FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

帝国軍出撃

毎週水曜日はGYAOで「銀河英雄伝説Die Neue These」の配信の日。
今回は第11話「死線(前編)」でした。

帝国領に侵攻したものの、敵の姿はなく、あるのはすべての食糧を持ち去られてしまった飢えた民衆のみ。
同盟は解放軍として彼らを食わしてやらねばならず、補給担当のキャゼルヌは頭を抱える。
彼はこの状態ではわが軍が崩壊するとして撤収を総司令官に訴えるが、フォークの横やりと本国議会で却下。

ヤンは第10艦隊司令官ウランフと撤退について話し合い、ビュコックを通して総司令部に訴えるが、こちらも総司令官とは面談できず。
ただ、フォークが発作を起こして職務に耐えなくなったぐらい。

民衆の要求とそれに応えられなくなった同盟とがぶつかり合いになったころ、ついにラインハルトは反撃のために麾下の提督たちに出撃を命じ、帝都オーディンから艦艇がぞくぞくと出発するのであった。
というところまで。

今回は第一期のラスト前ということのようで、アムリッツァ会戦が締めということのようですね。
続きは来年に劇場にてということのようですけど、来年はキルヒアイスが死ぬところまでかなー。

ところで、今回の「銀河英雄伝説Die Neue These」を見てて、話の進み方は旧アニメとほぼ似たようなものだと思うのに、なぜか「ダイジェスト版」みたいな感じを受けていたんですが、今日Twitterである方から教えていただき、その謎が解けました。

今作は旧アニメのリメイクではなく、あくまで原作の再アニメ化であるため、旧アニメで割とふんだんに取り入れられたオリジナルエピソードや設定がほぼ使えないようで、原作通りにやっているからなんですね。
そう考えますと、旧アニメは原作のエピソードが結構アニメオリジナル部分で膨らませられていたりするんですね。
いい意味で旧アニメは原作を広げていたといえるのかもしれませんね。

次回は「死線(後編)」
次回でラストですかー。
残念。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/20(水) 18:23:43|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

選挙のための出兵

毎週水曜日はGYAOで「銀河英雄伝説Die Neue These」の配信の日。
今週は「幕間狂言」でした。

先週の時点ではもしかしてベーネミュンデ侯爵夫人の事件かと思いましたが、あれは「女優退場」でしたね。
今回は単に同盟軍による帝国領出兵のための会議の話でした。
まあ、単にフォーク准将が登場していやな奴と思わせるだけの話です。(笑)

先週のサンフォード議長が旧アニメのミュッケンベルガー元帥の柴田秀勝氏だったのに引き続き、今週は帝国のゲルラッハ財務尚書の声に旧アニメでメックリンガー提督の声をあてられました土師孝也氏が登場。
相変わらずの渋いいい声でゲルラッハがかっこよく見えてしまいます。(*´ω`)
こうして旧アニメに登場した声優さんもまた登場されるというのもいいものですねぇ。

次回は「死戦(前編)」
帝国領での同盟の惨敗の始まりですなぁ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/13(水) 18:32:27|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上司と部下に挟まれての食事

水曜日はGYAOで「銀河英雄伝説Die Neue These」の配信の日。
今日は第9話「それぞれの星」でした。

婚約者を失い雨に濡れながらヤンの元を訪れるジェシカからスタート。
ところがヤンは出征中だったため会えずじまい。

ヤンはイゼルローンを落としたことで意気揚々と辞表を提出するも、結局は軍に残らざるを得なくなり、やめてきたよーとユリアンに食事をしながら報告するはずが、逆にグリーンヒル大将とフレデリカと一緒に食事をする羽目になり、その場で中将昇進の内示を受けることに。
上司と部下に挟まれての食事となれば、ヤンも食事の味などよくわからなかったのじゃなかろうか。(笑)

一方でホワン・ルイとジョアン・レベロの奮闘もむなしく、同盟政府は帝国領への出兵を賛成多数で決定。
旧アニメでも出てましたが、ウィンザー議員がいやな奴ですなぁ。
原作でも出てましたっけ?

そう言えばサンフォード評議会議長の声が柴田秀勝さんでした。
旧アニメではミュッケンベルガー元帥を演じていらっしゃいましたが、本当に久しぶりにお声を聴いた気がします。
お元気そうで何より。(*´ω`)

食事を終えたヤンとユリアンは交通マヒに巻き込まれて自宅まで歩くことに。
その時空を見上げながらユリアンと星の話を。
自分と同じ星を見上げる必要はないんだというヤン。
確かにユリアンはヤン自身を見上げて進んでいくことになりますな。

次回は「幕間狂言」
ベーネミュンデ侯爵夫人の事件でしょうかね?
帝国領侵攻まで行けるの?

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/06/06(水) 18:39:16|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイエルって言わんとダメ?

毎週水曜日はGYAOで「銀河英雄伝説Die Neue These」配信の日。
今日は第9話「それぞれの星」
だと思ったんですが、どうも今日は配信がなかったようで、その代わり「特別番組キルヒアイスのイゼルローン訪問記」なるものが。

銀英伝Die Neue Theseでキルヒアイスの中の人を務める梅原裕一郎さんが、銀英伝公式カフェの「イゼルローンフォートレス」なるところにお伺いするというものでした。
いろいろと銀英伝にまつわるネーミングの料理やドリンクがあるようで、アスパラにチーズをかけたものを同盟艦隊に見立て、それをトールハンマーに見立てたバーナーで炙る料理とか紹介されてましたけど、炙るときに「ご一緒にファイエルとおっしゃってください」って言われてて、思わず笑ってしまいました。

その後は旧アニメでキルヒアイスの中の人だった広中雅志さんとの新旧対談や、原作者の田中芳樹氏も登場されての三者対談などが。
まあ、なんだかんだ見てしまいましたけど、本編が見たかったなぁ。
たぶん来週は配信してくれると思いますので、楽しみにしております。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/05/30(水) 17:33:23|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あれじゃ死ぬわ

毎週水曜日はGYAOで「銀河英雄伝説Die Neue These」の配信の日。
今日は第8話、「カストロプ動乱」でした。

カストロプ公領で帝国に対する反抗が起き、元帥府を開いたばかりのラインハルトが腹心であるキルヒアイスに箔を付けさせるために討伐任務を命じるというもので、まあ、キルヒアイス君はあっさりとカストロプ軍を撃破しましたよーというお話。
それにしても原作でも道原版漫画でも旧アニメでもそれぞれに戦い方が異なったような気がしましたが、今回は戦いと言ってもキルヒアイス側は一発も撃たずに終わらせるとは。
まあ、あれだけ何か言うたびに部下を殴っているようでは、部下に殺されて終わるのも当然か。

動乱自体は前半分で終了し、後半はラインハルトの元にオーベルシュタインが現れるというもの。
塩沢さんの旧アニメ版オーベルシュタインもよかったですが、今回の諏訪部さんオーベルシュタインも悪くないですなー。
それにしても、旧アニメ版はベルばらに出てくるようなフランス宮廷風の衣装を帝国側人物に着せていましたけど、今回の帝国は宰相のリヒテンラーデ候あたりも地味なスーツ姿で、第一次大戦ごろのオーストリア・ハンガリー帝国あたりの雰囲気かなと感じました。

次回は「それぞれの星」とのこと。
ハイネセンでのヤンとユリアンの話でしょうかね?
楽しみです。
ところでTV放映はあと5話ぐらいかなと思いますけど、この分だと帝国領侵攻して大敗するまであたりですかね?
続きは来年でしたっけ。
キルヒアイスが死ぬところまでなんだろうなぁ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/05/23(水) 17:59:27|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わりとあっさり

水曜日はGYAOで「銀河英雄伝説Die Neue These」の配信の日。
今日は「イゼルローン攻略 後編」でした。

なんと言いますか、今回の主役は当然のごとくワルター・フォン・シェーンコップ大佐。
彼が帝国軍の艦長に変装してイゼルローンに侵入し、そこから厳重な警備の中を司令室に行くまでがメインストーリー。
途中チラッと彼の祖父が政争に敗れて同盟に亡命しなくてはならなくなったことが描かれ、幼いシェーンコップ君も登場。
何でしょうね、旧アニメのように出来事を追うのではなく、キャラを追っていくような感じでしょうか。

そのためか攻略戦そのものはわりとあっさり。
もっとも、司令室を押さえられた時点で要塞は陥落したようなものなので当然と言えば当然でしょうが。
その後はトールハンマーの強力さを見せつけて終了。
ミラクルヤンの誕生と相成りました。

それにしてもこの巨大な人口天体の空調システムって、どうなっているんですかね。
司令部押さえて空調システムから催眠ガスを流したらしいですけど、鹵獲した巡洋艦で持ち込める程度の催眠ガスで間に合うんですかね?

次回は「カストロプ動乱」
キルヒアイス君の出世物語ですねー。
楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/05/16(水) 17:42:32|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

誕生したの? 赤い彗星?

やっと今日、アマゾンの配信で「機動戦士ガンダムTHE ORIGINⅥ 誕生 赤い彗星」を見ることができました。
ヽ(´▽`)ノヒャッホイ

orijinn6

いやぁ、前半のジオン対連邦軍の艦隊戦はさすがの迫力。
とくにやられ役ではありますが、連邦のマゼラン級戦艦やサラミス級巡洋艦がかっこよく戦い沈んでいく様は感涙ものです。
うう・・・こんなかっこいい連邦軍艦隊の雄姿が見られるとは・・・やられますけど・・・ (笑)

後半はそこからあのファーストガンダムへのつながりとなる政治劇。
人間絶頂の時に踏みとどまることの難しさを、ギレン総帥は身をもって教えてくださいますなぁ。

そしてレビル脱出という名のある意味茶番とそこにからんでしまったシャア君。
「私には過ぎた宝船」というセリフでレビルを見逃しわけですが、まあ、復讐のためにはもうちょっと戦争が続いてくれた方が彼もよかったんでしょうけど、彼もまさかこの時が人生の絶頂だったとは思わなかったかも。(笑)

それにしてもサブタイトルが「誕生 赤い彗星」ですけど、この作品だけではあんまり誕生したようには見えませんな。
原作マンガ通りとはいえ、ルウム戦でのシャアの活躍らしい活躍がほとんどなく、なぜ彼が「赤い彗星」という異名で連邦軍兵士に恐れられたのかというのが見えません。
むしろこの状況ならレビルを捕獲した「黒い三連星」のほうが連邦軍内では認識が高そう。
もしかしたら、シャアの異名がとどろくのはルウムでよりも、V作戦を追跡する中での敵に対する非情さとかで、「そう言えば彼はあのルウムの・・・」みたいにあとからルウムでの活躍が付け足されたのかもしれませんね。

さて、アマゾンでの配信は視聴開始から48時間なので、あと二回ぐらいは見られますかね。
少なくとももう一回は見るつもりです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/05/11(金) 18:55:59|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

要塞攻略戦始まる

水曜日はGYAOで「銀河英雄伝説Die Neue These」の日。
のはずですが、すっかり忘れていて、先ほど見ました。(笑)

今回は第6話「イゼルローン攻略(前編)」
ついに第13艦隊が編成され、帝国の要衝イゼルローン要塞の攻略戦が始まります。
ここでやっとヤンの幕僚が勢ぞろい。
フレデリカをはじめ、ムライさんやパトリチェフ、そしてシェーンコップらが登場。
ムライさん、なんかとっても想像とは違うキャラデザでびっくり。

そしてイゼルローン要塞は、映像を見る限り原作の装甲板に覆われた外見と旧アニメ版の流体金属に覆われた外見を両方取り入れているっぽい感じに見えました。
トールハンマーもやはり絶大なる威力。
まあ、「史実」を知っているので、結果はわかっているんですけど、なんだかワクワクしますね。

次回は「イゼルローン攻略(後編)」
攻略本編というところですね。
楽しみですー。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/05/09(水) 18:33:51|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第13独立戦隊ではありません

水曜日はGYAOでアニメ「銀河英雄伝説Die Neue These」の配信日。
今日もさっそく第五話目を視聴しました。

今回のサブタイトルは「第13艦隊誕生」
前回に引き続き同盟視点での話です。

アスターテ会戦での惨敗から慰霊祭が行われ、国防委員長ヨブ・トリューニヒト氏の演説とジェシカ・エドワーズのあなたはどこにいるのか宣言。
席を立たずにいたヤンに対する憂国騎士団の嫌がらせなど、同盟内部の情勢が悪化していく様子が描かれ、一方でヤンは准将から少将へと昇進し、半個艦隊の第13艦隊の司令官に決定したと告げられるというところ。

憂国騎士団に対して備え付けの散水機で応戦するシーンは原作でも旧版アニメでもありましたが、今作ではその前にヤン自身が散水機による攻撃を受けていた模様。
故障?
それとも玄関も水撒き範囲だったとか?

前回で玄関先にたたずんでいたユリアンは、もうしっかりとヤンと暮らしている様子。
可愛さが少し減ったかも。(笑)

次回は「イゼルローン攻略 前編」
どんな感じで描かれるのか、楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/05/02(水) 17:35:45|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新たな異名が! 

水曜日はGYAOで「銀英伝Die Neue These」の日。
今日は第四話、「不敗の魔術師」でした。

前回同様に今回はヤンの過去話。
冒頭いきなりのショタッ子ヤンがかわええ。
そして、OPが終わるとすでに士官学校に入っているところで、ジェシカと知り合うエピソード。
そこでなんと、若きヤン君はのちに「奇跡のヤン」「魔術師ヤン」という異名をもらう前に、「手ぶらのヤン」という異名をいただいていたことが発覚。
なんだそりゃ。(笑)

そして主席のワイドボーンとのシミュレーションエピソードやエル・ファシルの英雄エピソードなどが描かれ、最後はユリアンが登場して終了。
これまたユリアンかわええ。
なんだろう・・・
旧版アニメよりも結構キャラ好きかも。

次回は「第13艦隊誕生」
これまでの流れから言うと帝国側視点の話かなと思ったんですが、タイトルから見ると同盟側視点の話になりそうですね。
そろそろ交互視点はやらなくなるのかな?
この状況ですと、一クールで原作一巻終了までですかね。
そして二クールで二巻終了という感じかも。
それ以後は作るかどうかはまだ未定かもしれませんね。

とりあえず、来週も楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/04/25(水) 18:21:49|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア