生薫の二人に惹かれました。
残念ながら一時退場となってしまいましたが、後半でまた復活するとのことですので、楽しみに先を見たいと思います。

19042601.jpg
それにしても敵ボスのアクダイカーン様いいなぁ。
こんなかわいい二人に「忠実なしもべです」とか「仰せのままに」とか「お任せください」とか言ってもらえるんだもん。
一度言われてみたいものですよねー。(笑)

商業的には振るわなかったと言われるこの作品ですが、なるほど良くも悪くも初代「ふたりはプリキュア」「ふたりはプリキュアMaxheart」を忠実に踏襲しているなぁと感じます。
安定して面白い半面、初代との明確な差別化ができなかったのではないかという感じも受けます。
妖精の役割も似たようなものですし、満と薫も初代のキリヤくんと役割的にはかぶってしまうような感じですし。

とはいえ、ここまで前半を見たところでは、話はとても面白いです。
バトルがやや物足りなさもありますが、初代が激しすぎるという面もあるでしょうから仕方なかったのかも。
今後どうなっていくのか楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/04/27(土) 18:59:22|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパンは夢を見ない!

今日の金曜ロードショーは、本来なら「名探偵コナン 天空の難破船」を放送するはずだったのですが、先日惜しまれながらもお亡くなりになられてしまったモンキー・パンチ氏を追悼し、「ルパン三世劇場版 ルパンVS複製人間」が放送されることになったそうです。

言わずと知れたルパン三世初の劇場版ということで、今では知名度も上がり評価も高い作品ですけど、公開当時はあんまり評価されなかったみたいですねぇ。
かくいう私も劇場に足を運んだわけではなく、TV放送で見た口です。
まあ、それを言うなら「カリオストロの城」も見に行きはしませんでしたが。(*´ω`)

実際、モンキー・パンチ氏のルパンのイメージはこちらの作品の方がカリオストロよりは近いでしょう。
絵柄も結構寄せている感じですし。

個人的にはこの作品はやはり登場人物の一人マモーのキャラが大きいのではないかと思ってます。
それもマモーの声をあてられた西村晃氏の声のおかげかなと。
あのお声がいいんですよ。
あのお声で「ルパンは夢を見ない!」なんてセリフを言うんですから、いいに決まってます。(笑)

今日は久しぶりのマモーの声をじっくり聴くとしましょうか。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/04/19(金) 18:45:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ケムリクサ見終わた

朝早い仕事のために、さすがに夜中の本放送を見ることはかなわなかったので録画をずっとしていたのですが、本日めでたく全12話最後まで見終えることができました。(*´ω`)

ケムリクサ公式サイト

なんと言いますか、面白かったというのもちょっと違う気もするんですが、とにかく惹きこまれました。
物語の作り方としては異質だと思いますし、置かれた世界もどんなものなのか、そもそもいろいろと種類のあるケムリクサとやらがなんなのかさえもはっきりとはわかりません。

それらを登場人物たちと一緒にいろいろと考えながら視聴する。
ケムリクサも、ああこういう使い方ができるのかとキャラと一緒に理解する。
そんな感じのアニメだったように思います。

そもそも、世界が良くわからないと言ったところで、じゃあ、私たちはいま生きているこの世界をどれほど知っているというのでしょう?
置かれている立場は作中の登場キャラたちとそんなに変わりはないのかもしれません。
そんな中でとにかく生きていく。
そういうところが惹かれたのかもしれません。

個人的には一回見ただけでは足りず、二回三回と見るべきアニメかなと思います。
たぶん、初見では気づかなかったことがいっぱいあるはずなので。
なので、折を見て二回目視聴をしようと思います。

まあ、最終回を見た時の感想としては、誰も死なずに済んで良かったとだけ。(*´ω`)
ああ・・・良かった・・・

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/04/12(金) 18:20:58|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀河の歴史がついに最終ページ

昨日まで投下してきました5000日到達記念SS「ママと遊ぼう」も終了しましたので、今日からまた通常営業の「舞方雅人の趣味の世界」をよろしくお願いします。

さて、1月から見始めたアニメ「銀河英雄伝説」ですが、このほどめでたく本編全110話を見終えることができましたー。
ヽ(´▽`)ノワァイ

銀英伝
いやぁ、長かったですねぇ。
とはいえ、面白い作品ですので、次々と続きが見たくなりましたので、見るのは全く苦痛ではなかったです。
途中見なかった日ももちろんありますけど、全110話を見終えるのに約三か月間かかったという感じですね。

銀英伝のつらいところは、帝国と同盟の軍事バランスが取れている時期というのが原作一巻で終わってしまうんですよね。
そこから先はひたすら同盟の崩壊しかなくて、ヤンを見ているとつらくなるんですよねー。
そして原作八巻、アニメですと82話でのヤンの死がある意味一つの終了点となり、その先が結構印象に残っていなかったなぁという感じでした。
なので、あらためて見返して、そうか、ヤンの死後はこんな話だったかと再確認できました。

今後は外伝の方がありますので、そっちを見ていこうかなーと。
実は同盟の活躍というか帝国との互角の勝負は外伝の方が多いので、同盟好きには外伝の方が面白いかもしれませんね。
見るのが楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/03/28(木) 18:14:29|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

本編だけでもあと20話

以前アニメの「銀河英雄伝説」(旧版)を見直しているということを記事にしましたが、今日までで第90話まで見終わりました。

ストーリー的には自由惑星同盟側の一方の雄であるヤン・ウェンリー提督がテロによって死亡し、イゼルローン要塞に細々と民主共和制が生き残っているという状況。
そして同盟を征服したラインハルトの新銀河帝国だったが、新領土総督のロイエンタール元帥に着々と罠が仕掛けられていくというあたりです。

本編だけでもまだあと20話も残っているんですよね。
本当に良くもここまでアニメ化してくれたものだと思います。
新作の方も本編全部アニメ化できるんでしょうかねー。

正直、ここから以後は原作含めてあんまり記憶に残っていないので、どんな話だったか再確認するという意味でも見るのが楽しみです。
本編が終わったら外伝ですかねー。
これがまた結構話数があるんですよね。
「千億の星・千億の光」や「螺旋迷宮」も面白いんですよね。
見るしかないだろうなぁ。(笑)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/03/17(日) 18:02:49|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニコーン見てる

「HUGっと!プリキュア」の録画再視聴を終えましたので、先日から「機動戦士ガンダムユニコーン:RE0096」を再度見始めています。

こちらが放送していた当時はちょうど父を自宅介護していた時期と重なっておりまして、いつも父が寝てからとかに録画したものを見ていたような気がします。
なので、あらためて見るとやや新鮮な感じもしますね。

それにしてもジオン残党というか袖付きにしても地球にいた連中にしても多種多様なモビルスーツを良くもここまで集めたものというぐらいに機種がバラバラですねー。
まだフル・フロンタル配下はギラ・ズールあたりが多いようですけど、それでもドラッツェなんかも出てきたりしますし、部隊の統一運用が難しかっただろうなぁと思いますね。

それよりも何よりも整備はどうなっているんだと思わずにはいられず、ジオン残党にはきっとマッコイ爺さん@エリア88のような人物がいたに違いないと思ってしまいます。(笑)

まあ、この多種多様のモビルスーツの共演がこの話の一つの売りでしょうから、いっぱい出てくるのは当然なんでしょうけどねー。

まだ中盤に差し掛かったところですが、この後も楽しく見ていこうと思います。
問題は録画したDVDをプレーヤーが認識しづらいってことなんですよねー。
やれやれ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/03/08(金) 19:26:12|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア