FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

女戦闘員は\(^o^)イーッ

先日購入したDVD「仮面ライダー」13巻で、ついに地獄大使の死とともにショッカーが消滅したので、また最初から見直してみるかと「仮面ライダー」のDVD1巻に戻ってきました。

仮面ライダー
まずは一話から三話まで見直しましたけど、このうち一話と三話には、この話だけにしか出てこないショッカー女戦闘員がいるんですよね。
やはりこれで女戦闘員好きになったといっても過言ではないので、この二つの話は欠かせません。

17091901.jpg
レオタードに網タイツという、もうよからぬ妄想を掻き立てずにはいられないこの衣装。
話によれば、「仮面ライダー」は時代劇の「忍者もの」がベースで、いわゆる抜け忍となった主人公を忍者組織が追い詰めるという話が元になったとかならなかったとか。
とすると、当然女戦闘員はくノ一であり、網タイツは鎖帷子をイメージしたものかもしれませんね。

17091902.jpg   17091903.jpg
本郷と一緒に脱走した緑川博士を拉致してくる女戦闘員たち。
赤戦闘員の足の間から覗き見るようなカメラアングルは面白いです。
こんなふうに女戦闘員に抱えられてみたい。(笑)

一話での出番はこの程度でしたが、三話ではまたいろいろと見せてくれます。

17091905.jpg  17091906.jpg
本郷をおびき寄せる餌とした老人を拉致するショッカー。
救急車の中で白衣を脱ぐと、実は女戦闘員だったというシーン。
通常の衣装の下に戦闘員の衣装というのはなんと言うかたまりません。
それにしても、本郷をおびき寄せるためのはずの老人を本郷の手に渡る前に連れ去ろうとするのはなぜ?

17091907.jpg
17091908.jpg
17091909.jpg
17091910.jpg
一部では有名な女戦闘員四人の階段降りシーン。
こうしてみると、結構長い尺をとってゆっくりと降りてくるんですよね。
網タイツのおみ足が素敵。

このあたりの話は、まだまだ形が定まっていなくて、試行錯誤の連続だった時期に見えます。
実はクモ男もコウモリ男もサソリ男も、いわゆる「ライダーキック」という掛け声付きのキックでは倒されていないんですよね。
クモ男はキックで倒されてはいますが、両足をそろえたキックですし掛け声もなし。
なんと、「ライダーキック」という掛け声付きでキックを最初に食らったのは、怪人ではなく単なる岩だったという。
藤兵衛さんがライダーの能力を計測している時に岩に向かって行ったのが最初でした。
このあたりの試行錯誤の末、仮面ライダーというパターンが決まるのは、実は藤岡さんが怪我をして二号ライダーになってからだったんですよね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/20(水) 19:43:43|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二機撃墜

今日も時折激しい雨が降る札幌。
昨日は台風の影響で一日中風が強い日でした。

そのため、一日家に引きこもっておりましたので、久しぶりにHJの「ブルーマックス」をソロプレイ。
そのリプレイを妄想SS風に書いてみました。(*´ω`)

ブルーマックス
「ブルーマックス」はホビージャパン社が3W社の「エースハイ」と「ブルーマックス」を一つに合わせてライセンス生産したウォーゲームで、第一次世界大戦当時の空中戦を一機一ユニット単位でプレイするゲームです。
今回は英軍の砲兵陣地を偵察に来たドイツ軍機を迎え撃つ英軍機と、その後偵察機の援護にやってきたドイツ軍戦闘機との戦いをソロプレイいたしました。


二機撃墜

「マーク、お前、飛び始めてどのぐらいになる?」
隊長に呼び出された俺は、突然そんなことを聞かれた。
「半年ちょっとになりますが・・・」
考えてみればそんなものなんだなぁ。
まさか自分が空を飛ぶようになるなんて思いもしなかったが・・・
「そうか・・・実は頼みがあるんだが」
「はあ・・・私にできることであれば・・・」

                   ******

何が私にできることであればだ!
こんなセリフを言った自分が呪わしい。
やれやれまったく・・・
こんな目に遭うことになるとは・・・

17091801.jpg  (盤上を飛ぶ英軍機)

「何か言った? エンジンの音って結構うるさいのね」
前席から振り返るシャーロットお嬢様。
ゴーグルの奥のすみれ色の瞳が普段ならさぞ美しいと感じられるだろう。
だが、なぜこの機の偵察員の座る席に彼女が乗っているというのだ?

ああ、そうだよ!
彼女は隊長の姪っ子だ。
そして飛行機が好きだ。
そのためにわざわざ危険なフランスくんだりまでやってきて、隊長の世話を焼くという名目で基地に来ては飛行機を見ている。
そして目を輝かせてこういうのだ。
「私も飛行機乗りになるの!」
ああ、なるがいいさ。
ただしそれは今日じゃない。
今日じゃないはずなんだ・・・

ビッカースFB5。
通称ガンバスと呼ばれるこの飛行機は、エンジンとプロペラが後ろに付いたいわゆる推進型と呼ばれるタイプだ。
ガンバス  (ビッカースFB5:Wikipediaより)
エンジンの前には操縦席があり、さらにその前には偵察員の乗る席がある。
そこには機関銃が据え付けられていて、敵の飛行機を撃つことができるのだ。
そう、戦争が始まって一年ちょっと。
ついに人間は空でも殺し合いをするようになっちまったというわけだ。
そんな危険な空に、なにも好き好んでついてくることはないだろうに。

隊長はこう言っていた。
塹壕線の内側を飛べばいい。
味方の勢力圏だから、来るとすればせいぜい敵の偵察機ぐらいだ。
偵察機が相手ならそれほど危険はないと思う。
あれは一度言いだしたら聞かないのだ。
一度戦闘飛行とやらを体験させてやれば、もう乗りたいなどとは言わんだろう。
だから一度だけ頼む・・・と。

隊長にとっては一度かもしれないが、その一度が最後かもしれんのだぞ。
ホントにもう・・・
俺はやれやれと首を振る。
まあ、隊長の言うとおり、来るとしても偵察機ぐらいだろう。
まあ、何とかなるとは思うけどさ・・・

「ねえ・・・10時の方向、何か来る」
「えっ?」
シャーロットお嬢様の声に俺はそっちを見る。
なんてこった・・・
確かに今日は雲一つない青空で絶好の偵察日和だ。
だからと言ってドイツ軍も律義に偵察機を飛ばさなくてもいいものを・・・

17091802.jpg  (ドイツ軍偵察機)

「ねえ、あれ何?」
「ドイツ軍の偵察機だ。こっちの砲兵隊の配置を調べに来たんだ。まずいな・・・このあたりはこの機しかいないのか・・・黙って帰すわけにも・・・」
「じゃあ、撃墜しましょう!」
ガチャンとルイス機銃をセットするシャーロットお嬢様。
「おい! 自分が何を言ってるのか・・・」
「黙って帰したら味方が被害を受けるんでしょ? だったら撃ち落とすしかないじゃない」
それはそうなんだが・・・
「任せて、必ず当てて見せるから。その代わり操縦はよろしく」
ペロッとそう言って唇を舐めるシャーロットお嬢様。
くそっ、この状況をもしかして楽しんでいるだろ!
俺は操縦かんを倒してドイツ機に機首を向けた。

急速に迫ってくるドイツ機。
目標の砲兵陣地を素早く写真に撮って戻るつもりだ。
意外と速度も速い。
もしかするとこっちよりも早いかも。
俺は相手よりやや高度を上に取り、すれ違いざまに銃弾をたたき込めるよう斜め前から接近する。
あのタイプは前には撃てないはずだから、お嬢様も大丈夫だろう。

17091803.jpg  (接近する両軍機)

相手が砲兵陣地へ進路を合わせようとしたまさにその時、俺たちの機が鼻先をかすめるようにしてすれ違う。
「いまだ!」
「えーい!」
シャーロットお嬢様のルイス機銃がドイツ機に向かって火を噴く。
バシバシと銃弾の当たる音が聞こえるかのような気がして、確かに手ごたえがあった。

17091804.jpg  (英軍機の射撃がなんと6ゾロで最大命中。被害判定でも5・6を出すというダイス目の良さ)

「どうだ?」
後ろを振り返ると、ドイツ機は少しふらついたような気がして、やがてエンジンから火を噴いた。
「やったわ! どんなものよ!」
「はぁ・・・」
このお嬢様やるじゃないか。
今の射撃はかなりのものだったぞ。

17091805.jpg  (ドイツ機、エンジン発火チェックに失敗してエンジンから発火。マーカーを乗せられる)

ドイツ機は必死に降下して火を消そうとしている。
もう一撃を加えれば落ちるだろう。
俺がそう思って機を旋回させていると、突然ドイツ機が爆発した。
(エンジン消火に失敗:6の目で爆発)
どうやら燃料に火が入ったらしい。
ドイツ機はそのまま地面へと落ちていく。
一機撃墜。
やれやれだ。
とりあえずさっさと基地へ戻るとするか・・・

俺の考えもむなしく、一難去ってまた一難。
もう一機のドイツ機が接近してくるではないか。
今の偵察機の煙を見て援護に来たに違いない。
しかもなんてこった・・・
あの一枚羽根はフォッカーじゃないか!

フォッカーE3はドイツの戦闘機だ。
味方が何機もあれに撃ち落とされている。
速度だってこっちより速い。
やばい!
逃げ切れるか?

フォッカーE3  (フォッカーE3:Wikipediaより)

「ねえ、向かってくるわよ!」
「わかってる!」
わかってるけど速度も運動性も向こうが上だ。
まったく・・・
なんて鈍重な飛行機だ!
我が大英帝国はもう少しましな飛行機が作れないのかよ!

17091806.jpg  (基地に帰投しようとしたところをドイツ軍戦闘機に追いかけられる)

このまま逃げてもいずれは追いつかれる。
味方の機も近くにはいない。
俺は決断する。
「一か八か勝負するぞ!」
「その言葉が聞きたかったわ」
空になった弾倉を捨て、新しい弾倉を付け替えるシャーロットお嬢様。
なんと言うか、彼女はやる気満々だ。

何度目かの旋回ののち、俺たちの機とフォッカーが交差する。
今回も斜め前からの接近だが、偵察機と違って相手は正面に撃てる戦闘機だ。
できれば相手の後ろに回りたかったのだが、フォッカー相手では望むべくもない。
「頼むぞ!」
「任せなさい!」
フォッカーの機銃が火を噴き、こちらもシャーロットお嬢様の機関銃が弾を撃つ。
ビシビシッという音がして、機体のどこかに穴が開く。
思わず身を固くするが、どうやら痛みはなく、躰には当たらなかったようだ。
「大丈夫か?」
「私は平気よ! それよりも機体は?」
「エンジンには当たらなかったようだ。大丈夫!」
胴体に一発二発食らったようだが、飛行には問題ない。
「あれ見て!」
シャーロットお嬢様の指さす方に目をやると、なんとフォッカーのエンジンから火が出ているじゃないか!
エンジンに当てたのか?
このお嬢さんはなんて言う腕の持ち主だ。

17091807.jpg (双方ダメージを負うものの、ドイツ軍機がまたしても発火チェックに失敗してエンジン発火。ドイツ軍のダイス目悪すぎ)

フォッカーは何とかエンジンの火を消そうとしていたが、やがて先ほどの偵察機同様に爆発して落ちた。
(またしても6の目で爆発)
たった一日で二機撃墜。
このお嬢さんはとんでもない女性だ。
「さ、基地へ戻りましょ。叔父さんが待っているわ」
空になった弾倉を取り替えるシャーロットお嬢様。
俺はさらなる敵機が来ないうちに、さっさと基地へと戻るのだった。

17091808.jpg  (生き残った英軍のガンバス。今回はダイス運が神がかってました)

ということで、ダイス目がやたらよかったんですが、エンジンに当てまくりで二機撃墜でした。
きっとお嬢様と一緒に撃墜されるだろうと思いながらやっていたので、意外な結果にびっくり&ニヤニヤです。
機体の能力的にはドイツ軍戦闘機よりもかなり落ちる機体なんですけどね。
きっとマーク君はこの後も複座機でお嬢様を載せて飛ぶことになるのでしょう。(笑)

とまあ、こんな感じで妄想しながらソロプレイしてました。
「ブルーマックス」は面白いです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/19(火) 21:07:57|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

目の前で決められた

北海道ではもう少し影響が残りそうな台風ですが、本州のほうでは台風一過で暑くなった地域もある中、甲子園では阪神-広島戦が行われました。

阪神はメンドーサ投手が先発し二点を失ったものの、ソロホームラン二本で同点に追いつき、何とか目の前での胴上げを阻止しようと粘ります。
が、八回に一点を入れられるとそのまま逃げ切られ、2-3で敗戦。
その瞬間広島東洋カープの二年連続八度目の優勝が決まりました。

広島東洋カープ優勝おめでとうございます。

いやぁ、赤ヘル軍団は強かった。
いつの間にこんなに強くなったのかと思いますが、地道な育成が実を結んだという感じでしょうか。
翻って阪神はまだまだ途上。
金本監督によって底上げが図られてはおりますが、なかなか難しい。
フロント含めチーム一丸となって向かって行かなくてはならないのではないでしょうか。

来年、すぐに結果が出るものではないでしょうが、今後の阪神のためにも頑張ってほしいところです。
まずはCSで広島に挑戦するためにも二位確保してもらいたいですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/18(月) 18:39:03|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

581号

今日は台風の影響で広島戦も阪神戦も中止。
そのために優勝は明日の広島・阪神直接対決に持ち越しです。
目の前で胴上げされたくはないので、何とか明日は勝ってほしいところ。

ということで、先日届きました今月のタミヤニュースのご紹介。

news581.jpg
こちらが表紙。
勇ましいマークですが、上下ともに第二次大戦中のドイツ空軍第11戦闘航空団のマークとのこと。
上は虎でしょうかね?

第二次大戦イタリア軍装備解説は、RSI時代の改造装甲車の2回目。
前回が市販のトラックを現地改造したという感じの急造装甲車でしたが、今回は一応工場で作られた正規車輛です。
フィアット665NM型装甲トラックと、ドヴンクェ35型装甲兵員輸送トラックの二種類が紹介されており、中でも後者のドヴンクェ35型装甲兵員輸送トラックはドイツのSd.Kfz251のような装甲車体を載せた本格的なものとなっており、路外走行性能もそれなりにあったものと思われます。

新製品としては1/35ミリタリーミニチュアシリーズとして、ドイツ軍の突撃戦車ブルムベアの後期型が発売です。
かつて40年前に発売されたブルムベア中期型をもとに、1978年のタミヤニュース76号の「これだけは作ろう」73回目で後期型への改造記事が載っておりましたが、約40年の月日を経てその後期型が発売とは感慨深いものがありますね。
17091701.jpg  (タミヤニュース76号のこれだけは作ろう)

巻中の情景写真はサファリラリーの情景。
もうもうと砂煙をあげて突っ走るラリーカーが見事に再現されており、とても迫力があります。
タミヤさんのHPで見ることができますのでご覧になられてもよろしいかと。

情景と言えば、「未完成チーム」様という模型クラブ様が、映画「シン・ゴジラ」の劇中のワンシーンで10式戦車が多数登場する場面を情景にしたものが載っておりました。
4_20170917205152c09.jpg (タミヤHP様より)
1/48のタミヤ10式戦車を多数並べての情景ですが、やはり数がそろうと壮観ですね。

ほかにも東武モデラーズコンテストの入選作品の紹介など面白い記事がいくつか。
今月も楽しませていただきました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/17(日) 21:37:52|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同日はならず

マジック1で今日を迎えた広島とソフトバンク。
結果次第ではセパ同日優勝という珍しい状況になる可能性もありましたが、残念ながら広島はヤクルトに逆転負けし、マジック対象の阪神は雨のために中止だったために優勝はならず。

一方、パ・リーグは順当にソフトバンクが西武に勝利して優勝を決めました。
福岡ソフトバンクホークス優勝おめでとうございます!

ソフトバンクは自らが記録したこれまでの最速記録である9月17日を、さらに一日早めるパ・リーグ最速記録での優勝だそうです。
後半はほぼぶっちぎりでしたもんねぇ。
昨年は日本ハムに逆転優勝を許してしまいましたが、今年は自らが逆転しての優勝でした。
やはりなんだかんだ言ってソフトバンクは強かった。
あらためておめでとうございます。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/16(土) 19:37:04|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お二人ともお疲れ様でした

セ・リーグもパ・リーグもお互いに残りマジックが1となり、同日優勝の可能性も高まる中、シーズンオフに向けた動きも出始めてまいりました。
そうなると、今季限りでユニフォームを脱がれる方々のお話も出てくるわけなのですが、奇しくも今日同時に私の贔屓の二球団から引退する方のお話が出てしまいました。

日本ハムからは飯山裕志選手が今季限りで引退をすると発表。
入れ替わりのやや激しい日本ハムという球団において、20年という長きにわたって一筋にプレーされてこられた選手です。
決して派手なところはなく、印象にもあんまり残らない選手だったかもしれません。
私も飯山選手と聞いてパッと顔が思い浮かぶとは申せません。
ですが、守備の職人として守備固めに重宝されていた方で、勝っている試合の後半には欠かせない選手だったと思います。
10月3日のオリックス戦が引退試合だそうですが、お疲れ様でした。

そしてもう一人。
阪神からは安藤投手が今季限りで引退です。
こちらも16年間という長きにわたって阪神一筋に活躍なさった投手で、先発に中継ぎにとその時その時の起用にしっかり応えてきた投手でした。
もちろん投手ですから打たれることもあり、そんなときには容赦ない罵声も飛んだと思います。
それでもずっと阪神のために地道にボールを投げ続けてくれました。
03年、05年の優勝には中継ぎと先発で貢献し、実力を発揮してくれたと思います。
近年でも一イニングをしっかりと抑えることも多く、ベテランの味を充分に出してくれたと思います。
こちらは引退試合があるかどうかはまだわかりませんが、いずれ組まれるのではないかなと思います。
お疲れ様でした。

ずっと一つの球団で過ごし引退するというのは、プロ野球ではできるようでできないのが普通だと思います。
それだけ、球団に必要とされたのだと思います。
本当にお疲れ様でした。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/15(金) 19:56:10|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

接近するのも一苦労

広島が勝ってマジック1までに減りましたが、今日の阪神の負けはなくなったので優勝はお預けになりました。
決まるかどうか待っていたらこの時間に。(笑)

mayday_box.jpg
先日、久しぶりにTRAVELLERの宇宙船戦闘ゲーム「Mayday」をプレイしました。
と言っても、「Mayday」そのものではなく、噴射回数などに制限を持たせた「Mayday2100」ルールでのプレイでしたが。

TRAVELLERに登場する宇宙船は、はるか未来の高性能な推進機を使っているという設定なので噴射回数はほぼ無限ということになっておりますが、「Mayday2100」ルールでは最大でも20回しか噴射できないので、これが結構シビアになります。
惑星の地上から飛び上がって軌道を回り、そこからさらに空間に飛び出すというだけで、最低でも3回噴射が必要になりますので、残りは17回。
帰還するときも同じ手順が必要なので3回として残り14回。
加速した分は減速しなくてはなりませんので、加速に使えるのは7回しか残りません。
しかもこれは軍艦のような加速が20回使える宇宙船のみ。
商船なんかですと、貨物を積まなければなりませんので推進剤は10回分しかなく、たった2回分の加速しか許されないことになります。
つまり、出発から到着まで最短のルートを通らなければならず、そこを宇宙海賊が付け狙うわけです。
今回はその悪側の宇宙海賊をプレイしてみました。

海賊船が軍艦を使えるというのもおかしな話なので、今回は商船を改造して推進剤を15回分に増やした武装商船という設定に。
航路を行く商船をうまく襲えるかやってみました。

しかし、これは航路が後方から接近するような形じゃないと無理ですわ。
今回は斜め前から接近する形をとってみましたけど、進路変更して速度を合わせるだけで、噴射を5回も行わねばならず、商船が1回でも噴射されるだけで進路を合わせるのはかなり難しくなります。
結局射撃でどうにかしようにも距離が開いているためそれもならず。
一隻の海賊船で商船を襲うのはなかなか大変そうです。

もっとも、これは警備艦艇にも言えることで、海賊船を抑えようとしても、噴射回数20回ではこれまたなかなか難しい。
せめて30回とかあると、もう少し楽なのかもしれませんね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/14(木) 22:13:48|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メジャー行っちゃうか?

今日、一部スポーツ記事で、日本ハムの大谷翔平選手の今オフでのメジャー挑戦が決まったと報じられましたね。

もちろん本人が会見を開いて発表したとかではないわけですから、憶測記事であることも充分に考えられるわけですが、昨日の登板で勝利投手になったこともあり、足の不安はほぼ解消されたという感じなんでしょうか。
それで、来季は新しいスタートを切りたいということなのかもしれません。

うーん、大谷君はいずれは行くものと思ってましたので、それほどショックではないですが、もう一年ハムで見たかったですねぇ。
中田君次第では四番投手大谷が何試合か見られるかなぁとも思うので。
まあ、本人の考え次第なので、ファンが行く行かないを決められるわけではないですからねぇ。

その中田君は今日もスタメンから外れてますけど、日本ハムは本格的に中田君をはずしにかかってきましたかね。
FAを宣言したら残ることはまずないでしょうし、宣言しなければもう一年ハムという可能性はあるでしょうけど。

それにしても来季の日本ハムは大幅に選手が変わっていそうですねぇ。
だれが来季開幕のスタメンに名を連ねているのか、今から楽しみではあります。

そして、中田君に負けず劣らず不振なのが阪神の藤浪投手。
昨日の巨人戦でも、序盤はいい投球だったので、このままいけるかなと思ったんですが、やはりデッドボールを与えてしまったことで崩れました。
今年はたぶんこんな感じのままなんでしょうね。
来季立ち直ってくれるかどうかも不安です。
どうしちゃったんだろうなぁ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/13(水) 19:00:41|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イメージよりずっと遅かった

先日届きました初代仮面ライダーのDVD13巻を視聴し始めました。

仮面ライダー13
13巻は第74話のシラキュラスから、第79話のガラガランダまでであり、いわゆるショッカーはこの巻で最後となります。
80話からはゲルダム団と手を組みゲルショッカーとして再出発することになるわけですが、その前の最後の大攻勢というべき巻と言えるでしょうか。

まだ74話と75話を見たところですが、そういえばこんなに遅かったのかと思ったのが、少年仮面ライダー隊の結成が74話で行われたことでしょうか。
当時サイクロン号を模した自転車「ドレミサイクロン」なんかが販売され、少年仮面ライダー隊のヘルメットをかぶった子供たちが乗っているCMを見たような気がしたので、もっと早くに結成されていたような気がしました。
74話と言えば、上にも書きましたようにショッカー壊滅までは6話しかなく、少年ライダー隊の活動の大半はゲルショッカーとの戦いだったということになりますね。
もっと早かったようなイメージでしたので、結構意外でした。

それにしても、ショッカーは秘密結社であり、人知れず暗躍していたはずなのに、いつしか少年少女たちも一目見て「あれはショッカー戦闘員だ」とわかるぐらいにまで知名度が高まってしまったんですね。
そんな組織と対抗する少年仮面ライダー隊に息子や娘が入隊すると言って、両親は心配じゃなかったんですかね。
作中では父親に頑張れよと激励されていたりもしましたが。(笑)

さてさて、ショッカーの命運も残り四話。
じっくりと楽しむことにいたします。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/12(火) 19:37:30|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲葉ジャパン

今後の日本の野球の国際大会での指揮を執ります稲葉監督のいわゆる「稲葉侍ジャパン」の初陣が、11月のアジアプロ野球チャンピオンシップになるそうですが、そのコーチングスタッフが発表になりましたね。

ヘッドコーチには日本ハム時代の同僚であり、現在日本ハムでコーチを務めている金子誠さんが、投手コーチも日本ハム時代に一緒だった建山義紀さんが就任とのこと。
かつてのチームメイトで脇を固めていくことで、意思の疎通のしやすさを図ったのではないでしょうか。

ほかにも巨人でコーチを務めている村田善則さんや井端弘和さん、ロッテのコーチの清水雅治さんといったメンバーが名を連ね、比較的若いコーチングスタッフで固めたみたいです。
選手たちのいい兄貴分的な感じで接することになるのではないでしょうか。

「侍ジャパン」は国民の期待も大きく、指揮をとるのはとてつもない重圧だと思うのですが、あの「イナバ物置」の「さすがイナバだ、100人乗っても大丈夫」のCMのように、重圧をはねのけて何とかいい結果を出してほしいと思います。
頑張れ「稲葉侍ジャパン」

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/09/11(月) 19:00:30|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア