FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

新しくて古いSquad Leader

注文してあった中古ゲームの「Squad Leader」が土曜日に到着しました。

17052201.jpg   17052202.jpg
新しい中古の「Squad Leader」です。(日本語が変ww)
ほとんど前の持ち主は使用していなかったようで、新品同様。
さらにはマップも箱もコーティングしてあり、ユニットは四隅を丁寧に切り落としてある。
すごいなぁ。

ということで、さっそくこのセットを使って「シナリオ1」のソロプレイ。
やはりSquad Leaderと言えばシナリオ1ですよね。

17052101.jpg
もうシナリオカードを一切見なくても初期配置ができるまでになったシナリオ1。
今回もちゃっちゃと配置です。

17052102.jpg
まずはソ連軍による攻撃。
このあたりまではまあまあ順当だったのですが・・・

17052103.jpg
撃てども撃てどもドイツ軍が混乱しません。
効果なしの大きいダイス目か、効果ありでも独軍が士気チェックに成功してしまうという。

17052104.jpg
そのうちに独軍の射撃にさらされたソ連軍628分隊がピンゾロを出して狂暴兵に。
士気チェックを無視できるなど利点もある狂暴化でしたが、この時は独軍に白兵戦を挑んであっさりと返り討ちに。Σ(°ω°)

17052105.jpg
それでもF5の建物に足掛かりを作り、左翼のM7の建物では独軍を混乱させるソ連軍。
しかしなかなか攻撃が進展しません。

17052106.jpg
射撃の時にはさっぱり低い目が出ないのに、士気チェックではピンゾロが出て、本日二回目の狂暴兵が登場。

17052107.jpg
狂暴兵たちの射撃で独軍分隊一個を潰走させ、残った一個分隊に白兵戦を挑みますが・・・今度はお互いに相打ちに。
まあ、これで独軍分隊がいなくなったので良しと言えば良し。

17052108.jpg
F5の建物を何とか占領したソ連軍は、混乱して前面に誰もいなくなったM7の建物にもここぞとばかりに接近します。

17052109.jpg
しかし、回復したドイツ軍が逆襲に転じ、F5の建物に再侵入してきます。
独軍の射撃を受けた628分隊が士気チェックでピンゾロを出し、なんと三個目の狂暴兵が出現しました。
これほど狂暴兵が登場した記憶は今までありません。

しかし、この狂暴兵もほぼ何の役にも立たず、独軍との相打ちがせいぜい。
兵力をすりつぶしてしまったソ連軍にはもはや力はありませんでした。

17052110.jpg
終了時の盤面。
ソ連軍ユニットがほとんどなく、このシナリオ1でこれほどソ連軍が完膚なきまでたたかれたのは珍しいかもしれません。

きれいなマップとユニットはやっぱり気持ちがいいですね。
楽しくプレイができました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/05/22(月) 21:03:48|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初弾故障はよくあることなれど・・・

金曜日、午前中に空き時間がありましたので、Squad Leader(Cresendo of Doom)のソロプレイを行いました。
山間の隘路の出口に陣取るフランス軍に対し、独軍先遣隊が攻撃を仕掛けるというシチュで、仏軍500ポイント、独軍750ポイントぐらいで部隊編成したんだったと思います。(ちょっと失念してしまいました)

17051901.jpg
こちらが初期配置。
仏軍は一応隠蔽配置。
ソロプレイなんでバレバレではあるんですが。

勝利条件としては丘の間を通る道路を独軍が確保するというものにしました。

17051902.jpg  17021003.jpg
独軍には支援に八輪重装甲車が一輌。
タミヤのプラモデルにもなっている奴のアンテナ無しバージョンですね。

17051903.jpg
こちらがフランス軍。
隘路の出口に急に布陣したという設定なので、防御施設らしきものはなく、建物や石塀が頼りです。

17051904.jpg  17051905.jpg
隘路をのこのこと進んできた独軍の重装甲車。
それに対し、石塀の陰に布陣したフランス軍の25ミリ重対戦車銃が満を持して射撃を開始!
しかし、なんと無情にもダイスは6ゾロで一発目を撃っただけで重対戦車銃は故障して沈黙。(ノ∀`)アチャー

17051906.jpg
独軍は隘路の出口に機関銃も設置されていることに気づき、丘を回り込んでフランス軍を攻撃することに。
その間に重装甲車の背後で9-2指揮官が機関銃を射撃して混乱させる。

17051907.jpg
重装甲車はフランス軍の重対戦車銃が修理されるのを恐れて左翼の支援のために丘を登ります。
フランス軍はじわじわと部隊を混乱させられて悩ましいところ。

17051908.jpg
独軍左翼は9-1指揮官が指揮を取り、重装甲車が支援のためにやってきました。

17051909.jpg
しかし、ここからフランス軍は粘ります。
重装甲車と9-1指揮官スタックの攻撃で右翼こそ崩壊したものの、隘路の出口はしっかりと保持したまま。
独軍は時間的に残り少なくなってしまいます。

17051910.jpg
結局、独軍は6ターン内に隘路を抑えることに失敗しました。
いまだに隘路の出口はフランス軍が保持したままです。
この場面の勝者はフランス軍となりましたが、今後はどちらが先に援軍がやってくるかの勝負になるのでしょう。
そしておそらくは独軍のほうが援軍を得る可能性が高そうですね。(史実的に)

そして昨日は注文してあった新しい中古の「Squad Leader」が到着。(なんか言葉がおかしいww)
使い古した私のSquad Leaderよりはるかにきれい。
この新しいSquad Leaderでシナリオ1を今日プレイしたんですけど、その模様は後日また。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/05/21(日) 18:21:33|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソロプレイは楽し

今日はお休みでしたので、「Squad Leader」のソロプレイを行いました。
Squad Leader

今回もシナリオをプレイするのではなく、両軍にポイントを振り分けて戦力を編成します。
陣営はソ連軍対ドイツ軍(独軍)に決定。
ならば原点回帰の意味でボード1を使用したスターリングラードでの市街戦にすることに。

防御側のソ連軍は800点。
9-2指揮官を筆頭に指揮官四人、447分隊12個、57ミリ砲とその操作班などで編成。
一方攻撃側の独軍は1060点。
こちらは9-2指揮官を筆頭に指揮官五人、838突撃工兵分隊2個、467分隊10個、支援車輛として四号戦車の短砲身型を一輌投入します。

17050301.jpg
こちらが初期配置。
ソ連軍には隠ぺいを適用しました。
とはいえ、ソロプレイなので、独軍の最初の射撃の効果を低くする程度なんですけどね。
勝利条件はソ連軍の確保している石造建物のうち三つを独軍が占領するというものにしました。

17050302.jpg
こちらが支援に投入された四号短砲身型。
あんまり使われるイメージがありませんが、煙幕弾を撃てるし、支援としては手ごろかなと思いました。

17050303.jpg
1ターン目、独軍の射撃が功を奏し、ソ連軍は9-1指揮官のスタックが混乱して脱出。
重機関銃が何もしないうちに放棄されちゃいます。

17050304.jpg
1ターン終了時、ソ連軍の一部は二階に上がって射線を広げます。
ソ連軍の9-2指揮官スタックの射撃が独軍9-2指揮官のスタックを混乱に陥れたものの、除去までは至りませんでした。

17050305.jpg
2ターン目、独軍は突撃工兵に煙幕を張らせ、街路を渡る作戦に出ます。

17050306.jpg
一方、支援のために右翼へ移動した四号戦車ですが、ソ連軍にはろくな対戦車兵器がないと踏んだのか不用意な移動で対戦車砲の前に出て撃破されてしまいます。\(^o^)/ナンテコッタ
支援なんか何もしてないよ。
3以下じゃないと撃破されないのになぁ。
乗員も脱出できずじまいでした。

17050307.jpg
2ターン独軍ターン終了。
L7の建物は独軍が占領。

すいません、ちょっと間が抜けたみたいで、写真が・・・スマホと同時に撮っていたもので。
17050308.jpg
3ターンの独軍。
J4の建物に続き、F3も一階部分は独軍が占領。

17050309.jpg
3ターンのソ連軍。
独軍の防御射撃でI7のスタックから狂暴兵が登場。
これが吉と出るか凶と出るか。

17050310.jpg
4ターンのドイツ軍。
突撃工兵が煙幕を使用し、I7のソ連軍スタックに爆薬を仕掛けました。
ここでソ連軍は防御射撃で痛恨の6ゾロ。
中機関銃が故障し、射撃も効果なしに。 \(^o^)/ナンテコッタ

17050311.jpg
爆薬が爆発してI7のソ連軍は混乱し後退。
突撃工兵が突撃してI7を占領。
同時にF3の建物でも二階のソ連軍が白兵戦で除去されて、独軍の占領下に。

これで四か所の建物をソ連軍は失ったため、どこか二か所を取り戻さなくてはなりません。
ソ連軍は残った兵力を集め、何とかI7とF3の建物を取り戻そうと白兵戦を仕掛けます。
17050312.jpg

17050313.jpg
白兵戦はF3の建物では相打ち。
I7においてはソ連軍の敗北で終わりました。

ここでソ連軍としては投了。
残りの兵力がほとんどなく、これ以上は無理でしょう。

やっぱりSquad Leaderは面白いですね。
今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/05/03(水) 21:48:57|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終局は突然に

Wordの検定も終えたので、日曜日はSquad LeaderをVSQLでソロプレイしました。

シナリオはLC-1「ASSAULT ON STOVGOROD」
両軍ともに機関銃が全く出てこないシナリオなので、練習用にも最適です。
あの「HASTY ASSOULT」とほぼ同じシチュなんですよね。

LC1 01
こちらが設定した初期配置。
独軍12個分隊でソ連軍7個分隊が相手です。

LC1 02
独軍は道路移動で三個分隊を先行させ、主力は北側の方向へ迂回。
助攻部隊は南側に。

LC1 03
先行した三個分隊はソ連軍の攻撃で二個分隊が混乱。
しかし、主力と助攻部隊は着々と接近中。

LC1 04
主力を率いる9-2指揮官がT6の建物に到達し、9-1指揮官の助攻部隊もソ連軍を攻撃できる位置に。

LC1 05
終局は突然に。
9-2指揮官スタックの攻撃でソ連軍は混乱。
それによって混乱から回復していた先行部隊が突撃を行い、逃げ遅れたソ連軍8-0指揮官と9-1指揮官スタックと白兵戦に。
なんと二か所ともソ連軍が除去されるという結末となって、ソ連軍には指揮官が一人もいなくなってしまいました。

このことでソ連軍は投了。
ソロプレイは独軍の勝利ということになりました。

やっぱりSquad Leaderは楽しいですね。
技能訓練はもう少し続き、Excelの試験もありますけど、通信対戦も行いたいものです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/04/05(水) 21:29:37|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古いのまで入れちゃう

PCが中古のものとはいえ新しくなったので、ウォーゲームの通信対戦用のソフトVASSALも入れ直したりしたわけですが、多くのゲームと違い、Squad LeaderやASLの場合はモジュールをただダウンロードしただけではゲームができなかったりします。

実はモジュールにマップを付け加えなくてはならないのですが、これがわかっていないと駒だけが表示されることにもなりかねません。
なので、今日はそのあたりをセッティングしておりました。

ボード5シナリオ1
で、うまくセッティングはできまして、シナリオ1もこのようにちゃんと表示されるようになったわけですが、現行のVASSALですと、このASL用のCGタイプマップしか読み込んでくれないんですよね。
とてもきれいではあるんですけど、どうも「あのSquad Leader」ぽさが感じられないので、ちょっと不満。

なので、わざわざ古いバージョンのVASSALまでインストールし、古いマップを読み込めるようにしちゃいました。

ボード4シナリオ1
それがこちら。
なんというかいかにも古い当時のマップぽいじゃないですか?
これが好きなんですよね。

もちろん対戦するときにはこの古いバージョンは使えないので、あくまでソロプレイ用。
まあ、わざわざセッティングすることもないんですけど、好みということで。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/03/20(月) 20:41:06|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二戦大敗・・・なれど (*'ω'*)ターノシー

昨晩はMC様とVASSALで久しぶりの通信対戦を行わせていただきました。
おそらくほぼ一年ぶりぐらいの通信対戦でしょうか。

久しぶりということで、手軽にできる「ドイツ戦車軍団」の「エルアラメイン」をプレイ。
当方は英軍を担当です。

わずか4ターンのゲームですが、4ターンも持ちませんでした。
独軍アフリカ軍団の機動力の前に翻弄され、英軍は各所で包囲されて殲滅されてしまい、あっという間に負けてしまいました。

あっさりと終ってしまったので、次に「ダンケルク」も対戦。
こちらも連合軍を担当しました。

私はいつも盤下側のほうから独軍が突破することが多いので、今回もそうだろうと読んでいた(読んだからと言ってどうなるものでもない)のですが、MC様は予想外に盤中央部での突破を図ってこられました。
中央部は連合軍もユニットが多いので、なかなか突破は難しいと思っていたんですけどね。

しかしかかし、MC様独軍はあっさりともいうべき感じで中央部を突破。
穴をふさぐべきユニットなどなく、まさに「予備部隊はどこに?」「予備部隊はいないのです」という会話の再現に。

結局独軍にこちらも大勝されてしまい、ふがいない結果になってしまいました。
MC様には歯ごたえのないゲームになってしまったのではないかと思いますが、プレイしていてこちらはとても楽しかったです。
足りない戦力でどうやっても戦線など張れない中、それでも何とか防御ラインを引こうとあがくのはとても楽しかったです。
久しぶりの対戦、堪能させていただきました。
MC様、またよろしくお願いいたします。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/03/05(日) 20:53:07|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うおー! 久しぶりの対戦だー!

今日はこれからVASSALでウォゲムの対戦予定です。
うおお!
久しぶりだーー!!

何か月ぶりですかねぇ。
父が入院して以来ですから、ほぼ一年ぶりぐらいでしょうか。
ずいぶん長いこと対戦していなかった気がします。

今日は復帰最初ということで、簡単な「ドイツ戦車軍団」で対戦していただけることになりました。
お題はエルアラメイン。
楽しみですー。
ドイツ戦車軍団

さて、一戦交えてきましょうか。
ワクワク。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/03/04(土) 20:37:52|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作らないがユニットは使う

先日タミヤの1/48ミリタリーミニチュアシリーズのドイツ軍八輪重装甲車のプラモを購入したことをブログ記事にいたしましたが、これで1/48ミリタリーミニチュアも三つ手に入れたことになりました。

17021006.jpg
ドイツ軍サイドカーと二号戦車、そしてこの八輪重装甲車ですが、いわばドイツ軍の大戦初期の快進撃の立役者たちということになりますね。

私は結局昔からプラモは好きなのですが作るのが苦手だったので、実際にそのプラモになった車輌や兵器が活躍するところを見られるウォーゲームに走ったわけですけど、特に一輌単位で車輌が出てくるSquad Leaderシリーズは私にはぴったりでした。

17021307.jpg
1940年、前年の中欧の強国と見られていたポーランドがあっという間にドイツに蹂躙されたのを目の当たりにした我がフランスだったが、今度は我が国がドイツ軍のターゲットになってしまった。
ドイツ軍はわれわれが予想しなかったアルデンヌ森林地帯を突破してくるという奇襲で我が軍の防衛線を崩壊させたが、われわれとてただで国土をドイツ軍に蹂躙させるつもりはない。
幸い国土防衛の強い意思を持つ兵士たちが集まり、この集落を拠点にドイツ軍を迎え撃つことにした。
少しでもここで時間を稼ぎ、後方で集結中のはずの反撃部隊の態勢が整うのを待つのである。

17021308.jpg
だが、そこにサイドカーやオートバイに乗ったドイツ軍の先遣部隊が、装甲車や戦車の支援を受けて、この集落へと向かってきていた・・・

という感じのシチュで、フランス軍が守る集落を攻撃するドイツ軍というイメージでユニットを並べてみました。
フランス軍には対戦車戦力として25ミリ重対戦車銃と37ミリ歩兵砲を。
ドイツ軍はすべての分隊がサイドカーやオートバイに乗る機械化偵察部隊で、八輪重装甲車と一号および二号戦車が一輌ずつ支援します。
プレイはしておりませんが、結構いい勝負になりそうな感じ。

17021309.jpg
これがCross of Ironで投入されたドイツ軍車輌であるSd.kfz.231(プラモは232ですがゲーム上は同一)と二号戦車(右)。
それとCresendo of Doomで追加されたオートバイとサイドカー(真ん中上下)です。
オートバイとサイドカーはどこの軍隊でも使用する可能性があるので色は付いておらず白地です。
まさに手に入れたプラモ連中のユニットですね。
こんな感じでプラモの車輌を使えるのがSquad Leaderシリーズのいいところでしょうか。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/02/13(月) 20:42:23|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リプリント版が出たー

今日は父の関係でいろいろとあったので疲れました。
ふう・・・ _(:3 」∠)_
何もやる気にならないなぁ・・・

私が楽しんでいるウォーゲームの一つにASL(Advanced Squad Leader)があるのですが、その出版を行っているMMP社から、コアモジュールの一つ「YANKS」のリプリント版が発売されたようです。

YANKS(新)
「YANKS」は箱絵を見てもわかりますようにASLにおける主要軍隊の一つ米軍のモジュールです。
米軍の分隊、指揮官、支援火器、砲、車輌が網羅され、ある意味なくてはならないモジュールでしょう。

今回のリプリント版は、在庫切れになっていた旧「YANKS」と、ASL入門用モジュールという位置づけだった「PARATROOPER」を一緒にしたもので、マップやシナリオもそれらを含むものになっているとのこと。
Yanks.jpg  Paratrooper.jpg

それだけにお値段もそれなりなので、欲しいのですけど当面は手が出ないかなぁ。
何とかお金の余裕を作らねば・・・
欲しいなぁ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2016/10/04(火) 22:41:32|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランス'40もやってみたいですが・・・

ここ三日ほどサブPCがいかれてしまったので、一階ではPCなしの生活でした。
なので、PC用のテーブルの上で小さめのウォゲムでもソロプレイしてみようかなと思ったり思わなかったり。

そこで大きさも手ごろでルールも簡単な、エポック「ドイツ戦車軍団」の中の「ダンケルク」をソロプレイしてみました。
ドイツ戦車軍団

16092801.jpg
初期配置はもう決まっているのでなんら悩むことはありません。
独軍は左翼が主力で、一方連合軍は右翼が非常に薄くなっています。
これは何かあの「アウステルリッツの戦い」を思わせるような・・・

16092802.jpg
2ターン開始時。
残念ながらこの戦いはアウステルリッツと違い、フランス軍には独軍を押しとどめることはできません。
早くも右翼の師団は後退を余儀なくされ、大きな突破口が開いてしまいます。

16092803.jpg
3ターン開始時。
連合軍は増援もあわせて薄い薄い戦線を張ります。
しかし、独軍の強力な装甲師団群を止めるには力不足なことは歴然。
一方左翼の連合軍は層の厚さもあって、独軍の攻撃をしっかりと食い止めてます。
このちぐはぐさが後の悲劇に・・・

16092804.jpg
5ターン開始時(4ターンは撮り忘れ)
連合軍右翼は完全に崩壊し、独軍装甲師団を阻むものはもうありません。
あわてた連合軍左翼は急いで後退を開始しますが、もはや時すでに遅く・・・

16092805.jpg
6ターン(最終ターン)開始時。
連合軍左翼の背後には快速の独軍装甲師団が戦線を展開し、包囲網が完成です。
連合軍は何とか脱出するべく最後の攻撃を独軍に仕掛けますが・・・

16092806.jpg
ゲーム終了時。
連合軍左翼は完全に包囲され脱出不能に。
このゲームは何度かソロプレイしておりますが、ここまで完全に包囲できたのは初めてかも。
結果は独軍が41点を確保して勝利でした。(35点以上なら独軍勝利)

作戦級ゲームはなかなか上手にプレイできないのですが、今回の独軍はうまく行きましたでしょうか。
フランス戦ですと先日コマンドマガジンの付録に付きました「フランス'40」が面白いという話ですので、一度はプレイしてみたいですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2016/09/30(金) 20:43:03|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア