FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

すごく久しぶりに「独ソ電撃戦」

ほぼA1サイズのマップが載る大きなテーブルを購入しましたので、使い心地を試すためにもA1サイズマップを使用するウォーゲームをソロプレイしてみようということで、ずいぶんと久しぶりになりますが、コマンドマガジン付録版のエポック「独ソ電撃戦」をソロプレイしてみることに。

command57.jpg
エポックの「独ソ電撃戦」はバルバロッサ作戦開始直後の独軍のミンスク方面の突破を描いたゲームで、初心者向けとして簡単なルールで手軽にプレイが行えるゲームです。
残念ながら私は当時作戦級ゲームにはあんまり気持ちが向かず、エポック版は購入しなかったので、このコマンドマガジン付録版はありがたい存在です。
いや、ほんと、年取るとこういう簡単なゲームは楽でいいのよ。(笑)
(そんなこと言って、あとでルールを間違えていたことが発覚 (^_^;))

17082201.jpg
初期配置したところ。
ビニールシートを敷いているので光が反射して見づらくなっているのはご容赦を。

17082202.jpg
開始早々独軍は前線のソ連軍を飲み込むようにして次々と除去。
早くも独軍の前面は無人の野が開けてしまいます。

17082203.jpg
3ターン目にブレストリトフスクも占領。
ここは防御側の戦力が3倍にもなるので、これだけ集めても2:1がせいぜい。
ここでEX(相互損害)とかが出ると、独軍は相当に厳しくなってしまうのですが、幸い今回はソ連軍の後退=包囲で後退路がなく除去となり、ほっと一安心。

17082204.jpg
3ターン目までに失われたソ連軍師団の山。
正直ソロプレイとはいえ、これは失いすぎで、ソ連軍の防備はすでに破綻しました。
ただ、コマンドマガジンによるルールの明確化で戦闘比率が6:1以上となった場合はすべて「DE」とされているので、ソ連軍は結構師団は消えますね。

17082205.jpg
ソ連軍は何とか戦線を構築したいのですが、移動力も師団も足りなくてどうにもなりません。

17082206.jpg
ビヤリストクは歩兵師団で包囲し、スルーツクへの道もほぼ開きます。

17082207.jpg 17082208.jpg
ビヤリストク、バラノウィチを相次いで占領。
独軍は着々と点数を稼ぎます。
このゲームは終了時の得点の多い方が勝ちとなります。
独軍は都市占領や盤外への突破が、ソ連軍は独軍師団の除去が点数となります。

17082209.jpg
終盤にはヴィルナも占領。

17082210.jpg
独軍がミンスクにたどり着いたところでゲーム終了。
ミンスクを落とすことはできませんでしたが、独軍は都市占領と盤外への二個自動車化師団の突破で19点。
ソ連軍は独軍の師団の除去で9点となり、差し引き独軍が10点多く、独軍の勝利となりました。

点数的には独軍圧勝でしたが、途中ソ連軍による独軍装甲師団への包囲攻撃が二回あり、いずれもダイスの目が悪くて失敗に終わったものの、成功していればソ連軍は逆転していた可能性があります。
実際ゲーム的には独軍やや不利ともいわれてます。

セットアップから終了まで二時間ほどで楽しめました。
双方移動戦闘しかなく、ソ連軍は戦闘になるまで戦力がわからないシステムなので、毎回ソ連軍の戦力をワクワクしながらめくるのが楽しいです。
肝心な場所で1戦力とか0戦力(そういう師団もある:独軍に接触したとたんに兵士がみんな逃げ散っちゃったんでしょうね)とか出たり、歩兵師団だからとうかつに攻撃して意外と強力だったり面白いです。
今回終了後にルールを見返して、後退が1ヘクスじゃなく2ヘクスだったことに気が付きましたが、まあ、良しということで。(笑)
テーブルの使い心地も悪くなく、まあまあというところでした。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/22(火) 20:28:01|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

嫌われ政次の一生

毎週日曜日はNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の日。
昨日はついに高橋一生君演じる小野但馬守政次が磔にされた話でした。

史実ではお家を乗っ取った悪家老小野但馬ということになっておりましたが、それをここまで見事に実はそれは今川をたばかるためのお芝居だったんだよとして描き切りましたね。
その上で、打ってきた様々な手が、実は周辺の国衆、特に近藤氏に鬱屈したものを与えてしまい・・・
それが跳ね返ってきてしまったという形に。

史実での見え方の裏を行くやり方で本当にすごい脚本だったと思います。
最後は政次を自らの手で突く直虎。
まさに自分の手を血で汚し、大事な人を失うことで家を守らねばならないという戦国の世のつらさを自覚させられたシーンだったのではないでしょうか。

昨年の「真田丸」で「向こうにもここに至るまでの物語があるのだろうな」というセリフがありましたが、本当に大小さまざまな物語が展開されて面白いです。
視聴率が上がらないのが謎なくらいなんですが、やはりこれは「ツイッター」でいろいろな方の様々な解釈を同時に見ながら視聴しているというのが大きいんでしょうねぇ。
ドラマ単体で見ているとストーリーがわかりづらいのかもしれません。
惜しいなぁ。

小野政次を失ってしまった直虎。
次週以降どうなっていくのか、また続きが楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/21(月) 19:09:14|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちゃんと計測してから買おうね

うちの洗濯機で使っているホースが古くなってきたので、そろそろ買い換えないとなーって思っていたのですが、ちゃんと長さや太さを測ろう測ろうと思っていながらもそのままにしてきてしまいました。

先日、たまたま買い物に出かけた先でゴムホースを見つけ、太さもよさそうだし、長さも2メートルあるからこれでいいかぁと思って購入してきまして、いざ使おうとしましたところ、なんと長さが足りなかった。(^_^;)ヤッチマッター

太さは問題なく、プラスチック部品にはめることができるのですが、長さがちょっとばかり足りなくて、3メートル欲しかったという。
長ければ切って使うこともできますけど、足りないと足すわけにいかないんだよなぁ、ホースって。(>_<)

仕方ないので今度また3メートルの探して買って来なくては。
やれやれですー。
皆さまはこんなことないようにしてくださいねー。(*´ω`)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/20(日) 18:01:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あしーもとにーからみーつくー♪

あるきっかけから、急にアニメの「ルパン三世」しかも初代のを見たくなり、録画したものを探し出して見始めてしまいました。

まあ、そのあるきっかけってのが、ソーシャルゲーム「Fate/Grand Order」のイベントらしいんですけど、バイク(?)で走っていく画がファーストルパンのエンディングを思い出させたからなんですけどね。(笑)

とりあえず4話まで見ましたけど、やっぱりファーストルパンいいですねぇ。
人気が高まったのはセカンドルパンでしたけど、個人的にはファーストのほうが好みなんですよね。
しかし、あんまり絵の古さを感じさせない気がしますね。
見ていてうわぁって感じがしないです。

ファーストルパンには好きな話である「七番目の橋が落ちるとき」がありますので、まずはそこまでは見ようかなと。
まあ、たぶん全部見ちゃうんでしょうけど。(笑)

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/19(土) 19:00:29|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

580号

タミヤニュースの580号が到着しました。

news580.jpg
こちらが表紙。
今号は第二次大戦中の米海兵隊の飛行隊のマークだそうで、上が第351戦闘飛行隊、下が第223戦闘飛行隊のマークだそうです。
両方ともアニメ「トムとジェリー」に登場するブルおじさんみたいな感じですね。

早いものでタミヤニュースももう580号ですよ。
ついこの間500号の節目を迎えたという気がしたんですけどねぇ。
あと20冊で600号ですねぇ。

今号の「博物館をたずねて」はアメリカプレーンズ・オブ・フェイム航空博物館の軍用車。
航空博物館ですけど、軍用車両にも手を伸ばしているようで、米軍のM4中戦車をはじめM3/M5軽戦車、M113装甲兵員輸送車をはじめとしたAFVに加え、重トラックなどのソフトスキンも収集しているようです。

「第二次大戦イタリア軍装備解説」はちょうど80回目。
今回は改造装甲車ということで、トラックや乗用車に鉄板を張り付けただけのような装甲車が紹介されてます。
こういう車輛は現地製作で数も少数しか作られなかったりするので、こういう資料は結構貴重です。
こんな装甲車でも、生身の兵には脅威だったりするんですよね。

巻中の情景写真は米軍M24戦車を中心とした情景。
廃墟となったレンガ壁の前に白い冬季塗装のM24と戦車兵たちというもので、休息がてら足回りのチェックといったところでしょうか。
HPではカラーで見られますので、ご覧になられてもよろしいかも。

ほかにもいろいろな記事が載ってまして、楽しめました。
来月号も楽しみです。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/18(金) 20:13:58|
  2. タミヤニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤浪君はどうしたらいいものか

セ・リーグはトップ広島が独走状態で、二位阪神というのもおこがましいほどのゲーム差がついてしまっているわけですが、それでも差を1ゲームなりとも縮めようと望んだ直接対決だった・・・はずなのですが、いかんせん投手の力の差が出てしまったのか連敗です。
昨日はメッセンジャー投手、秋山投手の抜けた穴をふさぐため、二軍落ちしていた藤浪投手が久しぶりにマウンドに上がったのですが・・・

初回はそれでもなんとか抑えたんですけど、広島の大瀬良投手にぶつけてしまったときに、あ、今日はこれで終わったなと思ってしまいました。
案の定というか、先取点をとられ、追加点を取られて5回持たずにノックアウト。
3失点とは言うものの、滅多打ちに遭ったのと同じような感じでしょう。
藤浪投手は今日再び二軍落ちとなりました。

うーん・・・
もはやフォームがどうのという話ではなさそうですねぇ。
無意識下のものか意識にあるのかどうかはわかりませんが、精神的なものではないかという声もありますね。
そこらへんはたぶん私なんかよりも阪神のコーチのほうがわかっているのではないかと思いますけども。

このままでは今季はおろか来季もめどが立たないという事態になりかねません。
藤浪君には期待しているので、何とか克服してほしいのですが・・・
三年目までは順調に力を伸ばして来ていただけに、このままで終わってしまうのはなんとしても残念ですから。
復活を期待したいと思います。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/17(木) 18:36:06|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「風雲児たち」がドラマ化ですと?

かつてコミックトム誌で連載されておりましたみなもと太郎先生の歴史漫画「風雲児たち」
現在は掲載誌を移動していまだに続いているとの話ですが、コアなファンを持つあの漫画が、来年NHKでドラマ放映されるというじゃありませんか。

さすがに長期にわたるマンガすべてをドラマ化するわけにはいかないようで、杉田玄白と前野良沢が翻訳した「解体新書」にまつわるストーリーのドラマ化らしいです。
脚本は三谷幸喜氏だそうで、片岡愛之助、新納慎也、山本耕史、草刈正雄らが出演するとのこと。
メンバー的にあの「真田丸」の再来とも。

単発ドラマみたいですけど、あのみなもと太郎先生の漫画をどうドラマ化するのか気になりますねぇ。
これは見なくてはー。
放送は来年一月だそうで、正月時代劇という形になるそう。
楽しみですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/16(水) 18:51:53|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何年振りかのウク44

昨日からy.nakano様とVASSALでコマンドマガジン70号付録の「ウクライナ44」の対戦をはじめました。



本当はセンパー様が「ブタペスト45」をソロプレイしているというのをツイッターで拝見し、やりたいなぁという話をしていたのですが、残念ながら「ブタペスト45」はVASSALモジュールがなく、通信対戦ができないんですよねー。
で、この「ウクライナ44」は、デザイナーの中黒様が「ブタペスト45」のシステムを使ってデザインしたもので、こちらも結構面白いですよという話をしていたところ、y.nakano様がプレイしましょうと名乗りを上げてくださりましたので、今回対戦することに。

いやぁ、何年ぶりでしょうか。
ホントに久しぶりの「ウクライナ44」対戦です。
ルール的にはそんなに難しくはないので、力量差が出てしまいそうで怖いです。
陣営はy.nakano様が攻撃側のソ連軍、私が防御及び突破側の独軍です。
うまくソ連軍の包囲網を突破できればいいのですが・・・

とりあえずは今晩二ターン目を対戦する予定。
y.nakano様、よろしくお願いいたします。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/15(火) 18:52:56|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついにけもフレが!

以前からツイッター等では話題になっていたアニメ「けものフレンズ」が、再放送の関係で北海道でも今日から放送されました。
しっかり録画態勢を整えてばっちり視聴です。(笑)

なるほど、これが噂のけもフレですかーという感じで視聴させていただきました。
すでに話題になっていたから楽しみに拝見しましたけど、何の前情報もなしでこの第一話を見たらどうだったのか?
確かになんじゃこりゃと二話目以降は見なかった人がいたというのもわかるかもしれませんねぇ。

でもでも、面白かったですね。
今後サーバルちゃんとかばんちゃんがどうなるのか。
ある程度の情報は入ってますけど、見るのが楽しみです。
しばらくは平日朝の楽しみができました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/14(月) 19:31:20|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

死亡フラグビシバシ

今日は日曜なのでNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の日。
サブタイトルは「復活の火」
もちろんあの「復活の日」のもじりですね。

いよいよ武田信玄が軍勢を率いて今川領に侵攻を開始し、それに呼応するように徳川も遠州に兵を進めます。
ここで直虎の手紙が家康のもとに届き、小野と計って徳川に従うから家臣としてほしいという話が通るわけですが、先に家康に調略されていた井伊谷三人衆の一人近藤が、小野の計略ではないかと家康に進言。
軍勢を先導してきて小野の城に攻撃を仕掛けてしまいました。

いやぁ、近藤さんはこれまでいろいろと煮え湯を飲まされてしまっておりましたからねぇ。
ここで一気に積年の恨みを晴らそうというのもわかるかなと。
それにしても容赦のない脚本ですねぇ。

また、松平さんの武田信玄はむちゃくちゃお似合いですね。
今川家も家臣が二十一名も一気に離反してしまうとは・・・
勢いを失った家というのはもろいものなんですねぇ。

次回は小野政次の最後となるのでしょうか?
見ずにはいられませんね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2017/08/13(日) 21:04:35|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア