FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

久しぶりの歴史人

ときどき興味のある号だけ購入しているKKベストセラーズ様の雑誌「歴史人」ですが、久しぶりに気になる特集だったので購入しちゃいました。

1200963274.jpg
こちらが表紙。
今号の特集は「日清戦争の真実」だそうです。

日清戦争は1894年に始まりましたので今年で開戦から120年なんですとか。
その意味でも特集と言うことになったのでしょうけど、そこから10年ごとに日本がかかわった戦争が起こっているので今年は日露戦争からも110年ですし、第一次大戦からも100年ということになりますね。

とはいえ、日露戦争につきましては近年もNHKで「坂の上の雲」が放送されるなどがあったおかげで書籍などもそこそこあるわけですが、日清戦争のほうはあんまり見かけないと言うか、私も手元にそう資料本があるわけではなく今回日清戦争の特集と言うことだったので手に入れてみた次第。

中身はこれから読むのですが、そこそこは充実しているようですね。
明治以後の近代日本の初めての大きな対外戦争である日清戦争。
いろいろと知らないことも多いと思いますので、読むのが楽しみですねぇ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/24(金) 21:16:16|
  2. 本&マンガなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年もドラフト

プロ野球は25日から阪神とソフトバンクとの日本シリーズを残すのみとなりましたが、今日は来年から各球団の一員となってくれるであろう選手を指名するドラフト会議の日でした。

注目の済美高校安楽投手は、ヤクルトと楽天が一位指名、早稲田大学の有原投手はDeNA、広島、日本ハム、阪神が一位指名し、くじ引きとなりました。
その結果、安楽投手は楽天が指名権を獲得。
そして有原投手は日本ハムが指名権を獲得でした。

有原投手は大学ナンバーワンという声もある高い評価の即戦力投手であり、日本ハムとしては指名権獲得は大いに喜ばしいところです。
来季一軍のマウンドで姿を見られるとうれしいですね。

阪神は有原投手をはずしたあと、亜細亜大学の山崎投手を指名しましたがこれまたDeNAと競合しくじをはずす始末。
和田監督は藤浪投手で運を使い果たしてしまったんでしょうかね。
最終的には新日鉄住金鹿島の横山投手を指名しました。
横山投手は社会人ですがまだ20歳と若く、社会人投手としてはかなり評価が高い部類だったようですので、はずれ一位とはいえ結構いい投手を指名できたのかもしれません。

最終的には日本ハムは9名を指名しました。
横浜高校の浅間選手や高濱選手、九州国際大学付属の清水捕手など高卒選手が7人もおり、まさに指名して育てるをモットーとする日本ハムらしいドラフトではないでしょうか。
この中から3年後どれだけの選手が育ってくれるか見ものです。

対照的に阪神は5名で指名終了。
しかもそのうち高卒は近江高校の植田選手ぐらいで、あとは大卒と社会人の即戦力です。
育てると言う意味ではやや物足りませんが、これもチーム編成の意識の違いと言うところでしょうか。

今年もドラフトが終了しました。
しかし、指名された選手たちはここからが勝負です。
プロで活躍すれば下位指名だったことなど全く関係なくなります。
多くの選手が活躍することを期待します。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/23(木) 20:22:49|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

生まれて初めて食べました

昨日、ファンの方から「変ったものを送りましたー」と言われまして、何が送られたのだろうと思っておりましたところ、来ましたよー。
なんとびっくり。
立派な立派な「ウチワエビ」をたくさん送っていただきましたー。

お恥ずかしながら、ウチワエビなんて食材は食したことがありません。
生まれて初めての食材です。

幸い調理法は添付のパンフレットに書いてありましたが、やはり塩茹でがおいしいと言うことで、早速茹でてみることに。

1410221.jpg
鍋いっぱいにぐつぐつと茹でられるウチワエビさん。
中にはまだ生きていたのか、茹ではじめるとぴくぴくと動いたものすら。

1410222.jpg
茹で上がったウチワエビさん。
こうなるとなんとなく哀れな感じも。

1410223.jpg
殻から身を剥いて食べました。
イセエビに勝るとも言われる味わいとのことですが、本当に美味しかったです。

北海道ではまずめったに手に入ることのないウチワエビ。
50年生きてきて初めて食べました。
とても美味しくいただきましたです。
送ってくださいましたファンの方にこの場を借りて心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/22(水) 21:17:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

546号

しばらくクライマックスシリーズの話ばかりで紹介が遅れてましたが、今月のタミヤニュースです。

tamiyanews546.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦中のドイツ空軍メッサーシュミット戦闘機にかかれた戦闘航空団のマーキングだそう。

「博物館をたずねて」はラトビア軍事博物館。
バルト海沿岸のいわゆるバルト三国の一つラトビアは、日本ではほとんど知名度のない遠い国ですが、私のようなウォーゲーマーに取りましては「独ソ戦」の舞台となった地域の一つとして気になるところ。
博物館としても大きいものではないそうですが、なぜか日章旗が展示品にあるらしい。
これはソ連邦だった時代にソ連兵として徴集されたラトビア人が樺太での対日戦に駆り出されたときに手に入れたものなんだとか。
バルト海沿岸地方から樺太とはこれまた遠いですねぇ。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」はTL37型砲牽引車/AS37型トラック/S37型装甲車
これらは基本となったのがTL37型砲牽引車で、装輪型の砲牽引車として結構優秀だったためにその車台を利用してトラックや装甲車へと発展したものだそう。
大直径のタイヤを装備した砲牽引型は、国は違えどあの英軍のクォード・ガントラクターに通じるものがありますね。

巻中の情景写真は、あの映画「地獄の黙示録」でも活躍した米軍の河川哨戒艇PBRが主役という一風変った物でした。
しかも水上スキーを楽しんでいる米兵を引っ張っているという楽しげなもの。
当時の米軍でもやっていそうな光景ですよね。

写真記事では「陸上自衛隊総合火力演習」の記事も。
新型の10式や一世代前の90式が火を吹く光景はなかなかのもの。

今月も面白い誌面でした。
次号はいよいよ今年の最終号。
また来年の年間購読をお願いしなくては。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/21(火) 20:52:04|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

来シーズンへのスタート

プロ野球クライマックスシリーズファイナルステージ第6戦が先ほど終了いたしました。

結論から言いますと、日本ハムは1-4で敗れ、日本シリーズ出場権を獲得することはできませんでした。
福岡ソフトバンクホークスさんおめでとうございます。

今日は終始ソフトバンクの流れでした。
先発は日本ハムが上沢投手、ソフトバンクが大隣投手。
先手を取ったのはソフトバンク。
四回に内川選手、吉村選手のタイムリーで2点を取ると、五回には細川選手がソロホームランで3点目。

その後は日本ハムもどうにか無失点を続けますが、打線がつながらず得点を奪えません。
チャンスもことごとくつぶれ、0行進。

八回には李選手にタイムリーを打たれ、とどめとも言うべき4点目を取られて万事休す。
九回に1点を返しなおもツーアウト1、2塁としましたが、最後のバッター中島選手が昨日のようには行かずにショートゴロでゲームセット。
日本ハムの今シーズンがここで終わりました。

いやぁ、残念でした。
ほんの少しだけ阪神対日本ハムの日本シリーズと言う夢を見させてもらったのですが、実現することはかないませんでした。
もっとも、リーグ優勝していない両チームですから、この場にいられただけでもすごいことなんですけどね。

ソフトバンクホークスおめでとうございます。
日本シリーズでは阪神ファンとして試合を楽しませていただこうと思います。
よろしくお願いいたします。

日本ハムは明日から来シーズンがスタートです。
来シーズンはリーグ優勝でクライマックスシリーズにでられるようがんばってほしいと思います。
私も全力で応援いたしますー。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/20(月) 21:49:29|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日で終わりと覚悟しましたが・・・

プロ野球クライマックスシリーズファイナルステージも今日が第5戦。
昨日の負けでソフトバンクに王手をかけられてしまい、今日は勝つしかありません。
引き分けでも敗退になってしまうのです。

この背水の陣に日本ハムは大谷投手が先発。
一方のソフトバンクはスタンリッジ投手でした。

大谷投手は一昨日は野手として試合に出ており、その意味では中一日での登板。
やはりその影響が出たのか二回にソフトバンク打線につかまります。
タイムリーツーベースやタイムリーヒットなどで一挙に4点を奪われ、非常に厳しい展開となってしまいました。

対するソフトバンク先発のスタンリッジ投手は安定したピッチングで六回まで日本ハム打線を封じ込めてしまいます。
正直この時点で今日でステージ敗退だなぁと覚悟いたしました。

が・・・
勝負はまさに下駄を履くまでわからないものですねぇ。

七回、ソフトバンク秋山監督は万全を期してスタンリッジ投手から森投手へと交代。
この交代が日本ハムには吉と出ました。
簡単にツーアウトは取られたものの、近藤選手がヒットで一塁にでると、ここで栗山監督は代打に稲葉選手を起用。
稲葉選手は起用に応えてここで見事なヒットを打つと、日本ハム打線が活気付きました。
続く大野捕手がタイムリーツーベースで2点を返すと、西川選手が起死回生の同点ホームランをスタンドに・・・

しかし、このホームランはビデオ判定で取り消され、タイムリースリーベースとの判定。
結局この回は同点までは行きませんでしたが、4-3と1点差にまで詰め寄ります。

そして八回、シリーズ絶好調ともいえる中田選手が今度は文句なしのホームランをスタンドに放り込んでついに同点。
この間、大谷投手が二回以降立ち直ってソフトバンクに追加点を許さなかったことも大きいことでした。

試合は同点のまま延長戦に。
日本ハムは引き分けでは敗退となるため、なんとしても勝つ必要があります。
チャンスは十一回に訪れました。

四球とヒットでワンアウト満塁の好機を作ると、西川選手は三振に倒れたものの、中島選手が2点タイムリーを放ってついに逆転に成功です。
そして裏のソフトバンクの攻撃を増井投手が抑えて日本ハムが勝利。
勝負は最終第六戦にまでもつれ込むことになりました。

いやぁ、途中までは今日で終わりという雰囲気がぷんぷんしていたんですけどねぇ。
大谷投手が三回から立ち直って追加点を与えなかったのが本当に大きかったですね。

明日は上沢投手と大隣投手だそう。
泣いても笑っても明日で決着が着きます。
最後に笑うのはどっちになるのか。
本当にここまで今年のシーズンが続くとは思いませんでした。
明日も勝とう日本ハム。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/19(日) 21:19:14|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四連勝で日本シリーズに挑戦ですー!

今日はプロ野球クライマックスシリーズファイナルステージ第四戦でした。

デーゲームでは日本ハムがソフトバンクに2-5で負けてしまい、これでソフトバンクに王手をかけられてしまいました。
昨日まで爆発していた打線も今日は一転、ほとんど打てずに2点どまり。
二回の満塁のチャンスが同点どまりだったのが痛かったですね。

日本ハムはこれで後がなくなりました。
明日勝って何とか五分に持ち込みたいところです。
明日の試合が楽しみです。

そして・・・
巨人対阪神は・・・
阪神タイガースが四連勝で日本シリーズ進出決定です! おめでとうございますー!!

今日は巨人先発が小山投手、阪神が能見投手でした。
阪神は初回、ランナーを二人置いてマートン選手が鮮やかにスリーラン。
続く福留選手もソロホームランと、一挙4点を先制します。

二回には西岡選手がツーランで追加点。
その後巨人が亀井選手のソロホームランなどで2点を返しますが、七回に満塁からゴメス選手のタイムリーで2点を追加。
8-2と点差を広げました。

そして九回には六連投となる呉投手がマウンドへ。
さすがに連投の疲れからか、二者連続のソロホームランを浴びてしまいますが、それでも点差は4点。
最後は村田選手をセカンドフライに打ちとってゲームセット。
阪神が四連勝で巨人を下しました。

いやぁ、まさか四連勝で勝ち上がるとは思いもしませんでした。
二連勝の時には、次で負けてずるずる行くんだろうなぁとか思っていただけに、信じられない気持ちです。
これで九年ぶりの日本シリーズですか。
優勝していない日本シリーズですので、日本一とは言いづらい気もしますが、出るからには勝ってほしいものですね。

あらためまして、おめでとうございます阪神タイガース!

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/18(土) 22:06:56|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

三連勝で王手とな!

プロ野球クライマックスシリーズファイナルステージも今日が三戦目です。

阪神はメッセンジャー投手、巨人は杉内投手が先発でした。
先手を取りましたのは巨人。
一回の裏に阿部選手がタイムリーを打ってまず1点。
さらに三回には亀井選手がソロホームランを放って2点目、今日は巨人に負けるかもと思わせられる展開でした。

しかし、クライマックスシリーズに入ってから阪神は粘りがあります。
六回、杉内投手を捕らえゴメス選手、代打の福留選手がそれぞれタイムリーを打って同点に追いつきます。
さらに七回には山口投手からゴメス選手が2点タイムリーを放ってついに逆転。
4-2と逆にリードを奪いました。

メッセンジャー投手は5回で降りましたが、そのあとは高宮投手、安藤投手、松田投手と引き継ぎ、8回途中から呉投手がマウンドへ。
呉投手は今日も巨人打線を封じてそのまま阪神が勝ちました。

これで阪神は三連勝で日本シリーズに王手です。
流れを一度手渡すと、巨人の恐ろしさがありますので、このまま明日も勝って四連勝と行きたいところですね。

一方パ・リーグはソフトバンクが攝津投手、日ハムが吉川投手が先発でした。
吉川投手は今年あんまりいいところがなかったような気がしておりましたので、今日はちょっと厳しいかなと思っていたのですが、日本ハム打線が初回から爆発します。

このシリーズここまで打撃不振だった陽選手がまずソロホームランで先制し、さらにランナー二人が出て小谷野選手がスリーランと初回に4点を奪います。
さらに二回には陽選手が二打席連続のスリーランで7-1とリードを広げて摂津投手をノックアウト。

その後もタイムリーなどで得点を重ね、止めとばかりに中田選手がファイナルステージ三試合連続(ファーストステージから四試合連続)のホームランとなるスリーランを放り込み、12点の大量得点をでソフトバンクを突き放しました。

結局大量点がものを言い、12-4で昨日に続き連勝です。
これで日本ハムも2勝2敗の五分に持ち込むことができました。

明日は第四戦。
明日も両チームともがんばれー!

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/17(金) 22:26:28|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

両チームともに勝ったー\(^o^)/

プロ野球クライマックスシリーズファイナルステージ第二戦、今日も昨日と同じく巨人阪神、ソフトバンク日ハム戦です。

阪神は岩田投手、巨人は澤村投手の投げあいで始まりましたセ・リーグ。
今日も先手を取ったのは阪神でした。
三回、上本選手のタイムリーと鳥谷選手のタイムリーで2点を先制します。

五回には上本選手への頭部死球で巨人の澤村投手が危険球退場に。
久保投手が急遽マウンドに上がりますが、鳥谷選手、マートン選手ともにタイムリーを放ってさらに3点を追加します。
これで5-0。

七回に巨人井端選手がツーランホームランで2点を返しますが、その後が続きません。
八回を福原投手、高宮投手で抑えると、九回は呉投手がヒットは打たれましたが後続をぴしゃりと抑えて締めくくり、5-2で阪神が勝ちました。

阪神はこれで連勝。
巨人にアドバンテージがありますが、2勝1敗とリードを奪いました。
このまま突っ走ってほしいものですね。

一方のパ・リーグは、今日も先手を取ったのはソフトバンクでした。
初回内川選手がソロホームランを打って1点を先制。
しかし、その後は両チームともに0が続きます。

試合が動いたのは六回でした。
日本ハムはヒットと四球などで二死23塁のチャンスに陽選手が打席に。
CSでは当たっていない陽選手はこの打席でもショートゴロで万事休すでしたが、ここでソフトバンクショートの今宮選手が一塁に悪送球。
これで二者が帰って2点が入り逆転。
さらに四番中田選手が二試合連続(ファーストステージからですと三試合連続)となるツーランホームランでさらに2点を追加します。

日本ハムは八回にも中田選手のタイムリーで1点を加えて5-1とし、中継ぎ抑えがしっかりと締めてそのまま逃げ切ってファイナルステージ初勝利です。
こちらはこれで1勝2敗となり、まだまだ厳しいことには違いないですが、少し望みが出てきました。

セ・パ両リーグの応援しているチームがこうしてクライマックスシリーズのファイナルステージでそろって勝利と言うのは初めての経験かもしれません。
なんともいえないいい気分ですねぇ。

試合は明日も続きます。
明日もがんばれタイガース&ファイターズ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/16(木) 21:54:10|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まずは五分に持ち込んだ

プロ野球クライマックスシリーズは今日からファイナルステージが始まりました。
阪神は東京ドームで巨人と、日本ハムは福岡ドームでソフトバンクと対戦です。

阪神は藤浪投手が先発し、巨人は内海投手が先発でしたが、一回の表早々に阪神が先制点。
鳥谷選手のタイムリーに続いてゴメス選手がツーランホームランをレフトスタンドに放り込みます。
これで3点を先制した阪神は、藤浪投手がじょじょに調子を上げていき巨人打線を六回まで封じます。

三回にはゴメス選手のタイムリーで4-0と差を広げた阪神でしたが、七回に藤浪投手が阿部選手にホームランを打たれて1点を失い、なおもノーアウト満塁の大ピンチ。
解説者も私も藤浪投手交代だろうと思いましたが、和田監督は藤浪投手を続投させます。
巨人は代打セペダ選手が一塁線に打ちましたがこれがファーストゴロでダブルプレーとなり、次打者井端選手も討ち取ってこの回を切り抜けます。

八回には福原投手がランナーを許したものの、高宮投手が阿部選手を三振にとって切り抜け、九回は呉投手がしっかり抑えて阪神が勝利。
アドバンテージの一勝がある巨人とこれで一勝一敗の五分に持ち込むことができました。

いやぁ、久しぶりにテレビの地上波で巨人-阪神戦を見ましたが、やっぱり勝ち試合はいいですねぇ。
藤浪投手も七回のピンチをよく切り抜けてくれました。
あと3つ勝たなくてはなりませんけど、このまま突っ走ってほしいですね。

一方の日本ハムは、先発の浦野投手が1失点で九回まで持ちこたえ、中田選手のホームランなどで2-1とリードしていたんですが、最後九回の裏に2点を奪われてサヨナラ負け。
阪神とともに一勝をあげてソフトバンクと五分に持ち込むというわけには行きませんでした。
うーん・・・残念。
浦野投手を引っ張りすぎたような気がします。
明日はがんばれ日本ハム。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2014/10/15(水) 21:42:55|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Ball Clock [gray]

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

WEB拍手

WEB拍手付けてみました。 コメント代わりによければ押してくださいませ。 皆様のお声はすごく嬉しいんですよ。 ちょっとしたお遊びも付いてます。

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア