FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

大杉漣さん追悼

去る2月21日、俳優の大杉漣氏が急性心不全のためにお亡くなりになられてしまいました。
まだ66歳とお若く、お元気な様子でしたので本当に突然のことで驚きました。

名バイプレイヤーとして数多くの作品に出演され、それだけにむしろ固定した役の印象よりも俳優大杉漣としてのイメージのほうが大きい役者さんだったのではないでしょうか。
ヤクザも演じれば刑事も演じ、特撮では悪の幹部も演じられ、非常に幅の広い役者さんでした。

それだけに訃報を聞いた時は驚き、何とも言えない気持ちになりました。
本当に残念でなりません。
またお一人、名俳優が失われてしまいました。

昨日はその大杉漣さんが総理大臣役で出演なさっていた映画「シン・ゴジラ」の録画を視聴しました。
序盤は非常事態に困惑するちょっと頼りなさそうな総理でしたが、決断するときは決断し、だんだん肝の座った総理になっていった感じを演じられていたように思います。
残念ながら総理は途中でゴジラの攻撃により退場されるのですが、前半の政府の中核として大杉漣さんの演じた大河内総理は非常に重要な役だったと思います。
本当にいい演技をなさっていらっしゃいました。

大杉漣さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
  1. 2018/02/23(金) 20:26:09|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フレンチコネクション

昨夜、なんとなく見たくなってDVDを引っ張り出して表題の映画を視聴しました。
当然ご存知の方も多いでしょうジーン・ハックマンとロイ・シャイダーの二人の麻薬捜査の刑事が主人公の刑事ドラマ映画です。

1971年の映画ですから、ニューヨークの街並みもなんとなく古いマフィア映画で見たような妙に懐かしい感じがありますね。
うらぶれた通りや街の真ん中に妙な空き地のような所があったり。
そんな中をジーン・ハックマン演じるドイル刑事やロイ・シャイダー演じるルソー刑事が、麻薬の大きな取引を巡って捜査を行っていくわけです。
で、相手側もそのことは気が付いているので、尾行を撒こうとしたり、ドイル刑事を消そうと殺し屋が来たりして、あの有名な高架上の列車と高架下の自動車によるチェイスシーンがあったりするわけです。

でも、なんと言いますか、あんまり救われない映画なんですよね、これ。
ドイル刑事は味方である財務省の麻薬捜査官を誤射で射殺しちゃいますし、大物は結局逃げられますし、捕らえた連中も微罪扱いで早期に社会に出てきちゃいますし。
ただただ、刑事というつらく報われない仕事に命を懸けている二人の姿を淡々と見る映画って感じがします。
スカッとしないわけですよ。
でも、なんとなくたまに見たくなるんですよねー。
で、見ているとなんとなく面白く感じて最後まで見てしまう。
不思議な映画な気がします。
たぶん、また数年経ったら見るんでしょうねぇ。(笑)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/13(火) 18:52:23|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TVが点いているだけだった・・・

むむむむむ・・・
今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」、なんか見ていてつらくありません?

なんか無理やり当時の人物と西郷さんを会わせているような・・・
ジョン・万次郎と牢屋で会うなんてどうなのですか?
しかも、そのために牢屋に入れたんだよー、みたいな?

なんか、こう「ご都合」を「ご都合」にできるだけ見せないようにしてきたのが昨年一昨年だったような気がするんですが、今年はもう「ご都合」をストレートに見せてきているような気がしますねぇ。
まあ、わかりやすさに重点を置いているのでしょうけど、幕末ってわかりづらいですからわかりやすくなっているのかどうか。

とはいえ、まだ始まったばかりですし、まだまだこれから。
今後いろいろと事件も起きてくるでしょうから、面白くなってくると期待です。
とりあえずは見続けますー。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/02/12(月) 18:47:29|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西郷どん

既に先週からですが、新しい大河ドラマが今年もまた始まりましたねー。
今年は幕末もので、西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」です。

こちらが公式サイト様→「西郷どん公式サイト

今回は制作環境に配慮して47回でしたっけ?
どこまで描かれるんでしょうかね?
やはり西南戦争での最後までは描かれるのかな?

幕末はいろいろと複雑なので、昔はさっぱり見ようという気にならなかったんですけど、最近はようやく自分の中の知識もそこそこ増えてきたので、楽しみに視聴したいと思います。

ところで、やはり初回視聴率があんまりよくなかったという話みたいですね。
今は録画視聴やBSでの視聴とかもあるので一概には言えないと思うのですが、やはり気になるんでしょうねぇ。

さて、一昨年昨年となかなか楽しい大河ドラマでしたので、その流れを引き継いでいくのか、それとも「スイーツ大河」になるのか気になりますね。
今日は第二回。
見るのが楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2018/01/14(日) 18:27:20|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一年間の大河がまた一つ終わりました

日曜日は大河ドラマ「おんな城主直虎」の日。
昨日はついに最終回でした。

主人公の直虎は最終回途中でお亡くなりに。
そして万千代君が元服し、井伊の赤鬼と恐れられた井伊直政に。
赤備えを配下にもらい、徳川四天王の一人として今後活躍することに・・・
というところで締め。

いやぁ、虚実入り混じり面白いドラマでした。
視聴率的にはやはりマイナー武将ということでしょうか、ワースト二位とのことですが、ファンにはいい一年間だったと思います。
ありがとうございました。

最後は「真田」の名もさらっと出て、昨年の「真田丸」からのエールにも応えるサービス。
そもそもが今作の前提として「真田丸」を昨年見てましたよね? だったらこのあたりは流してもいいですよね? みたいな感じもありましたからねぇ。

そして来年は一気に飛んで幕末。
「西郷どん」です。
西南戦争までちゃんとやってくれるのかな?
回数が三回減って47話だそうですけど、それで労働環境改善になっているのかどうか?
まあ、楽しみに待ちたいと思います。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/12/18(月) 18:56:26|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこまで行くのかなーソラリース! (違う)

先日妹に教えていただきまして、NHKEテレの「100分de名著」の「ソラリス」の回を拝見しました。

残念ながら一回目は見逃してしまい、今回が二回目で、明日が三回目の放送なのですが、なんと言いますか、やっぱり原作も不思議な感じのSF小説なんですね。

「ソラリス」は、タルコフスキー監督の映画のほうは拝見しておりますけど、小説のほうは読んだことがなく、どのあたりが違うのかは気になりますね。
もちろん「100分de名著」の中ではそのあたりはわからないでしょうけど、やはりソラリスが奇妙な惑星であり、「お客さん」と呼ばれる存在がなぜ現れるのかは気になりますよね。

個人的には同じタルコフスキー監督の映画「ストーカー」のほうが好みですので、いつかはこっちの原作小説も取り上げてほしいところです。
「ストーカー」は見るのは結構大変なんですけどね。(笑)

「ソラリス」は、明日が第三回目の放送とのことですので、もし気になる方がいらっしゃいましたらご覧になられてもよろしいかも。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/12/17(日) 20:43:51|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「真田丸」の時代に突入

昨日は日曜日で、大河ドラマ「おんな城主直虎」の日でした。
第47回「決戦は高天神」というタイトルでしたが、高天神城攻略に尽力した直政(万千代)君の努力が報われ、二万石に加増されるというお話。
井伊家が着々と四天王への道を歩んでますなぁ。

それにしましてももう47回。
あと三回ぐらいですか?
早いものですねぇ。

今回で高天神城が陥落したことにより、後詰めに失敗した武田勝頼の威信が地に落ちて家臣たちの離反が相次いだ結果、ついに甲斐の名門武田家が滅んでしまったわけですが、ここで昨年の「真田丸」が始まった時期と重なったわけですね。
しかし、劇中ではせっかく降伏をするという高天神城を、織田の命で降伏を許さず戦闘で落とすわけですが、このことが武田家の崩壊を呼んだとすれば、織田のやり方にも理があったわけですね。
まあ、降伏だったとしても勝頼が後詰めに失敗したということには変わらないのではと思うのですが、やはり降伏が許されるのだとすると、とりあえずは武田に義理立てして籠城しようかという家臣たちも出てくるでしょうから、敵対したならば降伏しても許さんぞとなることで、とりあえずの籠城もできなくなったということなんでしょうね。

次回は浜松に織田の殿が来ることになるとか。
どんな話になるのか楽しみです。

いやぁ、「真田丸」のあとはきっとまたスイーツ大河なんだろうなぁと思っていた時期が私にもありましたけど、ほんとなかなかに情け容赦のない大河で面白いですわ。
来年の大河はどうなりますでしょうかね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/11/27(月) 18:57:06|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やや知力不足?

地道に手に入れ続けてきた「仮面ライダー」のDVDもついに15巻です。

ライダー15
このパッケージもまたかっこいいですねぇ。
一号と二号が重なるように配置され、やや見づらいですが本郷と一文字の変身ポーズが手前に置かれているという。
まさにラスト二巻にふさわしいかっこよさです。

この15巻は86話から91話までが収録。
怪人でいうと、ワシカマギリ、クモライオン、ネコヤモリ、カナリコブラ、ネズコンドル、ムカデタイガーとなります。
中でもやはり楽しみはムカデタイガーでしょうか。
ライダー少年隊の子供たちがゲルショッカーの恐怖学校の生徒にされ、戦闘員コスを着せられるという。
中には女の子もいるので、かろうじて女戦闘員かも。(笑)

それにしても相変わらずゲルショッカーは間抜けですねぇ。
いやまあ、そうじゃないとライダーが勝てないんですが。(笑)
もしかしたら、ゲルダム団と合併したことで、力は強くなったけど知力が落ちたのかも?
クモライオンの回でも、せっかくライダーを罠にはめ、釣り天井の部屋で上下から串刺しにしたと思えば、下側のとげをあっさりへし折られていて、「こんなとげは簡単に折れる」とか言われちゃうという。
ライダーの力で対処できるかどうか計算しなかったの?

まあ、ネコヤモリの回みたいに、ブラック将軍が「ライダーがどうあがいても現場までは20分かかる」って言っていたのに、わずか数分で到着し、「今までのライダーと同じと思うな」の一言で片づけられちゃったりもしますけどね。

これであとは16巻のみ。
いよいよ最終巻です。
なんだかんだここまで来ちゃいましたねぇ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/10/31(火) 18:37:01|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホラーだと信じていた

昨日はTVでハリソン・フォード主演の映画「レイダース 失われた聖櫃」を放送してくれましたね。
久しぶりに見ましたけど、やっぱり面白かったです。

実は私、この映画を見るまでに結構時間がかかったんですよねー。
なぜかというと、この映画がホラー映画だと信じていたからなんです。
ホラー系が苦手な私は、そうじゃないと知るまで、この映画を敬遠していたんですよ。

なんでそんなことになったかと言いますと、この映画の公開時にはそれほど興味をひかれなかったうえ、公開後少し経ってから、メイキング画像がTVで公開されまして、そこで冒頭の人間が串刺しになっているシーンや、途中のミイラの口から蛇が出てくるシーン、最後のアークを開けたことでの人間が溶けるシーンなどが、それはもう見事に映像で流されまして、これはもうホラー映画に違いないと信じ込んでしまったんです。

なので、友人がビデオを入手し、一緒に見ないかと誘われたことで、初めてそうじゃなかったと知るんですけど、ほんとにそれまではホラーだとばかり思ってて、見る気にならなかったんですよ。
今では面白い映画だと思いますし、見てよかったなとも思いますけどね。(笑)

で、そんな話を昨日もツイッターでしておりましたら、やはりあの人間の溶けるシーンあたりは結構苦手な方も多かったみたいですね。
昨日のTVでもそのシーンはカットされましたから、放送でも配慮されたのかもしれませんね。

今後は四週連続で全四作放送するらしいので楽しみですね。
まあ、それでもやっぱり、一話が一番面白かったですけどね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/10/29(日) 20:15:49|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲルショッカー登場

「仮面ライダー」のDVD14巻です。

仮面ライダー14
13巻と同じカバーなので、ガラガランダが写ってますが、この巻からショッカーに代わってゲルショッカーが登場です。

ゲルショッカーはガニコウモルやサソリトカゲス、クラゲウルフなど二種類の動物がかけ合わさったのが特徴の怪人で、これまでカナリヤとか猫とかといった、どちらかというと使いづらいモチーフも、組み合わせることで使えるようになったので、幅が広がったとも言います。
大幹部もこれまでの地獄大使に代わってブラック将軍が登場し、さっそくその雄姿を見せてくれています。

とくにゲルショッカー結成時の、ショッカー残党の処分として行われたショッカー戦闘員の粛清は、当時リアルタイムで見た私も衝撃を受けたシーンでした。
17101001.jpg   17101002.jpg

そして行われた結成式。
17101003.jpg
有名なシーンです。
それにしても堂々と結成式をしてしまうあたりが、ゲルショッカーのある意味明るさかも。(笑)

17101006.jpg
そしてゲルショッカーの戦闘員たち。
黒一色に骨模様というショッカー戦闘員に比べ、とてもカラフルですが、個人的には大好きな戦闘員コスです。
この衣装の女戦闘員が登場してほしかった。

話はいつもの通りで、このあたりになるとゲルショッカーと言えどもショッカー同様結構間抜けです。
せっかくライダーに重傷を負わせているのに、「お前はこのまま出血が止まらずに死ぬのだ」と言い放って、そのまま立ち去ってしまう。
いやいやダメでしょ。
ちゃんととどめを刺しなさいよイノカブトン君。(笑)
まあ、ライダーが負けるわけにはいかないんだから仕方ないですけどねー。

さて、「仮面ライダー」のDVDもあと二巻。
あと少しですね。
手に入れるのが楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/10/13(金) 19:04:33|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア