FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

もえあがーれーもえあがーれー♪

地上波テレビでアニメの再放送ということが無くなってどれぐらい経ちますでしょうか?
昔は見逃した話があっても、いずれ再放送されるだろうからその時見ればいいかみたいな気持ちになったものですが、今は一回見逃すとほぼテレビでは見ることは不可能ですもんねぇ。

ということで、いわゆるファーストガンダムと呼ばれる「機動戦士ガンダム」も、昔は何度も再放送がされて、そのたびに見ていたものでしたが、すっかりそんなこともなくなってしまっておりました。
が、今はYouTubeで毎週金曜日に一話ずつ無料配信が行われておりまして、おかげさまで数年ぶり(もしかしたら十数年ぶり?)にファーストガンダムを見ることができておりますです。
( ˘ω˘)人アリガタヤー

今週は第17話「アムロ脱走」
ブライトの命令を無視してガンタンクで出撃したアムロを、ブライトがガンダムから降ろそうとしたところ、アムロがガンダムごとホワイトベースから出ていっちゃうという話ですね。
重要な話なので劇場版でも入っているエピソードですが、第15話の「ククルス・ドアンの島」や、来週配信される第18話の「灼熱のアッザム・リーダー」みたいな一話まるごとカットされてしまったような話も久々に見ることができてありがたいですねー。

それにしても作画崩壊はともかく、絵柄の古さは慣れてしまっているせいかそれほど気になりませんね。
まあ、劇場版を時々見ているので、慣れちゃっているんでしょうね。

全話見るまではまだあと半年ちょっとかかりそうですが、先が楽しみですね。
君は(見終わるまで)生き延びることができるか?

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/11/09(土) 18:18:15|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二章はまだ見てないです

第二章の劇場公開に合わせ、「銀河英雄伝説 Die Neue These」の第一章12話をGYAOで無料配信しておりましたので、再度見直しておりました。
二回目となると、一回目よりは落ち着いてみられる感じですね。(笑)

どうしても旧作と比べてしまいがちになりますけど、まあ、これはこれでという感じでも見ることができました。
キャラデザインもまあ悪くないなって思いましたし、ユリアンはこっちの方がかわいいかな。(笑)

ストーリーはもちろん変わるものではないですから、同盟の愚劣さだけが目に付いてしまいますけど、これはしょうがないですなぁ。
アスターテ会戦でもアムリッツァ会戦でも同盟の指揮官たちはおいおいおいって感じですからねー。

帝国の雰囲気は以前も言ったかもしれませんが、オーストリア・ハンガリー二重帝国あたりのイメージかなーという気がしました。
なんだかんだ20世紀まで残った帝国ですしね。
中世風ではなくスーツ姿あたりが近代風でしたので。

第二章が今現在劇場公開しているわけですが、そのうち配信されるのではないかなーと待っておりますです。
とりあえずは見てみたいところですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/10/27(日) 18:30:18|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHK版ガンダムORIGINが終わった

途中間が開いたこともありましたけど、4月からNHKで日曜深夜に放送されておりましたアニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」が昨日最終回を迎えましたね。

最後はNHK版用に追加されたサイド7に向かうホワイトベースを見つめるシャアのカットで終了という形で、まさに「機動戦士ガンダム」の第一話直前という状況でした。
それこそこのまま「機動戦士ガンダム」の第一話を来週から放送してくれてもいいのになぁと思ってしまうぐらいです。
できればリメイクしてほしい気もしますけど、難しいかなぁ。

それにしても、マ・クベ役の山崎たくみさん、ワッケイン役の森川智之さん、ブライト役の成田剣さんなど「機動戦士ガンダム」の当時の声優さんが鬼籍に入られてしまっている役柄の声を、かなり寄せた感じの声で演じられていらっしゃった感じですねぇ。
マ・クベなんかは、美術館らしきところですら贋作ともいえないようなものを高値で買っている現状を憂いたシーンがありましたけど、ほんといい感じでした。

OVA版6本を13話に再編集した作品でしたが、それでもかなりの部分カットしてあるのはちょっと残念。
とはいえ、地上波でしかもNHKで放送してくれたのはありがたかったです。
面白かった―。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/08/13(火) 19:10:21|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初視聴でした

昨晩はNHKでアニメ「この世界の片隅に」が放送されましたね。

konosekai_KV600.jpg
実は私は初視聴でありまして、楽しみにしておりましたです。(*´ω`)

いやぁ、なんといいますか、面白いとかそういうものを超えて、いろいろと考えさせられるアニメでしたねぇ。
本当に見ていて、これを面白いと言ってもいいのだろうかと自問自答してしまいましたです。

戦争中という時代ではありますが、人は当然日々生きていかなくてはならないわけで、その日々の営みが丁寧に描かれているのですけど、そういう日々を生きる人々が国力というものの一端である以上、そういう人たちをも殺しに来るのが近代の大規模戦争というものなわけでして・・・
やっぱり戦争はやっちゃいかんですわ。

とにかく、見ながらいろいろと考えさせられるアニメ映画でした。
本当に見てよかったです。
NHKさんありがとうございました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/08/04(日) 18:12:17|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンダムORIGIN再開

何やかやと約一か月も間が空いたNHKで放送中の「ガンダムORIGIN 前夜赤い彗星」ですが、昨晩11話が放送されましたねー。

私は録画したものを今日になって見たわけですけど、やはり宇宙での大規模戦闘がこれでもかという感じで描かれていてよかったですねー。
序盤ではジオン連邦双方ともが艦隊戦を行いますけど、そこではやはり数の優位と艦艇の性能で連邦に一日の長があるのが描かれるんですよね。
そして中盤からはミノフスキー粒子による目くらましとMSを投入した戦術によって、ジオンが圧倒的に連邦を撃破しちゃうという。

かっこよく描かれていた連邦のマゼラン級やサラミス級も、ザクの前には射撃の的でしかなくて、次々と沈められちゃうのが連邦艦艇ファンの私としてはちょっと残念。(^_^;)
でもまあ、ルウムの戦いはそういう戦いだからなぁ。

それにしても、もう残り二話なんですねぇ。
あとはレビル将軍が脱出して、ジオンに兵なしの演説をするまで。
そこから約九か月間の膠着状態の後、いよいよRX-78を受け取りにホワイトベースがサイド7へ向かうというね。
そこからの話もリメイクしてくれないかなー。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/07/29(月) 18:59:41|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何度見ても発見がある

今日は午後からウォーゲームでもやろうかと思っていたのですが、朝からずっとむしむしと蒸し暑くてしんどくて、この調子じゃ紙のマップやユニットに汗だらだらということにもなりかねないと断念。

そこで午後からはなんかDVDでも見ようと思い、結局「天空の城ラピュタ」を見ることに。
それにしても、何度見ても毎回発見というか気付きがあるよなーと思いますね。

19072701.jpg
特に私はこのラピュタに登場する軍が結構好きでして、軍装とかがロシアっぽくていいんですよねー。
それにちゃんと士官と兵士の軍装が区別されているんですよね。

19072702.jpg
装甲列車ももっといろいろと連結されているのかと思っていたんですが、意外と先頭の装甲車両と後尾の装甲車両、その間に挟まれる形の機関車の三両しかなかったんですね。

19072703.jpg
このシーンも兵士たちがみんなちゃんと撃つたびにレバーを操作して弾薬の入れ替えをしているんですよね。
こういう細かいシーンがちゃんと描かれているのがすごく好きです。

あと気になったのがこちら。
19072704.jpg
将軍とムスカの会話シーンですけど、この壁にかかっている地図、欲しくないですか?
私は欲しいです。(笑)
パズーの鉱山町がどこかとか、このティディス要塞はどこにあるのかとか知りたいじゃないですかー。
地図って見ているだけで楽しいですよねー。

まあ、というようなところを楽しみながら見てました。
「バルス!」

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/07/27(土) 19:15:19|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

英雄など酒場に行けばいくらでも

「ふたりはプリキュアSplashStar」の二周目視聴も終わったことで、ここ数日は「銀河英雄伝説」の「外伝」の方をちょこちょことみている舞方です。

銀英伝
とりあえず「螺旋迷宮」を全14話と「第三次ティアマト会戦」の前後編を見たところですけど、富山敬さん亡き後の郷田ほずみさんのヤン・ウェンリーが見られる話ですよね。

「螺旋迷宮」の方はほかにもブルース・アッシュビー役で風間杜夫さんやアルフレッド・ローザス役で瑳川哲朗さん、クリストフ・フォン・ケーフェンヒラー役で矢島正明さんなどが声をあてているのがまたいいですよね。
風間杜夫さんのアッシュビーは聞いていても似合うなぁって感じました。

「外伝」はほかにもまだまだありますので、おいおい見ていこうと思います。
次は「汚名」でしょうかね。
キルヒアイスが主役の話ですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/07/25(木) 18:59:54|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんなことをするのはあんにゃろめぐらいです

今YouTubeでアニメの「名探偵ホームズ」が第一話から第五話まで無料で公開されております。

ホームズ

宮崎駿氏がかかわったという六話のうち三話(第三話:小さなマーサの大事件 第四話:ミセス・ハドソン人質事件 第五話:青い紅玉)も含まれておりますので、しっかり楽しませていただきました。(*'▽')

一応全話無料公開するらしいのですが、今のところこの五話だけのようです。
本当にありがたいですねぇ。

久しぶりに見ましたけど、広川太一郎氏のホームズはやっぱり最高です。
一話でのワトソン博士との出会いってあんな話だったんですねー。
どうも宮崎氏のかかわった話ばかりが印象に残っていたもので、第一話がどういう話だったのか忘れてました。

今後順次公開されていくのでしょうけど、楽しみですねー。
全話早く見たいですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/07/16(火) 18:53:56|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二周目終了

ちまちま見続けてきました「ふたりはプリキュアSplashStar」のDVDですが、今日で二周目を見終わりましたー。
ヽ(´▽`)ノオモシロカッター

いやぁ、初代無印の「ふたりはプリキュア」も大好きなんですが、「ふたりはプリキュアSplashStar」はそれを上回るぐらいに気に入ってしまいました。
この作品は本当に面白い。

19062001.jpg   19070203.jpg

ヒロイン日向咲と美翔舞の二人もいいのですけど、途中参戦してくる霧生満と霧生薫の二人がまたいいですよね。
最初は敵として、そして二人と触れ合ううちに味方へと。

19070805.jpg
最後はこれですよ。
もうね、最強の四人ですよ。(´▽`)ノ

それにしましても、「ふたりはプリキュア」では、わりと序盤からプリキュアとなったふたりの肉弾戦が華々しく繰り広げられますけど、「ふたりはプリキュアSplashStar」の方では、序盤はほとんどバトルらしいバトルにはなっていなんですよね。
敵の攻撃を受け、耐えきって決め技で反撃するというパターンが多く、肉弾戦というイメージはほとんどありませんでした。
ですが、中盤から終盤に向け、じょじょにバトルらしいバトルになっていき、最終決戦でのゴーヤーンとの戦いでは、まさに初代をほうふつとさせるような熱い肉弾戦が繰り広げられるんですよね。
なんというか、二人も戦いに習熟したんだなぁという感じがして、時間の流れを感じさせてくれますです。

さて、これでプリキュアも一段落させ、次に何を見るか考えないとですねー。
何がいいかなぁ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/07/08(月) 19:19:07|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涙よー海へ帰れーーー♪

今日は劇場版ファーストガンダム三部作の最終話、「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙」を見ました。
これで令和に昭和のガンダム三部作をすべて視聴したことに。(笑)

冒頭からドレン大尉の率いるムサイ艦隊(キャメルパトロール艦隊)との戦闘。
追いつけるかとの問いに「私を誰だと思っているんだ」と豪語したシャアでしたが、三分遅れで接触できるはずがその三分の間にキャメル艦隊は全滅。
その後サイド6の空域でもコンスコン艦隊を三分も経たずにリックドム十二機を全滅というセリフがあることから、ホワイトベースのモビルスーツ隊、ことにアムロのガンダムには三分あれば一個艦隊との戦闘には充分な時間ということなのかも。

19051702.jpg
サイド6と言えば、カムラン検察官が自家用機でホワイトベースを護衛して出発し、その後別れるときにブリッジをかすめていくシーンがありますけど、その時のこの新規カットが好きなんですよねー。
この後ミライさんがちゃんと手を振ってくれるという。

19051703.jpg
あと、この戦争をTVで放送されるのを見ている中立国の市民というのは、我々もこんなものですわな。

19051704.jpg   19051705.jpg
そして出撃前に至福のひと時を堪能するお二人。(笑)

戦いはソロモンを経てア・バオア・クーへと進み、連邦軍は勝利をしつつもティアンム提督やレビル将軍という有能とされた将帥を次々と失っていってしまうんですよね。
それがのちにティターンズなどの跳梁につながるとも言いますけど、それはまたこの後のこと。
とはいえ、レビル将軍戦死後の実際のア・バオア・クー攻略戦の指揮を取った人物がわかっていないというのは、ある意味宇宙世紀の謎の一つかもしれませんね。
誰が指揮を取ったんでしょうねー。

久しぶりにファーストガンダム劇場版三部作をフルで視聴いたしました。
あらためて見るといろいろと思うところはあれど、やはり面白い作品だったんだなぁと感じます。
名作ですねぇ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/05/17(金) 18:33:49|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア